【記憶力を高める】コーヒーは覚醒効果・健康効果だけじゃない!

スポンサーリンク
勉強の質を高める
スポンサーリンク

コーヒーは頭にも体にもいいけど、ブラック限定

「コーヒーが大好き!」
という人は多いですよね。

コーヒーに覚醒効果があることは有名ですが、健康効果や記憶力を高める効果があるって知っていましたか?

最近、健康食やアンチエイジングに興味があり、関連情報を大量にインプットしました。
本記事では、コーヒーのすごい効果について紹介します!

コーヒーの覚醒効果や記憶力を高める効果を勉強や仕事に活用するだけで、あなたの生産性は著しく向上します

早速紹介していきますが、以下の1点だけ、気をつけてください!

「コーヒーはブラックで飲む」
仕事中に缶コーヒーを飲んでいる人をよく見かけますが、缶コーヒーと引き立ての本格ブラックコーヒーは全く別物です。
引き立てのブラックコーヒーは体にも頭にもいいですが、缶コーヒーなどの糖分が大量に含まれているものは、肥満やがんなどの病気の原因になるので注意して下さい。
スポンサーリンク

まずはおさらい!コーヒーの覚醒効果!

やる気に燃える人のイラスト(男性)

カフェイン
・コーヒーに含まれる成分。アデノシンの「睡眠誘発作用」をブロックする働きがある

アデノシン
・睡眠誘発作用をもつ物質

「眠くなったらコーヒーを飲む」という習慣を持っている人も多いのではないでしょうか。
おそらく、コーヒーが眠気を覚ますからだと認識していると思います。

実はコーヒーに含まれるカフェインは、眠気を覚ます効果を持っているわけではありません。
アデノシンの睡眠誘発作用をブロックすることによって、自然な眠気をブロックしているのです。

眠気が起きるのは、「寝たほうがいいよ」という脳からの合図です。
寝不足気味で眠くなるのであれば、コーヒーを飲むことは根本的な原因の解決にはならないことに注意しましょう

とはいえ、コーヒーのと上手に付き合うことは非常に大切なので、コーヒーの効果をうまく利用する方法をご紹介します。

それは、「昼寝する前にコーヒーを飲む」ということ。
コーヒーは、飲んでからおよそ20分後に脳の覚醒が始まるので、コーヒーを飲み、20分後にアラームをセットして昼寝をしましょう。

すると、睡眠中に脳が情報を整理し、頭の処理機能が高まるだけでなく、スッと目が覚め昼寝の後は高い集中力を発揮できると思います。

ちなみに私も、休日昼に眠くなったときは、コーヒーを飲んでから寝ることを習慣にしています
コーヒーを飲むかどうかで、スッと目が覚めるかどうか、あるいは起床後の集中力がだいぶ変わると感じています。

また、当然ですが、遅い時間にカフェインを取ると睡眠の質を下げるので注意が必要です。
詳しくはこちらの記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

コーヒーの健康効果!

コーヒーカップ, コーヒー, カップ, コーヒー豆, 心電図, コーヒーの泡, 選私, ドリンク, 覚醒剤

コーヒーの健康効果
① 糖尿病の発症を抑える
② 動脈硬化を抑える

糖尿病の発症を抑える

糖尿病って、尿が甘くなるだけだと思っていませんか?
実は、糖尿病はかなり恐ろしい病気です。

というのも、糖尿病があると、心疾患や脳疾患、がんや認知症などあらゆる病気にかかりやすくなります

詳しいメカニズムは解明していませんが、日本国際医療研究センターのチームが、日本人5万6千人を対象にした調査で、コーヒーを毎日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて、2型糖尿病の発症率が男性で17%、女性で38%減少するという結果が出ています。

糖尿病はあらゆる病気の元となるので、糖尿病の発症を抑えるのはかなり大きな健康効果ですね。

私も、食後の血糖値を下げるために糖質制限をしていますが、その結果をまとめているのでよければ参考にしてみて下さい。

動脈硬化を抑える

動脈硬化が起こると、全身にスムーズに血液を送るのを妨げてしまいます。
その結果、「心筋梗塞」「脳梗塞」「大動脈瘤」といった深刻な症状を引き起こす原因にもなります

動脈硬化を抑えるというのも、かなり嬉しい効果ですね。

ただし、飲み過ぎには注意が必要です。
カフェインの過剰摂取は、不眠、神経症、不整脈を引き起こすことがわかっています

『医者が教える食事術2』(ダイヤモンド社)の著者であり、医学博士でもある牧田善二さんは、1日4~5杯、濃いめが好きな人は1日に3杯くらいにとどめるのが良いと述べています。
また、コーヒーを飲むときはブラックにするということも合わせて注意して下さい。

スポンサーリンク

コーヒーの記憶力アップ効果

コーヒー, 書き込み, テーブル, ノートブック, カップ, 手, ペン, クロワッサン

海馬(かいば)
脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の器官

コーヒーには、覚醒効果や健康効果があることを説明してきましたが、実はコーヒーには記憶力アップ効果もあります。

記憶や学習に重要な役割を果たす脳の『海馬』という期間があるのですが、コーヒーを飲むと、この海馬の神経細胞の働きを強化し、記憶力を高めるという実験結果があります

記憶力を高めるために、記憶術や勉強法などのテクニックを実践している方は多いと思いますが、食事も記憶力に大きな影響を与えるということを忘れてはいけません

健康な食事を考えるように、脳にいい食事も考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ:ブラックのコーヒーはかなりおすすめ

いかがでしたでしょうか。

「コーヒーには眠気を覚ます効果がある」
ということは知っていても、健康効果や記憶力アップ効果があることは知らない人が多かったのではないでしょうか。

コーヒーの持つ効果
・覚醒効果
・健康効果(糖尿病の発症、動脈硬化を抑える)
・記憶力アップ効果

これらの効果を最大限得るためには、ブラックがおすすめです。(糖分をたくさんとると、体や脳に悪影響があるため)

最近ではカフェに行かなくてもコンビニで本格ブラックコーヒーも飲めますので、ぜひ活用してみて下さい

【くろまあくと著のおすすめ書籍】
『努力は最小。成果は最大』効率よく学びを結果に結びつける方法を紹介しています。

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました