【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

OfferBox(オファーボックス)で就活!参加企業やメリットは?

OfferBox(オファーボックス)で就活!参加企業やメリットは?就活サイト
スポンサーリンク

OfferBox(オファーボックス)で就活!参加企業やメリットは?

  • 「OfferBox(オファーボックス)って実際どう?」
  • 「どうせ大手企業は参加してないんじゃないの?」
  • 「どんな企業からオファーが来るの?」

本記事では、このような疑問を解決していきます!

 

結論から言うと、OfferBox(オファーボックス)には日系の大手企業や外資系の大手企業が参加しており、超有名企業からオファーがもらえる可能性があります

 

就活生179,000人。つまり、就活生の4人に1人が利用しています。

 

本来であれば就活は、「説明会に行ったり」「エントリーしたり」「ESを書いたり」「グループワークをしたり」「面接をしたり」と能動的にたくさんの行動をしなければいけないですよね。

しかし、OfferBox(オファーボックス)であれば、企業→学生へ「ぜひ会いたいです」というラブレターが届くシステム。

そのため、就活の手間を大幅に減らすことが可能です。

 

ちょっとまって!企業から学生にラブレターがくるシステムなんてあるの?OfferBox(オファーボックス)って何者?

このような方も多いと思うので、まずはOfferBox(オファーボックス)について簡単に説明していきます。

 

 

OfferBox(オファーボックス)ってなに?メリットは?

OfferBox(オファーボックス)で就活!参加企業やメリットは?

OfferBox(オファーボックス)とは、企業から興味を持った学生にオファーする、新しい就活サイトのことです。

 

もちろん『完全無料』で使えます。

 

『就活生が積極的に企業にアプローチする』というのが就活のイメージだと思います。

OfferBox(オファーボックス)はまさに真逆で、『企業が積極的に就活生にアプローチする』場所になります。

 

登録さえしてしまいえば、あとは企業からラブレターが来るのを待つだけなので、登録して損はありません。

就活の情報強者は必ず使っています

 

また、以下の3つの理由からもOfferBox(オファーボックス)はおすすめです。

OfferBox(オファーボックス)がおすすめな理由
東洋経済オンラインへの掲載実績:『就活生の新常識「OfferBox」を知っていますか?
経済産業省が2021年卒の学生からOfferBoxを利用することを発表
大学生協がおすすめ

超安心のサービスですね。

 

就活生利用者も右肩上がりに毎年急増しているので、近いうちに就活生の3人に1人、2人に1人が利用するサービスになると思います。

 

登録も簡単。30秒で登録することができます。

 

スポンサーリンク

OfferBox(オファーボックス)の参加企業一覧

OfferBox(オファーボックス)の参加企業を紹介していきます。

 

超大手企業から外資系企業、メガベンチャーまで、5,470社以上が参加しています

しかも参加企業はどんどん増えていっています。

参加企業
ご利用企業

『経済産業省』『資生堂』『マイクロソフト』までありますね。

 

他にも見ていきます。

OfferBox(オファーボックス)参加企業
・経済産業省
・資生堂
・マイクロソフト
・PwC
・楽天
・住友商事
・かごめ
・パナソニック
・日産自動車
・みずほ証券
・DeNA
・サイバーエージェント
・ミクシー
・日清食品
・オムロン
・森永乳業
・HIS
・住友化学
・ネスレ
・ロート製薬

ちなみに、OfferBoxの「MENU」→「企業一覧」から、参加企業はいつでも確認することができます。

 

確かに割合でいうと、大手企業よりもベンチャー企業のほう圧倒的に多いです。

しかし、これだけ名だたる企業からの逆オファーのチャンスを逃すのはもったいないですよね。

 

OfferBox(オファーボックス)にプロフィールを入力した人のオファー受診率は93.6%なので、100人いたら94人に企業からオファーが届きます。

 

登録したら、あとは「経済産業省」「資生堂」「マイクロソフト」「PwC」「みずほ証券」などからのオファーを待つだけです。

 

 

スポンサーリンク

OfferBox(オファーボックス)の参加企業は超大手企業もたくさん!

いかがでしたでしょうか。

 

OfferBox(オファーボックス)は、就活生179,000人、就活生の4人に1人が利用しています

 

また、利用者数は右肩上がりで急激に増えているので、近いうちに就活生の3人に1人、2人に1人という数字に変わっていくでしょう。

 

さらに、OfferBox(オファーボックス)は新時代の就活として、世間から高く評価されています

OfferBox(オファーボックス)がおすすめな理由
東洋経済オンラインへの掲載実績:『就活生の新常識「OfferBox」を知っていますか?
経済産業省が2021年卒の学生からOfferBoxを利用することを発表
大学生協がおすすめ

30秒で登録できて、企業からのラブレターを待つだけなので、登録しないと損です。

 

「経済産業省」「資生堂」「マイクロソフト」「PwC」「みずほ証券」などの超大手企業や、いままで知らなかった新しい出会いもあるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました