【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

【就活が疲れた】休むのはあり?休んでもいい5つの理由と対策

【就活が疲れた】休むのはあり?休んでもいい5つの理由と対策就活テクニック
  • 「就活が疲れた。休むのはありですか?」
  • 「就活が疲れたけど、休むのはいけないことですよね?」
  • 「就活が疲れたときの対策が知りたいです。」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 就活が疲れたら休むのはアリ!
✓ 就活が疲れたら休んでいい5つの理由と対策
この記事を読んで得られること
✓ 就活が疲れた場合に休んでいい理由がわかる
✓ 就活が疲れたときの効果的な対策がわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,450名以上の東大院試(就活)サークルを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

就活が疲れたら休むのはアリ!

  • 「就活を頑張るのに疲れた…」
  • 「就活が疲れたから休みたいです…」

このように、「就活が疲れた。休みたい」と感じたことはないでしょうか?

 

就活が疲れたけど、内定をもらうまで休むわけにはいかない…。

周りは当たり前のようにやっているのに、自分だけ就活が疲れたなんて甘えなのかも…。

 

就活が疲れても、「休むわけにはいかない」と無理をして頑張ってしまうこともありますよね

 

「就活が疲れた」は甘え?

「就活が疲れた」は甘えではありません。

 

私はメンバー800名以上の院試サークルを運営しています。

そのため、大学生や大学院生から頻繁に就活の相談を受けます。

  • 「大学4年制です。就活が疲れました。」
  • 「就活が疲れたは、甘えですか?頑張る方法が知りたいです」

このような質問もたくさん受けてきました。

 

また、私自身「就活が疲れた…」と何度も思っていました

そのため、「就活が疲れた…でも休むのは甘えだ…」という気持ちになるのは痛いほどわかります。

 

ただ、もう一度いいます。

「就活が疲れた」は、決して甘えではありません。

 

就活が疲れたら休むのはアリ!

  • 「内定をもらうまでは休むわけにはいかない!」
  • 「周りが頑張っているのに、就活が疲れたなんて言えない!」
  • 「でも、ちょっと就活がしんどくなってきた…」

このように、「就活が疲れたけど、休むわけにはいかない!」と頑張りたくなりますよね。

 

しかし、就活が疲れたら、休むのはアリです!

就活が疲れた状態で就活を続けるよりも、就活の疲れを解消して、全力で就活に臨むほうがいい結果も出しやすいです。

 
「でもやっぱり、就活を休むのはいけないことなんじゃ…」

このように思ってしまう気持ちもわかります。

 

就活が疲れたら休んでいい5つの理由と対策を紹介していきます。

 
スポンサーリンク

就活が疲れたら休んでいい5つの理由と対策

就活が疲れたら休んでいい5つの理由と対策

 

就活が疲れたら休むのはアリです!休んでいい5つの理由を紹介します。

就活疲れたら休んでい5つの理由
① ずっと気を張っていると精神的に疲れる
② 休むことで就活の疲れを解消できる
③ 就職以外の進路はたくさんある
④ No.1じゃなくOnly.1が大切
⑤ 就活に失敗してもいつでも取り返せる

1つずつ見ていきます。

 

理由①:ずっと気を張っていると精神的に疲れる

就活が疲れたら休んでいい理由の1つめは、「ずっと気を張っていると精神的に疲れる」です。

 

就活は、6~9ヶ月のあいだ続きます。

インターンに行くのであれ、1年以上の長丁場になることもあります。

 

就活のあいだずっと気を張っていると、いつか必ず疲れてしまいます

 

就活では、適度に気を抜くことが大切。

そのためには、「就活に疲れたら休む」という習慣が必要です

 

疲れたら休むのは、就活を楽しむ人の1つの共通点でもあります。

楽しく就活したい方は、以下も合わせてご覧ください。

👉【就活を楽しく】就活を楽しいと感じる人の5つの共通点とは?

 

理由②:休むことで就活の疲れを解消できる

就活が疲れたら休んでいい理由の2つめは、「休むことで就活の疲れを解消できる」です。

 

就活が疲れたのを無視して頑張っても、余計に疲れを溜めてしまうだけです。

しかも、「就活が嫌だ」と思っているのは雰囲気で面接官に伝わります。

すると、「選考に落ちる」→「さらに就活に疲れる」という悪循環に陥ります。

 

まずは、しっかりと休んで疲れを解消しましょう

実は私も、「就活が疲れた」とストレスを溜め込んだことがあります。

私が実践した解決策を紹介するので、ぜひご覧ください。

👉【就活のストレスで限界】必要なのは、3つの思考と3つの行動です

 

理由③:就職以外の進路はたくさんある

就活が疲れたら休んでいい理由の3つめは、「就職以外の進路はたくさんある」です。

 

  • 「大学卒業したら、新卒で就職しないと!」
  • 「周りの友達もみんな就職しているし!」

このように、「就職」という選択肢しか頭の中にない人も多いですよね。

 

実は、就職以外にも進路はたくさんあります

視野を広げるためにも、就職以外の選択肢を確認しておきましょう。

その結果、「就職」を選ぶのであれば、心機一転就活を頑張れるはずです。

👉【大学卒業後、新卒で就職しない?】12の進路と選び方

 

理由④:No.1じゃなくOnly.1が大切

就活が疲れたら休んでいい理由の4つめは、「No.1じゃなくOnly.1が大切」です。

 

就活は、No.1ではなく、Only.1を目指すものです

 

就活の目的は、「自分にあった企業から内定をもらう」こと。

誰もが知っている大手企業から内定をもらうことではないですよね。

 

就活は、競走ではありません。

だから、いつ休んでもOKです。

 

就活に疲れたら休む。休んだらまた進む。

就活はマイペースで、焦らずじっくりと進めていきましょう。

 

理由⑤:就活に失敗してもいつでも取り返せる

就活が疲れたら休んでいい理由の5つめは、「就活に失敗してもいつでも取り返せる」です。

 

  • 「就活に失敗しそう。もう終わりです…」

このように、就活に失敗したら終わりだと感じている就活生は多いですよね。

しかし、就活に失敗してもいつでも取り返せます

 

就活に失敗してもいつでも取り返せる要因は5つあります。

  1. 終りを迎えた大手安泰の時代
  2. 個人を守らない会社
  3. 終身雇用・年功序列の崩壊
  4. 拡大し続ける転職市場
  5. 到来する”個”の時代

 

就活に失敗してもいつでも取り返せるので、就活が疲れたら休むのはアリです。

詳細は以下にまとめているので、合わせてご覧ください。

👉就活失敗は人生終わり?勘違いの原因5つと終わらない理由5つ

 

スポンサーリンク

就活が疲れたら、一度休んでから内定を取りにいこう

いかがでしたでしょうか。

 

就活が疲れたら休んでいい5つの理由をおさらいします。

就活が疲れたら休んでい5つの理由
① ずっと気を張っていると精神的に疲れる
② 休むことで就活の疲れを解消できる
③ 就職以外の進路はたくさんある
④ No.1じゃなくOnly.1が大切
⑤ 就活に失敗してもいつでも取り返せる

🔺就活が疲れたら休んでいい5つの理由の詳細に戻る🔺

 

就活が疲れた…。でも内定もらうまで休めない…。

自分だけ就活が疲れたなんて言えるわけない…。

 

就活が疲れても、「休むわけにはいかない」と無理に頑張ってしまうことありますよね。

 

しかし、就活が疲れたら無理する必要はありません。

頑張りすぎると、さらに自分を追い込むことにつながります。

まずはしっかりと休んでから、ゆっくりと自分のペースで内定を獲得しましょう。

 

記事内で紹介したリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました