【頭に良い?】高カカオチョコレートはアンチエイジング効果もあった

スポンサーリンク
勉強の質を高める

★★★★★★★★★★★★★

10/27(日)まで

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法『10/27まで』

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

高カカオチョコレートとチョコレートは違う!

結論から言います。
高カカオチョコレートは、記憶や学習などの認知機能を高める効果があるほか、健康長寿にも寄与するアンチエイジング食でもある、まさにスーパーフードと呼べる食べ物です!

私は、家の冷蔵庫に高カカオチョコレートを常備して、毎日口にするほど高カカオチョコレートが大好きです。
本記事では、高カカオチョコレートの効果の検証結果(エビデンス)と、おすすめの高カカオチョコレートを紹介します。

まずはじめに、注意していただきたいことがあります。

それは、【高カカオチョコレートとチョコレートは全くの別物】ということです。

「チョコレートってカラダに良いんだあ!」

とチョコレートをバクバク食べていると、糖質のとりすぎでどんどん太っていってしまいます。

昔からお菓子売り場で売られている『チョコレート』は、カカオの割合が少なく、ほとんどが糖質と脂質でできているため、肥満の原因になります。

いまは、「カカオ○%」とカカオ含有率を明記した商品が増えているので、『カカオ70%』以上のものを選ぶようにしましょう。

本記事では、高カカオチョコレートを、カカオ含有率70%以上のチョコレートと定義して紹介していきます。

それでは、高カカオチョコレートの効果を徹底的に解剖していきましょう

高カカオチョコレート以外の頭に良い食べ物については、こちらに記載していますので、チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

高カカオチョコレートは頭に良い!

「高カカオチョコレートって本当に頭に良いの?」

私はすぐになんでも疑問に思ってしまうタイプなので、本当に高カカオチョコレートが頭に良いのかを徹底的に調査してみました。
その調査結果を、エビデンスとともにご紹介していきます!

甘いものを食べると脳が活性化する

学ぶ, 数学, 子, 女の子, 数式, 物理学, 学校, 数学的です, 計算, ルート, 算術演算

アメリカのバージニア大学のポール・ゴールド教授の研究を2つご紹介します。

1つ目は、ネズミをつかった実験で、副腎を摘出して記憶力を失わせたネズミに、ブドウ糖を注射すると、記憶力が回復したそうです。

2つ目は、60歳以上の老人を対象にした実験で、ブドウ糖を投与して学習記憶を調べる知能テストを4種類行ったのですが、ブドウ糖を投与しない場合よりも、4つのすべてのテストで成績が良くなったという報告があります

血中にブドウ糖が増えることで、頭の中ではFGF(繊維芽細胞増殖因子)という物質が急増し、このFGFが脳を活性化させ、記憶力を高めると考えられています。

ちなみに、甘いものをとってすぐではなく、1時間後くらいに脳がもっとも活性化するようなので、勉強を始める1時間ほどまえに、チョコレートを1つつまむのが良いと思います

【高カカオチョコレートは糖分控えだけど・・・】
高カカオチョコレートは、普通のチョコレートよりも糖分が控えめです
しかし、高カカオチョコレートには糖質以外にも記憶や学習機能を高める物質が含まれていることと(次に記載)、過度な糖質のとりすぎは体調不良の原因になってしまうことから、糖質控えめな高カカオチョコレートを最もおすすめしています。

カカオポリフェノールは記憶や学習などの認知機能を高める

カカオ豆, ブラック, ブラウン, 食品, 健康, 木材, 食べる, レストラン, 自然, コーヒー, 砂糖

チョコレートの主原料であるカカオに含まれている、高カカオポリフェノールは、脳の血流量を増やし、脳由来神経栄養因子(BDNF)を含む血流の増加によって、記憶や学習などの認知機能を高める可能性が、研究結果によって示されています。

『一流の頭脳』(サンマーク出版)の著書である、アンダース・ハンセン氏は、この脳由来神経栄養因子(BDNF)のことを、【最強の脳物質】と呼び、次のように述べています。

医学の研究者たるもの、奇跡の物質なる言葉をむやみに使うことは慎むべきだが、このBDNFはその言葉に十分に値するほど、脳に計り知れないほどのすばらしい恩恵を与えてくれる物質である。

ここでBDNFについて詳しく解説してしまうと、話が大きくずれてしまうのでざっくりと説明することにしますが、BDNFとは、主に大脳皮質や海馬で合成されるタンパク質のことです。

様々な場面で脳細胞を守るだけでなく、新たに生まれた細胞を助け、初期段階にある細胞の生存や成長を促すといった働きもしています
さらに、脳の細胞感のつながりを強化し、学習や記憶の力を高めています

やはり普通のチョコレートではなく、カカオポリフェノールが多く含まれている高カカオチョコレートのほうがこの効果を強く発揮します。

スポンサーリンク

高カカオチョコレートにはアンチエイジング効果もある

「高カカオチョコレートは頭に良い」ということはわかりましたね。

次は、高カカオチョコレートのアンチエイジング効果についてみていきます。

世界1,2の方はチョコレートが大好物だった?!

老齢, 年金受給者, 長老, ライフスタイル, ただし、, 信頼, カップル, 凝集, 古い, 幸せな, 幸福

122歳まで生きた、フランスのジャンヌ・カルマンという女性がいます。
実は、このカルマンさんの大好物が赤ワインとチョコレートでした。

特に、チョコレートは1週間で1キロも食べたという報告があります。

また、もう少しで120歳というところまで生きた、アメリカ人の、サラ・ナウスさんも大のチョコレート好きだったそうです。

チョコレートの原料であるカカオは、赤ワインの10倍のポリフェノールを含んでいる

ガラス, ワイン, 点滴, 赤ワイン, ドリンク, 液体, アルコール, 祝う, お楽しみください

チョコレートの原料であるカカオは、ポリフェノールの塊です。
非常に強い抗酸化作用をもっています

ポリフェノールと言えば、赤ワインにも含まれていることで有名ですよね。
122歳まで生きたジャンヌ・カルマンさんも、赤ワインとチョコレートが大好物でした。

なんとチョコレートには、赤ワインの10倍多いポリフェールを含んでいるそうです。

さらに、日本の研究でも、カカオ成分の多いチョコレートには血圧を下げる効果があることがわかっています。
これは、カカオポリフェノールjが血管の炎症を軽減し、それにより狭くなった血管が広がるため、血圧が下がるのだと思われています。

また、カカオにはカルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄といったミネラルが豊富で、これらの成分も健康長寿に寄与すると考えられています。

世界でもトップの長寿の方が、チョコレートが大好きだったというのは、科学的に根拠を述べられるよりも説得力がありますね。

何度もいいますが、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートなどは別物です。
カカオ含有率70%以上の、高カカオチョコレートを食べるようにしましょう。

そろそろ高カカオチョコレートに興味が湧いてきたと思うので、おすすめの高カカオチョコレートを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの高カカオチョコレートは含有率72%!

チョコレートはカカオ含有率によって味や食感がぜんぜん違う」って知っていましたか?
最近では、カカオ72%、86%、95%などとカカオ含有率がパッケージに記載されているものがたくさんあります

どれだけ頭や健康によくても、おいしくないと食べ続けることは難しいですよね。
ここでは、おすすめの高カカオチョコレートをランキング形式で紹介していきます。

まずは第3位からみていきます。

第3位 『meiji チョコレート効果 CACAO86%』

高カカオチョコレートと言えば、明治のチョコレート効果ですよね。
高カカオチョコレートを食べたことがないという人も、このパッケージを見たことがあるという人は多いのではないでしょうか?

明治のチョコレート効果には、72%、86%、95%の3つがあるのですが、カカオ含有率が増えるに従い、次のような特徴があります。

カカオ含有率が高くなると・・・
・渋い苦味が出る
・パサパサした食感になる
・1枚あたりの値段が高くなる

カカオ含有率95%までいくと、チョコレートではなく、カカオを食べているという感想が出てきます。
また、渋い苦味のある大人の味に近づくので、甘いチョコレートが好きな人にはあまり向いていないと思います。

カカオ含有率86%は、カカオが豊富なのにチョコレートの味も残しつつ、大人の渋みがある味になっているので、「ミルクチョコレートよりもビターチョコレートが好きだった」という人におすすめです。

第2位 『森永製菓 カレ・ド・ショコラ<CACAO70>』

カカオ含有率が70%前後だと、普通のチョコレートよりちょっと苦い程度になります。

頭に良くて、アンチエイジング効果があるにもかかわらず、かなり美味しいと感じるのがカカオ含有率70%前後のチョコレートの特徴です。

また、森永製菓の高カカオチョコレートは、meijiの高カカオチョコレートよりも薄く、パリパリした食感が楽しめます。

森永製菓 カレ・ド・ショコラ<CACAO70>は文句なくNo1の味です。
しかし、明治のチョコレート効果(cacao72%)と比較すると、ほんの少しですが量に対する値段が高いので2位にしました

ということで、第1位は・・・・!!

第1位 『meiji チョコレート効果 CACAO72%』

第1位は、明治のチョコレート効果カカオ72%です。

カカオ成分が72%と多すぎず、普通のチョコレートよりもほんの少し渋めの味が楽しめます。

私は、常に高カカオチョコレートを冷蔵庫に常備していますが、大体7割はこの明治のチョコレート効果カカオ72%を食べています。

作業の前に食べることが多いですが、アンチエイジングにも効果があるので、作業中以外にもときどき口にしています

上述したように、世界で最も長寿の2人がチョコレートを口にしていたのですから、チョコレートが嫌いな方でなければ、日頃から積極的に食べるべき食べ物だと思います。

高カカオチョコレートを始めて食べるという人は、ぜひ色々なカカオ含有率のチョコレートを食べてみてください。

今までのミルクチョコレートやホワイトチョコレートとは、ちょっと違った美味しさが楽しめます!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もう一度冒頭の分を繰り返します。

高カカオチョコレートは、記憶や学習などの認知機能を高める効果があるほか、健康長寿にも寄与するアンチエイジング食でもある、まさにスーパーフードと呼べる食べ物です!

本記事を読んでいただいた方には、この意味がわかっていただけたと思います。

カラダに良くないとわかっていても、少し小腹がすいたら菓子パンやお菓子などを食べてしまいたくなりますよね。

そんなときは、無理して我慢するのではなく、高カカオチョコレートを食べるようにしてみてください

甘くて美味しいものを食べることができる上に、記憶や学習などの認知機能、健康長寿にまで効くまさに最強の食べ物です。

ただし、高カカオチョコレートと、普通のチョコレートは全く別物ですので注意して下さい。

これからは、ぜひ『高カカオチョコレート』を積極的に摂取するよう心掛けていただけると幸いです

【くろまあくと著のおすすめ書籍】

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました