【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

Fラン理系の就職は?文系より有利と言われる7つの理由

Fラン理系の就職は?文系より有利と言われる7つの理由新卒就活
  • 「Fランの理系です。就職できるか心配です」
  • 「Fランの理系は、文系より就職で有利ですか?」
  • 「Fランの理系が就職で成功する秘訣を知りたいです」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ Fラン理系の就職が文系より有利な7つの理由
この記事を読んで得られること
✓ Fラン理系が文系より就職で有利な理由がわかる
✓ Fラン理系の就職を成功させるポイントがわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,400名以上の院試(就活)サークルを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

Fラン理系は就職できる?

  • 「Fランで理系です。就職できるか不安です…」

あなたも、このような悩みを抱えていないでしょうか?

 

先輩が就活で惨敗する姿をたくさん見てきた。

Fランは書類選考でほとんど落とされるという噂を聞いた。

 

このように、就職や将来のことが心配になることもありますよね

 

Fランでも東証一部上場企業に就職する人もいる!

Fラン大学の就職先で多い仕事
① その県や地域の地元の企業
② 梱包、ライン工などの単純作業
③ 工事現場、引っ越し業などの重労働作業
④ 飲食などのサービス業

ただし、中には「東証一部上場の企業」「地方銀行」「大手保険会社」「公務員」などに就職する人もいます。

👉【Fラン大学でも就職できる】実態~成功の秘訣まで全て教えます

 

私もメンバー800名以上の大学生中心のサークルを運営しているので、就活の相談をよく受けます。

そして実際に、東証一部上場企業から内定をもらった人も知っています。

 

Fランの就職は周りに流されないことが大切!

ただ、誰でも一流企業から内定をもらえるわけではありません。

高学歴、Fラン関係なく、努力をしなければ就活全落ちもありえます。

 

Fランで就活成功するために最も大切なのは、周りに流されないことです

流されると、ろくに就活をしないまま大学4年生になってしまいます。

危機感を持ち、自分の意思で計画的に就活を進めましょう。

 

周りに流されず努力できれば、就活を成功させることができます。

 

スポンサーリンク

Fラン理系の就職が文系より有利な7つの理由

Fラン理系の就職が文系より有利な7つの理由

 

理系は、文系より就職で有利と言われています。

文系より理系の方が就職率が高いというデータもいくつもあります。

 

しかし、就活は結局その人次第。

理系であることを活かせなければ、当然、文系より不利になることもあります。

 

理系の就職が文系より有利な理由は7つあります。

Fラン理系の就職が文系より有利な7つの理由
① 「理系→文系職」はできるが、逆はできない
② 希少性の優位がある
③ 学科推薦を利用できる
④ 教授のコネクションを利用できる
⑤ 即戦力となる専門知識を有している
⑥ 資格を取得しているケースが多い
⑦ 大学院でさらに専門知識を深めることもできる

就職のポイントも合わせて紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

 

理由①:「理系→文系職」はできるが、逆はできない

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の1つめは、「「理系→文系職」はできるが、逆はできない」です。

  • 「理系→専門職」:◯
  • 「理系→文系職」:◯
  • 「文系→専門職」:✕
  • 「文系→文系職」:◯

専門職につくか文系職につくかという選択だけでも、理系の方が選択肢は多いです。

 

ただ、「理系は専門職じゃないとダメだ」と思い込んでいる人も多いので、視野を狭めすぎないように注意しましょう。

Fラン理系就職のポイント①
何も考えず、専門職だけに絞らない。

 

理由②:希少性の優位がある

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の2つめは、「希少性の優位がある」です。

 

理系が文系就職をする場合、理系の学生は少ないため「なにもしなくても興味をもってもらえる」ことが多いです。

 

本来であれば、試行錯誤して興味をもってもらうところからスタートします。

しかし、理系にはそれが不要です。

 

代わりに、「なぜ理系なのに文系就職しているの?」という質問に、面接官が納得のいく答えを用意する必要があります。

👉【理系が文系就職する理由5選】面接での回答例文あり(超簡単)

 

Fラン理系就職のポイント②
文系就職でも、理系の優位を活かす。
👉理系の文系就職は有利?理系の5つの強み、3つの弱みを解説

 

理由③:学科推薦を利用できる

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の3つめは、「学科推薦を利用できる」です。

 

理系には学科推薦があります。

ただし、「工学系は学科推薦が多い。生物、化学系は学科推薦が少ない」などの差はあります。

 

もちろん、学科推薦なら100%内定がもらえるわけではありません。

しかし、Fラン大学でも、地元の東証一部上場企業の学科推薦があったりします。

学科推薦をフル活用すれば、就活を有利に進められるのは間違いありません。

Fラン理系就職のポイント③
学科推薦は必ずチェックしておく。

 

理由④:教授のコネクションを利用できる

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の4つめは、「教授のコネクションを利用できる」です。

 

理系は専門性が高いため、教授・研究室と企業の間にコネクションがあることが多いです。

 

私の知っているケースでは、以下のように教授のコネが使われていました。

  • 締切が過ぎた企業にねじ込む
  • 院生しか募集していない企業に学部生を入れる

研究室によっては、就活をかなり有利に進められます。

Fラン理系就職のポイント④
教授のコネでも使えるものは何でも使う。

 

理由⑤:即戦力となる専門知識を有している

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の5つめは、「即戦力となる専門知識を有している」です。

 

「自身の専門分野と同じ」という条件付きですが、理系の学生は即戦力となる専門知識を有していることが多いです。

 

文系の場合はみんな横並びでスタートします。

しかし、専門知識を有している理系はスタート地点ですでに有利です。

 

また、専門職への就職は母数が少ないので、必然的に内定率も高くなります。

ただ、専門職ならどこでもというわけではなく、先程も述べたように「自身の専門分野と同じ」という前提条件がつきます。

Fラン理系就職のポイント⑤
専門知識を活かせる企業を探す。

 

理由⑥:資格を取得しているケースが多い

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の6つめは、「資格を取得しているケースが多い」です。

 

「今から資格をとっとかないと就職できないぞ」

Fラン理系の学生は、就職活動のために「基本情報技術者」などの資格をとるように推奨される(脅される)そうです。(実際にサークルの学生複数名から聞いた話です)

 

資格が業務に直結する企業で有利になるだけではありません。

資格を持っていると、Fランでも勉強ができるというアピールにもなります。

Fラン理系就職のポイント⑥
資格取得を怠らない。

 

理由⑦:大学院でさらに専門知識を深めることもできる

Fラン理系の就職が文系より有利な理由の7つめは、「大学院でさらに専門知識を深めることもできる」です。

 

学部生のときに就活がうまく行かなかったとしても、大学院に進学するという手があります。

理系の大学院では、さらに深い専門知識を身につけることができ、研究職へ就職できる可能性がより高くなります。

 

また、有名大学の大学院に進学することで、学歴というウィークポイントを無くすことも可能です。

周りに流されて大学院に進学するのではなく、将来のことをよく考え、進学か就職かを選ぶようにしましょう。

👉【大学卒業後、新卒で就職しない?】12の進路と選び方

Fラン理系就職のポイント⑦
大学院に進学するのも手段の1つだと覚えておく。

 

スポンサーリンク

Fラン理系は就職活動で選択肢がたくさんある

いかがでしたでしょうか。

 

Fラン理系の就職が文系より有利な7つの理由をおさらいします。

Fラン理系就職が文系より有利な7つの理由
① 「理系→文系職」はできるが、逆はできない
② 希少性の優位がある
③ 学科推薦を利用できる
④ 教授のコネクションを利用できる
⑤ 即戦力となる専門知識を有している
⑥ 資格を取得しているケースが多い
⑦ 大学院でさらに専門知識を深めることもできる

🔺Fラン理系の就職が有利な理由の詳細に戻る🔺

 

先輩が就活で惨敗する姿をたくさん見てきた。

Fランは書類選考で全部落とされるという噂を聞いた。

 

就活がうまくいかないのではと将来が不安になることもありますよね。

しかし、Fランでも就活で成功することができますし、理系にはたくさんの選択肢もあります

 

本記事で紹介した7つのポイントを参考に、ぜひ就活を成功させてください!

 

記事内で紹介したリンク、おすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました