ワンランク上の内定をもらう就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

就活のストレスで苦しい!7つの原因と打開策【頑張りすぎないで】

就活のストレスで苦しい!7つの原因と打開策【頑張りすぎないで】就活テクニック
  • 「就活のストレスで苦しいです…」
  • 「就活のストレスを乗り越える方法が知りたいです」
  • 「就活ストレスの苦しさから解放されたいです」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 「就活のストレスで苦しい」頑張りすぎないで!
✓ 「就活のストレスで苦しい」7つの原因と打開策
この記事を読んで得られること
✓ 「就活のストレスで苦しい」気持ちを軽くできる
✓ 「就活のストレスで苦しい」原因と内定をもらう打開策がわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,500名以上の東大院試(就活)サークルESCAPEを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

「就活のストレスで苦しい…」頑張りすぎないで!

  • 「就活のストレスで苦しいです…」
  • 「精神的にもかなり参っています…」

このように、「就活のストレスで苦しい」と感じたことはないでしょうか?

 

たくさんエントリーしたのに、どこからも内定がもらえない。

自分ひとりだけ取り残されていくように感じる。

 

就活をしていると、「就活のストレスで苦しい」と感じることもありますよね

 

就活のストレスで苦しいと感じるのはあなただけじゃない

  • 「自分だけ就活が苦しいなんて、情けないです…」
  • 「落ちるたびに自分が否定された気持ちになります…」
 

「就活のストレスが苦しい」と感じているのは、あなただけじゃありません。

 

2013年にNPO法人ライフリンクが行った「就活に関わる意識調査」では、以下のことがわかっています。

就活開始後に、「本気で死にたい・消えたい」などと考えたことがある人は、調査対象全体の21%にも及んだ。

21%なので、5人に1人以上が、就活が原因で精神的にかなりの負荷を感じていることになります。

 

また、私自身「就活のストレスで苦しい」と感じたことがあります

 

「就活のストレスで苦しい」と感じているのは、決してあなただけではありません。

 

「就活のストレスが苦しい」ときは頑張りすぎないで!

 

「就活のストレスが苦しい」ときは、頑張りすぎなくてOKです。

無理して頑張ると、余計にストレスが溜まってしまいます。

 

「就活うつ」という言葉ができるほど、就活は過酷な一面があります。

 

就活が苦しいときは、思い切って休息をとりましょう

休んでいい5つの理由は、こちらでまとめています。

👉【就活が疲れた】休むのはあり?休んでもいい5つの理由と対策

 

また、本記事でも「就活のストレスが苦しい」ときの7つの原因と打開策を紹介していきます。

それでは早速、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「就活のストレスで苦しい」7つの原因と打開策

「就活のストレスで苦しい」7つの原因と打開策

 

「就活のストレスで苦しい」7つの原因を紹介します。

就活ストレス苦しい7つの原因
① 希望する企業から内定がもらえない
② どこからも内定がもらえない
③ 自分だけ取り残されていく
④ 一斉スタートでムダに焦る
⑤ 平日も土日も休みがない
⑥ スーツを着る必要がある
⑦ 自己分析がわからない

打開策と合わせて、1つずつ見ていきましょう。

 

原因①:希望する企業から内定がもらえない

就活のストレスで苦しい原因の1つめは、「希望する企業から内定がもらえない」です。

 

「絶対にこの企業に行きたい」と思っていたのに、落ちてしまうと急に就活が嫌になってしまいますよね。

「もう人生終わりだ…」という気持ちになってしまう人も多いはずです。

 

「希望する企業から内定がもらえない」の打開策

「希望する企業から内定がもらえない」の打開策は、「第一志望群の企業をたくさん作ること」です。

 

大手企業の中には、倍率が1,000倍を超えるものもあります。

どれだけ準備して、どれだけOG・OB訪問をしたとしても、内定をもらえる可能性はかなり低いです。

 

「絶対にA社がいい!」ではなく、「A社かB社、C社でもD社でもいい!」という状態を目指すのがおすすめです。

そのためには、業界や企業を絞りすぎず、視野を広げていきましょう。

 

原因②:どこからも内定がもらえない

就活のストレスで苦しい原因の2つめは、「どこからも内定がもらえない」です。

 

就活のストレスといえば、「内定がもらえない」ですよね。

1社からも内定がない状態だと、先が見えず、ストレスで苦しくなってしまいます。

 

「どこからも内定がもらえない」の打開策

どこからも内定がもらえない人は、以下の5つの行動を実践してみるのがおすすめです。

「どこからも内定がもらえない」今すぐできる5つの行動
① 未来の可能性をアピールにする
② 周りを一切気にしない(観察はする)
③ 頭じゃなくて、足を動かす
④ 辛くても、明るく振る舞う
⑤ 内定をもらいやすい就活をする

これらの5つの行動を実践すれば、内定をもらえる可能性はグッと高くなります

 

詳細は以下にまとめていますので、合わせてご覧ください。

👉【就活で内定をもらえる気がしない】今すぐできる5つ行動

 

原因③:自分だけ取り残されていく

就活のストレスで苦しい原因の3つめは、「自分だけ取り残されていく」です。

 

  • 「周りはどんどん内定をもらって、焦ります…」
  • 「自分だけずっと内定をもらえない気がして苦しいです…」
  • 「友達が大手企業から内定をもらうたびに、自分が嫌になります」

このように、周りと比較して苦しんでいる就活生は多いですよね。

 

上を見るとキリがありません。

周りと比べ、「自分だけ取り残されていく気がする…」と就活のストレス苦しくなる人は多いです。

 

「自分だけ取り残されていく」の打開策

「自分だけ取り残されていく」の打開策は、「就活の本質を理解する」です。

 

就活は、ネームバリューのある企業から内定をもらうことが目的ではありません。

就活は、友達と内定数を競うことが目的ではありません。

 

就活は、自分にあった企業から内定をもらうことが目的です。

 

周りが内定をもらっても気にせず、自分に合った企業をゆっくりと探していきましょう。

 

原因④:一斉スタートでムダに焦る

就活のストレスで苦しい原因の4つめは、「一斉スタートでムダに焦る」です。

 

毎年3月に説明会開始。6月に選考開始。

スケジュールは強制ではなくなりましたが、いきなり大きく変わることはないでしょう。

 

およそ40万人もの就活生が一斉に就活をスタートします。

街の中や駅構内は、同じようなリクルートスーツを着た就活生で溢れます。

 

これでは、「競走」している気分になるのは仕方ありません。

「説明会に行かないと」「たくさんエントリーしないと」と焦ってしまいますよね。

 

「一斉スタートでムダに焦る」の打開策

「一斉スタートでムダに焦る」の打開策は、2つあります。

 

  1. 早めに就活をスタートする
  2. 自分は自分と割り切る

 

理想は「早めに就活をスタートする」です。

早期内定を獲得しているだけで、気持ちに余裕ができ、自身に満ち溢れます。

結果的に、その後の就活もうまくいくことが多いです。

「早期内定をもっている」は、就活が強い人の8つの特徴のうちの1つでもあります

👉【就活に強い人、無双する人の特徴は?】8つの共通点を解説!

 

早めに就活をスタートできなかった場合は、自分は自分と割りきりましょう。

「合う企業」は一人ひとり違います。

ゴールが違うのですから、スタート時期が同じでもマイペースで進めていけば問題ありません

 

原因⑤:平日も土日も休みがない

就活のストレスで苦しい原因の5つめは、「平日も土日も休みがない」です。

 

講義。説明会。OB・OG訪問。面接。バイト。

就活が始まると、平日も土日も休みがなくなってしまう人も多いです。

時間の余裕がなくなると、心にも余裕がなくなってしまいます。

 

「平日も土日も休みがない」の打開策

平日も土日も休みがない人は、就活スケジュールを見直しましょう。

 

私は理系なので、「研究」と「就活」の両立にかなり苦労しました。

説明会に行かなくていい(ネット以上の情報はほぼ手に入らなかった)と気づいてからは、かなりスケジュールに余裕ができました。

 

「説明会」「OB・GO訪問」「ES」「WEBテスト」など。

周りがやっているからとなんとなく就活スケジュールを組むのではなく、本当に必要なのか自分の頭で考えるようにしましょう。

 

具体的な打開策として、「就活プロセスを短縮する4つの方法」を以下で紹介します。

👉就活プロセスを短縮する4つの方法

 

原因⑥:スーツを着る必要がある

就活のストレスで苦しい原因の6つめは、「スーツを着る必要がある」です。

 

  • 「就活は、毎回スーツを着るのが面倒です」
  • 「スーツに慣れていないので、ストレスが溜まります」

このように、「スーツに慣れない」という人も多いのではないでしょうか?

慣れないことをすると、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。

 

「スーツを着る必要がある」の打開策

スーツを着るのがストレスになる人は、私服参加OKの選考イベントや企業に応募してみましょう

 

近年は、仕事中にスーツ着なくてOKの大手企業も増えて行きています。

「就活はスーツじゃなきゃいけない」「仕事はスーツを着なければいけない」という先入観をどんどん排除していきましょう。

 

就活イベントは、以下の就活サイトを利用して探すのがおすすめです。

就活イベントを探せる就活ツール
【digmee】 (ラインに友だち追加するだけ)
参加者内定率96%のMeetsCompany (就活生の5人に1人が利用)

 

原因⑦:自己分析がわからない

就活のストレスで苦しい原因の7つめは、「自己分析がわからない」です。

 

私は、「自己分析がわからない」せいで就活のストレスをかなり溜めました。

  • 「将来何をしたいか」
  • 「人生に何を求めているか」
  • 「自分の強みを活かせる会社はどこか」

曖昧すぎて、難しいですよね。

 

「自己分析がわからない」はかなりストレスが溜まると思います。

 

「自己分析がわからない」の打開策

「自己分析がわからない」の打開策は、「自分一人で完結させない」ことです。

 

自己分析は、1人でやり続けても深みにハマるだけで、あまり解決しません。

適性診断AnalyzeU+では、累計100万人以上の診断結果に基づき、「全部で25項目の偏差値」を出してくれます。

一人では気づかなった「あなたの強み」を教えてくれるのでおすすめです。

また、友達や家族に協力してもらうのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

「就活のストレスで苦しい」7つの打開策でゆっくり乗り越えましょう

いかがでしたでしょうか。

 

「就活のストレスで苦しい」7つの原因をおさらいします。

就活ストレス苦しい7つの原因
① 希望する企業から内定がもらえない
② どこからも内定がもらえない
③ 自分だけ取り残されていく
④ 一斉スタートでムダに焦る
⑤ 平日も土日も休みがない
⑥ スーツを着る必要がある
⑦ 自己分析がわからない

🔺就活のストレスで苦しい7つの原因と打開策の詳細に戻る🔺

 

どれだけエントリーしても1社からも内定がもらえない。

周りばかり内定をもらって、自分だけ取り残されていく。

 

就活をしていると、ストレスが溜まり、苦しいこともありますよね。

 

就活のストレスで苦しいときは、頑張りすぎないでください。

無理に頑張ると、余計にストレスが溜まり、苦しくなってしまうこともあります。

 

7つの打開策を参考に、ゆっくりと、マイペースで就活を進めていきましょう。

 

記事内で紹介したリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました