\ 重版出来 /「東大院生が実践した超ショートカット勉強法/大和出版」内容はこちら!

【いつまでも若々しく】老け組にならない方法とは

食事の質を高める
こんな人にオススメ
  • シミやシワが気になる
  • 髪のボリュームが減ってきた
  • いつまでも若々しい見た目でいたい
  • 老け組にはなりたくない
スポンサーリンク

「どんな本?」

この本は、”老け組”にならないための正しい知識を教えてくれる本です。

恐ろしいことに、本書では「アンチエイジングの知識の差が、30歳以降の見た目の差であると述べています。
「120歳まで美しく健康に生きよう!」をモットーにいくつものコラムを発信されているそうです。 それでは早速、「老けない人は知っているアンチエイジング」をみていきましょう。

スポンサーリンク

3つの「そうなんだ!」ポイント

「そうなんだ!ポイント」
  1. 夜スマホを使いすぎると髪が老化する
  2. 朝寝坊をすると太りやすく、老けやすくなる
  3. 1日3杯の味噌汁でアンチエイジング

1. 夜スマホを使いすぎると髪が老化する

「夜遅くまでパソコンを使って仕事をしている」 「寝る直前までスマホで動画を見ている」 「ついスマホに手を伸ばしてしまう」 これらのどれかに当てはまるという人はかなり多いのではないでしょうか。

その結果、ブルーライトを見すぎることでよる眠れなくなり、寝ている間に分泌される大切なホルモンが出なくなるのです。
この大切なホルモンとは、「成長ホルモン」と「メラトニン」です。
成長ホルモンは、皮膚をはじめ全身の新陳代謝を促すホルモンです。

成長ホルモンが分泌されないと、皮膚の新陳代謝が行われないため、皮膚の再生が起きなくなってしまいます。 また、皮膚だけでなく毛髪にまで影響し、成長ホルモンが分泌されないと、ツヤがなく、弱い髪になってしまいます

一方、メラトニンは、体内時計に働きかけ、自然な眠りをサポートするホルモンです。
別名、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

パソコンやスマホからブルーライトを大量に浴びると、このメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。すると、身体が昼間だと勘違いし、夜なのに眠れなくなってしまうのです。

同窓会などに行って感じたことのある人もいると思いますが、 同級生の中でも「当時とあまり変わらない若々しい人」もいれば、「髪が薄くなって老けて見える人」もいるでしょう。

あなたが、”若い組”に入るか”老け組”に入るかを分けるのは、アンチエイジングの知識を持っているかどうかです。
髪のツヤがなくなり、髪質が弱くなると、途端に老けたように見えてしまうでしょう。

パソコンやスマホは現代人とは切っても切り離せないものですが、夜遅くに見るのはなるべく控えるようにしましょう。

2. 朝寝坊をすると太りやすく、老けやすくなる

「朝起きるのがつらい」 「目覚ましがなっても気づかない」このような人は、特に注意してください。

朝寝坊をすると、太りやすく老けやすいからだになってしまいます

老化の大きな原因の一つに、活性酸素による体のサビが上げられるのですが、不規則な生活をすることによって、体内の毒であり活性酸素を増加させる「悪玉アディポカイン」が発生してしまうのです。
また、朝寝坊をすると、それに伴い就寝時間が遅くなることが多いでしょう。
このような不規則な生活は、食事を摂取する時間も不規則なり、肥満につながります。 ”食べる時間”と肥満との関係性についてのマウスの研究を本書より紹介します。

二つのグループに分けたマウスに、時間を変えて同じ量の高脂肪食を与えます。 マウス本来の活動時間帯である深夜にエサを与えたマウスと、24時間昼夜を問わず自由にエサが食べられるマウスとでは、後者の方が肥満化していきました。 本来の活動時間帯以外にエサを食べないマウスは太りません。

つまり、不規則な食生活だと、肥満になりやすくなってしまうということがマウスによる実験で報告されているのです。
朝寝坊をすると、悪玉アディポカインが増え、活性酸素も増えます。
すると、体がサビやすくなり、老化が進行してしまいます。

早く起きるようになれば、その分夜に自然に眠くなります。
夜早く寝るようになれば、美肌ホルモンである成長ホルモンもきちんと分泌されるようになります。 朝寝坊をすると、太りやすく老けやすくなってしまうということは覚えておきましょう

3. 1日3杯の味噌汁でアンチエイジング

体を若く保つことは、健康で長寿になるということです。

WHO(世界保健機関)が2018年に発表した統計によると、世界で最も長寿な国は日本で、その平均寿命は84.2歳だそうです。
女性だけでいうと、平均寿命は87.1歳。
2位のフランスと1.4歳もの差をつける結果となっています。まさに長寿大国である日本は、アンチエイジング国家とも言えるでしょう。

その理由の一つが、まさに味噌汁にあると言われています。

江戸時代、「味噌を食べると医者いらず」と言われ、薬のように重宝されてきました。

味噌は、抗酸化物質の1つである「イソフラボン」が豊富な大豆と、「麹」が原料であり、どちらもアンチエイジングに適した物質として注目を集めています

長寿大国の中でも最も長寿である都道府県は長野県です。そして、長野県では味噌の消費量も日本一です。

また、味噌汁を多く飲む人ほど、胃がんの発生率が低く、 1日3杯の味噌汁を飲む女性は、乳がんの発生率も低いことが分かっているそうです。
まさに長寿の秘訣とも言える味噌。難しいことはしなくても、1日3杯の味噌汁を飲むようにすることで、アンチエイジングが可能になります

「ポイントおさらい」
  1. 夜スマホを使いすぎると髪が老化する
  2. 朝寝坊をすると太りやすく、老けやすくなる
  3. 1日3杯の味噌汁でアンチエイジング
スポンサーリンク

まとめ

本書は、老けない人が知っているアンチエイジングの知識をわかりやすく教えてくれる一冊です。

「いつまでも若い見た目でいたい」 「”老け組”にはなりたくない」 ほとんどの人がこのように思っているのではないでしょうか。

そのために大切なのが、アンチエイジングの知識を学ぶこと。

「しばらく見ないうちに急速に老化した」 「年齢より老けて見える」 ではなく、 「いつまでも若々しい!」 「〇〇歳には見えない!」 と言われるためにも、今すぐにアンチエイジングを始めましょう。

30歳以降の見た目の差は、アンチエイジングの知識の差。 是非アンチエイジングをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

「これは勉強に活かせる!」くろま式『はじめてのアンチエイジング』から学ぶ勉強法

最後に、数々の勉強法の本を出版している私が、「読んだ本すべてを勉強に活かす」をテーマに、

「これは勉強に活かせる!」と思った内容をご紹介します。

『はじめてのアンチエイジング』から学ぶ勉強法は、以下です。

本書から学ぶオススメ勉強法
  1. 「ブルーライト排除」勉強法

「夜スマホを使いすぎると、髪が老化する」という話をしました。

夜にスマホをいじる弊害はこれだけでなく、「夜スマホをたくさんいじる人は勉強時間が少ない」という弊害もあります。

「勉強中つい気になってスマホをいじってしまう」
「休憩中にスマホをいじっていたら1時間経ってしまっていた」
「スマホをいじっていたもう寝る時間になってしまっていた」

このような人は多いのではないでしょうか。

スマホ一台あれば、いつでもだれとでもつながることができます。
また、動画を視聴したり、わからないことを調べたりすることもできます。

便利になった一方で、若い人を中心にスマホを手放せない人が増えているのも事実でしょう。

「勉強をするよりスマホをいじりたい」というのであれば問題ないですが、「スマホをいじる時間を減らし、勉強時間を増やしたい」というのであれば、次の方法をおすすめします。

そのオススメの方法とは、「スマホを物理的に遠ざける」方法です。

「スマホを机の上においた状態で勉強するけど、触らないようにする」 このような決意はうまくいくことが少ないばかりでなく、スマホを机の上においた状態で勉強をすると、勉強効率が下がるという調査も報告されています

  • スマホを家に置いたままカフェや図書館にでかけて勉強をする
  • カギの掛かる引き出しに電源を切って入れておく
  • スマホを家族に預けておく

とくに夜は、まずスマホを物理的に遠ざけてしまいましょう。

すると、空き時間はいつもスマホをいじっていた状態から、スマホをいじらなければ意外と暇な時間があることに気づくと思います。
その時間に勉強をすることができれば、あなたの成績は確実に上がっていくでしょう。

また、夜にブルーライトを見ないようにすることで、スムーズにメラトニンが分泌され、自然に眠りに落ちることができるようになります。

スマホに限った話ではないですが、便利な世の中になった代償として、過ごす時間の質が落ちている気がします。

人は、何かの目標に向かっているとき「暇つぶし」という言葉とは無縁のはずです

今からは、「暇つぶし」にスマホをいじっている時間を勉強時間に変え、質の高い時間の過ごすように心がけましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました