【一生のうち食事は9万回】一流がこだわる食事を紹介!

スポンサーリンク
食事の質を高める

★★★★★★★★★★★★★

10/27(日)まで

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法『10/27まで』

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

★★★★★★★★★★★★★

こんな人にオススメ
  • 食事にこだわりたい
  • 食事で元気になりたい
  • カラダにいい食事をしたい
  • 一流のこだわる食事法を知りたい
スポンサーリンク

「どんな本?」

この本は、エグゼクティブが食事についてどのように考えているかを教えてくれる本です。

著書の千田琢哉さんは、「タブーへの挑戦で次代を創る」をミッションにして執筆活動を行っている作家です
私は千田さんの本を100冊以上持っていますが、「シンプルに物事の本質をつく」という印象の作家です。
かつて、日系損害保険会社、経営コンサルティング会社で勤務しており、延べ3300人ものエグゼクティブと対話を行ってきた経歴を持っています。

それでは早速、「エグゼクティブが実践している食事術」をみていきましょう。

スポンサーリンク

3つの「そうなんだ!」ポイント

「そうなんだ!ポイント」
  1. 食に関する関心の強さ=生命力のバロメーター
  2. 良質な食事より良質な水に気を使う
  3. カラダを絞るには「大盛り」と「おかわり」をやめる

1. 食に関する関心の強さ=生命力のバロメーター

あなたの食事へのこだわりは強いでしょうか?

人は成長期をすぎると、カラダの代謝が悪くなり、必要な摂取カロリーが減っていきます。
代謝が悪くなって必要な摂取カロリーが減っていくと、段々と食事の量から質へと興味がシフトしていくでしょう。

10代、20代の頃は、とにかくお腹いっぱいになればなんでもOKだったのが、30代以降になるとそれなりに味を気にするようになるのはこのことが原因であると本書では述べています。

私は今は、食事の量と質どちらもかなり重要だと思っています。
これから食べられなくなってくると、どんどん質を重要視するようになるのでしょう。

一般的には、朝昼晩の3回食事をとります。
ということは、食事を楽しみにしている人は、1日に3回も気分が高揚する時間があるということになります。

「仕事で失敗して落ち込んでいる」
「友人と喧嘩してイライラしている」
「試験に落ちてショックを受けている」

このように凹むことは、たくさんあったでしょうし、これからもたくさんあるでしょう。

食はあらゆる生命の源
凹んでいるときに、1日3回食事をして気分転換し、エネルギーをチャージできれば、あなたはその壁を乗り越えることができるでしょう。

2. 良質な食事より良質な水に気を使う

食事の大切さを謳っている書籍は多いです。また、食事に気を遣っている人もおおいでしょう。

本書では、食事の前に、水が大切であると述べています。
成人のカラダの60%は水でできていますし、新生児にいたっては70%以上が水でできています。これだけ考えても水がどれだけ人間のカラダにとって重要であるかはわかりますね。

日本の水道水は、塩素消毒をして殺菌をしているため、そのまま飲むことができます。
水道水が飲める国は、世界196ヶ国中15ヶ国。 世界の中でも日本の水は安全性が高いといえるでしょう。

しかし、全くリスクがないのかというと、そういうことではありません。
日本でも、かつては水俣病やイタイイタイ病などの公害が発生しました。水を媒体として、カドミウムや水銀を摂取したことが原因です。

また、いくら飲めるとはいえ、水道水は水道管の経年劣化や、カルキ(塩素)により、人に害を与える可能性は十分にあります

本書では、社会的地位が高く経済力がある人ほど、普段飲んでいる水への関心が強いと述べています。
食事よりも水のほうが口にする回数は多いです。食事に気を遣うのであれば、水にも気を遣わなければ効果は半減してしまいます。

カラダへのリスクを最小限にするためにも、市販のミネラルウォーターや浄水器を通した水を口にするように意識したほうが良いでしょう。

3. カラダを絞るには「大盛り」と「おかわり」をやめる

私はついやってしまうのですが、つい「大盛り」や「おかわり」をしてしまう人は多いのではないでしょうか。

「大盛り無料」 「おかわり自由」 と書かれていると、どうしても大盛りやおかわりをしたくなってしまいますよね。

しかし、「ダイエットをしよう」「カラダを絞ろう」と思ったときに、もっともとっかかりやすいのが「大盛り」や「おかわり」をやめること
いきなり食事を抜くなどの無理な食事制限をしてしまうと、体調不良をまねくばかりか、リバウンドの原因にもなってしまいます。

私は、「大盛り無料」と書いてあると、条件反射的に大盛りにしてしまうのですが、大盛りにしない自由もあると本書で目にし、目からウロコでした。

食べ盛りの男性であれば、この気持は理解していただけるのではないでしょうか。

「同じ値段なら大盛りの方がお得」と思っていたのですが、確かに普通盛りでもきちんと空腹は解消されますし、食べ過ぎによる体調不良の心配もありません。

つい「大盛り」にしてしまう人は、この習慣をやめるだけで摂取カロリーを簡単に抑えることができます

カラダを絞りたい、ダイエットをしたいと思っている方は、まずは「大盛り」や「おかわり」をやめることから始めてみてはいかがでしょうか?

「ポイントおさらい」
  1. 食に関する関心の強さ=生命力のバロメーター
  2. 良質な食事より良質な水に気を使う
  3. 「大盛り」と「おかわり」をやめる
スポンサーリンク

まとめ

本書は、エグゼクティブが実践している食事法と、食への考え方を学ぶことができる一冊です。

本書では、食事に関する40の知識を紹介しています。 全て実践すると言うよりも、自分に合うと思ったものだけを試してみればいいと思います。

実践し合わないと思ったのであれば元に戻せばいいですし、よりエビデンス色の強い食事法の本を読んでみるというのもよいでしょう。

「食事にもう少し気を遣いたい」「もっと楽しく食事をしたい」という方は、ぜひ本書をチェックし、自分に合うと思ったものを実践してみてください

スポンサーリンク

「これは勉強に活かせる!」くろま式『超一流は、なぜ、食事にこだわるのか?』から学ぶ勉強法

最後に、数々の勉強法の本を出版している私が、「読んだ本すべてを勉強に活かす」をテーマに、

「これは勉強に活かせる!」と思った内容をご紹介します。

『超一流は、なぜ、食事にこだわるのか?』から学ぶ勉強法は、以下です。

本書から学ぶオススメ勉強法
  1. 「都度、限界挑戦」勉強法

本書では、食事法に関連し筋トレについても少し述べられている文章があるのですが、そこにはこのように記載されています。

筋トレというのは、「このままの筋量では不足していますよ」と脳に刺激を与えることだ

利き腕の方が筋力が強いのは、利き腕をたくさん使用しているため、脳が利き腕の筋肉をより増やしたほうがよいと判断した結果です。
また、ラグビー選手と長距離走選手の体格が違うのも、脳がより競技に適したカラダにしようと判断した結果でしょう。

このように、今より筋肉をたくさんつけるためには、中途半端な負荷ではなく、今までに経験したことのないような負荷をかけ、「筋力を増やさなければ」と脳に思わせなければいけません

勉強も同じです。
脳に「この情報を覚えなければ」と思わせなければ、ただなんとなく勉強をしていても試験で結果を出すことはできません

では、どのように「この情報を覚えなければ」と思わせればよいのでしょう。
ただ毎日教科書を眺めているだけで、あなたは「この情報を覚えなければ」と思うでしょうか。
あなたが「この情報を覚えなければ」と思うのは、次のようなときではないでしょうか。

「問題を問いて間違えたとき」
「試験で思った点数がとれなかったとき」

つまり、今もっているあなたの実力を限界まで出しきったときです。

「次は解けるようになりたい」という思いによって、情報を強く記憶することができるのです。

自分の力を限界まで使うためには、実際に試験を受けたり、本番のように模試を問いたりする必要があります

ただ教科書を眺めたり、音読したりするのはハードルは低いですが、単調な作業のためすぐにやる気が起きなくなってしまう原因にもなります。

対して、模試を解くのは時間がかかりますし、頭も使うため、少しハードルは高いでしょう。

しかし、「この情報を覚えなければ」と脳に思わさせるためにも、毎日実践さながら模試をとき、限界まで挑戦することも大切なのです

「教科書を眺めるだけで勉強した気になってしまっている」と自覚している人ほど、ぜひ実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました