>>【東大院に合格したいですか?】公開1週間で300人が利用した・・・

【就活のストレスで限界】必要なのは、3つの思考と3つの行動です

新卒就活
  • 「就活のストレスで限界です…」
  • 「今までの人生が否定された気持ちです…」
  • 「就活ストレスがこんな辛いなんて思いませんでした…」

本記事では、このような悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 「就活のストレスが限界…」必要な3つの思考
✓ 「就活のストレスが限界…」必要な3つの行動
この記事を読んで得られること
✓ 就活のストレスを減らし、心が軽くなる
✓ 将来の不安を、少し軽くすることができる
✓ 内定をもらうためのコツがわかる
 
スポンサーリンク

【就活のストレスで限界】必要なのは、3つの思考と3つの行動です

  • 「就活のストレスが限界です…」
  • 「両親や親戚からのプレッシャがーあって辛いです…」
  • 「落ちるたびに、心が締めつけられたように苦しくなります」

あなたは、このような就活のストレスや辛さを抱えていないでしょうか?

 

両親や親戚の気のない「まだ決まらないの?」の一言に苦しめられたり…。

お祈りメールが届くたびに一気に気分が暗くなったり…。

 

将来が不安で、夜も眠れないこともありますよね。

 

「就活のストレスが限界」な人は多い

就活のストレスや不安で夜に全然眠れません。

いつも気づいたら朝になっています…。

選考結果の不安や周囲からのプレッシャーでもう限界です。

面接が近くなると心臓がバクバクいって身体が休まりません。

周りが内定をもらうたびにどんどん胸が苦しくなり、自分はダメなだという気持ちになります。

 

私は、就活を2度経験しています。

大学生のときに1度。大学院生のときに1度です。

 

そのため、「就活のストレス」「内定がもらえない苦しさ」も人の2倍味わっています。

就活のストレスによる辛さも、痛いほどわかります

 

不採用の企業が1社、2社と増えるたびに、どんどん自分がダメな人間だと思えてきてしまいますよね。

 

「就活がストレスで限界」は解決できる!

「就活がストレスで限界」は解決できます。

それも、3つの思考と3つの行動だけで解決できます

 

今は、ものすごく辛いでしょうが、その辛さは一生続くわけではありません。

 

「就活がストレスで限界」のときに必要な、3つの思考と3つの行動みていきましょう。

 
スポンサーリンク

「就活のストレスが限界…」必要な3つの思考

「就活のストレスが限界」のときに必要な3つの思考

「就活のストレスが限界」のときに必要な3つの思考からみていきます。

 

【「就活のストレスが限界…」必要な3つの思考
① 大手一生安泰は、昔の時代の話
② 就活の失敗なんて、いくらでも取り返せる
③ 誰にどんな評価をされても、自分の価値は変わらない

1つずつみていきます。

 

思考① 大手一生安泰は、昔の時代の話

「就活のストレスが限界…」必要な1つ目の思考は、「大手一生安泰は、昔の時代の話」です。

 

  • 「親から大手に入れとプレッシャーをかけられてつらいです…」
  • 「周りがどんどん良い企業から内定をもらって、取り残されていきます…」

このように、「どうしても大手に入りたい」と思ってしまう人も多いですよね。

 

はっきりいって、大手なら一生安泰は昔の時代の話です。

今は、「どんな会社につくか」よりも「どんなスキルを身につけるか」「社会に出てから何をするか」のほうが大切です。

 

下記をみてください。

ここでは、ごく一部の記事だけ紹介しています。

 

他にも、「富士通」「コカ・コーラ」に加え、「NEC」「日本ハム」「アルペン」「カシオ計算機」「キリン」などの大企業がリストラを発表しています

 

メガバンクにいたっては、5,000人~19,000人もの人材削減、業務量削減を発表しています。

AIやIoTによる業務の機械化、自動化が主な理由です。

 

どんな会社に入っても、「いつ潰れるかわからない」「いつリストラされるかわからない」時代です。

 

  • 両親や親戚からの「大手じゃないとダメ」というプレッシャー
  • 周囲がどんどん大手から内定をもらっていく不安

 

これらを気にしすぎる必要は、まったくありません。

月並な言い方ですが、自分に合った、ナンバーワンよりもオンリーワンの企業を見つけましょう。

 

思考② 就活の失敗なんて、いくらでも取り返せる

「就活のストレスが限界…」必要な2つ目の思考は、「就活の失敗なんて、いくらでも取り返せる」です。

 

  • 「就活で失敗したらと思うと、夜も眠れません」
  • 「選考結果や面接が心配で、ずっと気を張っていしまいます」

このように「就活で失敗するのが怖い」と思ってしまいますよね。

 

まずは、このことを知っておいてください。

新卒で第一志望の企業に入れなくても、いくらでも取り返せます

 

  • 「入社直前に、内定をもらっていた企業が倒産しました」
  • 「入社したら、週6日勤務、残業月80時間超の超ブラック企業でした」

実際に、わたしの友人でもこのような人がいます。

どちらも、今は別の会社に転職し、幸せな毎日を過ごしています。

 

昔は、「一度入社したら、身も心も捧げる」のが美徳という考えがありました。

しかし今は、「スキルアップの転職はあたりまえ」に変わってきています。

 

DIAMOND ONLINEでは、「2人に1人が転職する時代」という記事もあり、今後はさらに転職市場が盛んになっていくでしょう。

 

就活はただの一つのイベント。

かなり長い目で見ると、新卒でどの企業に就職するかは、「右足から家を出るか、左足から家を出るか」くらいの違いしかありません

 

たとえ就活に失敗したとしても、後からいくらでも取り返せます。

 

思考③ 誰にどんな評価をされても、自分の価値は変わらない

「就活のストレスが限界…」必要な3つ目の思考は、「誰にどんな評価をされても、自分の価値は変わらない」です。

 

  • 「選考に落ちるたびに、自分には価値がないと思ってしまいます」
  • 「就活をしていると、今までの人生はなんだったんだろうと涙が出てきます」

このように、選考で落とされると「自分はダメな人間なんだ」と落ち込んでしまうことありますよね。

 

面接で落とされても、「自分はダメだ」なんて全く思う必要はありません。

理由は2つです。

  1. 採用には人事採用担当者の主観が入る
  2. たった1時間面接しただけでは、あなたの1%もわからない

 

ある本には、アメリカでは「自己アピールより、採用担当者を褒める」人が多いと書いてありました。

就活の合否は、結局のところ採用担当者の好き嫌いで判断されているだけということです。

 

仮に、主観をなるべく排除した状態で判断されたとしても、面接だけではあなたの1%もわかりません。

 

そもそも、誰にどんな評価をされようと、あなたの価値は変わりません

 

スポンサーリンク

「就活のストレスが限界…」必要な3つの行動

、「就活のストレスが限界」のときに必要な3つの行動

次に、「就活のストレスが限界」のときに必要な3つの行動をみていきます。

 

【「就活のストレスが限界…」必要な3つの行動
① 就活のストレスを解消する
② 自分自身と真剣に向き合う
③ 内定が取りやすい方法で就活する

1つずつみていきます。

 

行動① 就活のストレスを解消する

「就活のストレスが限界…」必要な1つ目の行動は、「就活のストレスを解消する」です。

 

ストレスを溜め続けるというのは危険です。

体調不良だけでなく、うつ病などの精神疾患になる可能性も高くなります。

 

  • 「ストレスがなくならないから困っているんでしょ!!」

わたしも、就活を2度経験しています。

そのため就活のストレスを嫌というほど味わってきました。

 

だからこそ、あえていいます。

就活のストレスはかんたんに解決することができます。

👉【就活のストレス解消法】私はこうやって乗り越えました

 

① すでに溜まっているストレスを解消する
② ストレスの発生原因を解消する

2つのアプローチで、ストレスを解消する方法を紹介しています。

 

行動② 自分自身と真剣に向き合う

「就活のストレスが限界…」必要な2つ目の行動は、「自分自身と真剣に向き合う」です。

 

あなたの周りに、「就活で落ちても全く動じない人」「楽しんで就活している人」っていませんか?

そのような人の共通点の一つに、「就活の軸がしっかりしている」というのがあります。
👉【就活を楽しく】就活を楽しいと感じる人の5つの共通点とは?

 

「やりたいこと」「将来の方向性」が見えているので、自信をもって就活に臨めます。

ブレない軸を持っているので、選考で落ちても気持ちが揺れることがありません。

 

ブレない就活の軸を見つけるためには、自己分析を深めるのが一番です

 

適性診断AnalyzeU+では、累計100万人以上の診断結果に基づき、「全部で25項目の偏差値」を出してくれます。

そして、あなたの強みや自己PRポイントまで教えてくれます

 

利用する前に適性診断AnalyzeU+の評判や、詳細が知りたい方は、こちらを参考にしてください。
👉適性診断AnalyzeU+の評判や項目を解説

 

行動③ 内定が取りやすい方法で就活する

「就活のストレスが限界…」必要な3つ目の行動は、「内定が取りやすい方法で就活する」です。

 

  • 「内定を取りやすい方法ってなんですか?」

一言で言えば、エントリー型じゃない就活のことです。

 

エントリー型の就活の流れ
①「エントリー」
②「ES提出」
③「WEBテスト」
④「GW(グループワーク)、GD(グループディスカッション)」
⑤「面接(複数回)」
⑥「内定」
オファー型(サイト登録)の就活の流れ
①「プロフィール入力」
②「オファー」
③「面接(複数回)」
④「内定」
オファー型(イベント参加)の就活の流れ
①「イベントでGW(グループワーク)」
②「オファー」
③「面接(複数回)」
④「内定」

 

見ていただければわかるように、エントリー型の就活は内定をもらうのが難しいです。

 

オファー型の就活をするには、無料就活サイト(ツール)を利用しましょう。

 

就活サイト(ツール)では、「就活情報のキャッチ」「オファーの獲得」「就活サポートを受ける」などができます。

おすすめの就活サイト(ツール)を紹介します。
学生は完全無料です(就活サイトは、学生ではなく企業からお金をもらってるため)

 

特に、大学生協がおすすめしているツールや、ラインで就活できるツールはおすすめです。

 

第1位 OfferBox 「就活生の4人に1人が利用」

【就活生の4人に1人が利用!大学生協オススメの新時代の就活サイト】

✓ 大学生協がオススメ
✓ 東洋経済オンラインへの掲載実績
✓ 経済産業省、資生堂、マイクロソフトも利用
✓ PwC、楽天、みずほなど5,600社以上が利用

第2位 digmee(ディグミー) 「ラインで簡単就活」

【ラインで友だち追加するだけ!世界一利用しやすい就活ツール】

✓ ラインで友だち追加するだけで、就活情報が入ってくる
✓ 圧倒的に手軽に利用できる
✓ 最大7社から一気に選考免除パスをもらえる
✓ インターン合格実績企業が凄すぎる!(HPに記載)

第3位 キャリアパーク 「内定が少ない人にオススメ」

【最短1週間で内定!内定が少ない人は利用必須の就活ツール】

✓ 最短1週間で内定がもらえる
✓ 専属のメンターがつき就活を徹底サポート
✓ プロが厳選した優良企業のみを紹介
✓ ES、一次選考免除などの特別選考ルートあり

 

就活はいろいろな方法があり、エントリー型の就活はそのうちの一部に過ぎません

エントリー型で苦戦していても、他の方法ならバンバン内定をもらえることもあります。

迷ったらこちらを利用しましょう
就活生の4人に1人が利用
特徴:大学生協おすすめ、企業からオファーがもらえる
👉【OfferBox

② 友だち追加するだけ
特徴:ラインでできる、超お手軽の就活ツール
👉【digmee】
スポンサーリンク

「就活のストレスで限界…」は必ず乗り越えられます!

いかがでしたでしょうか。

 

「就活のストレスで限界…」のときに必要な3つの思考と3つの行動をおさらいします。

 

【「就活のストレスが限界…」必要な3つの思考
① 大手一生安泰は、昔の時代の話
② 就活の失敗なんて、いくらでも取り返せる
③ 誰にどんな評価をされても、自分の価値は変わらない

【「就活のストレスが限界…」必要な3つの行動
① 就活のストレスを解消する
② 自分自身と真剣に向き合う
③ 内定が取りやすい方法で就活する

🔺必要な3つの思考、3つの行動の詳細に戻る🔺

 

私も、就活のストレスで「もうだめかも」と思ったことがあります

そのため、就活のストレスの辛さは十分に理解しています。

 

ストレスをかかえ続けると、体調や精神に悪影響を与えてしまいます。

「就活のストレスで限界」というときには、3つの思考と3つの行動を思い出してみてください。

 

記事内で紹介したリンクをまとめます。

 

迷ったらこちらを利用しましょう
就活生の4人に1人が利用
特徴:大学生協おすすめ、企業からオファーがもらえる
👉【OfferBox

② 友だち追加するだけ
特徴:ラインでできる、超お手軽の就活ツール
👉【digmee】
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました