【中退でも新卒就活可能】大学院中退者におすすめ就職サイト

スポンサーリンク
【中退でも新卒就活可能】大学院中退者におすすめ就職サイト 院試・就活
スポンサーリンク

大学院を中退したら就職できないの?

くろまあくと 【受験した大学院】
・東京大学大学院 工学系研究科 システム創生学専攻 【合格・進学】
・東京大学大学院 新領域創生科学研究科 国際協力学専攻 【合格】

大学院を中退しても、就職はできます。
しかも、第二新卒や転職扱いではなく、新卒扱いでの就活が可能です。

とはいえ、もちろん気をつけないといけないポイントがあり、募集要項に『既卒◯年以内』と書いている企業に限ります。

または、以下のように書かれている企業もあります。

募集要項
・2021年4月1日時点で、国内外の四年制以上の大学を卒業または大学院修士課程または博士課程を修了の方(既卒含む
・2021年4月1日に入社可能な方

嬉しいことに、日系企業のほとんどは『卒業見込み』だけでなく、『卒業済み』の方も新卒採用に応募できます。

そのため、大学院に中退したからといって、就職で困ることはほとんどありません。

ちなみに私は、東京大学大学院を1年で中退し、そのまま就職しています。
「なんで大学院を辞めたのか」と納得させる説明ができれば、むしろ興味を持ってもらえ、就活を有利にすすめることさえできます。

実際に私は、一切不自由なく第一希望の企業を含む、多くの会社から内定をいただきました。

本記事では、大学院中退者(中退予定者)が登録するべき就活サイトを紹介します!
ぜひ最後まで読んで下さい!

スポンサーリンク

大学院中退者(中退予定者)が就活サイトに登録するメリット

成功, ビジネス女性, キャリア, ジャンプ, リスク, 達する, 仕事, 飛躍, ビジネス, コンセプト

就活は一人でやるよりも、就活サイトのサービスやサポートを使い倒したほうがいい情報を入手でき、就活経験も早く積むことができます
ちなみに、『全て無料で利用できます。

例えば、就活のサービスやサポートを使うメリットは以下のようなものがあります。

就活サービス・サポートをつかう10のメリット
① 早期内定が手に入る
② LINEで手軽に選考会に応募できる
③ 選考をスキップすることができる
④ ES・自己分析・面接対策をしてもらえる
⑤ 就活のプロに就職のサポートをしてもらえる
⑥ 自分一人では手に入らない就活情報が手に入る
⑦ 1度の選考で複数の企業から面談Offerがもらえる
⑧ メンターがついて、いつでも就活の悩みを相談できる
⑨ 学生側ではなく、企業側からアプローチしてもらえる
圧倒的な自己分析、ES、GW(グループワーク)、面接の経験がつめる

私は、大学3年生のときと修士1年生のときと2回就職活動を行っていますが、このような就活サービス・サポートがあると知ったのは大学3年生も終わりに近づいた時期だったので、「もっと早く知りたかった」と後悔しました。

修士1年生のときの就活では就活サイトにいくつも登録し、就活のプロに相談したり、選考イベントに参加したりしましたが、圧倒的にチャンスが広がります

私が大学院中退したにも関わらず、一切不自由なく就活し、第一志望の企業を含むたくさんの会社から内定をいただけたのも、就職サービスやサポートを利用しまくったからだと思っています。

それでは早速、大学院中退者(中退予定者)が活用するべき就職サイトを見ていきましょう!

スポンサーリンク

おすすめの第二新卒・既卒就活サイト

大学院中退者のメリットの一つとして、新卒用の就職サイトだけでなく、第二新卒・既卒用の就職サイトも利用できる点が挙げられます

新卒用就職サイトよりも、時間をかけて丁寧にサポートをしてくれるので、使えるものはどんどん使って、就職を有利に進めていきましょう

ウズキャリ

既卒・第二新卒を徹底サポート ウズキャリ

就職内定率86%! ウズキャリ

ウズキャリの特徴
・就職内定率86%!
・一人あたり平均20時間以上の徹底サポート
・キャリアカウンセラーの9割が既卒・第二新卒
・地方の人でも、Skype面談、電話面談の実施が可能

ウズキャリは、キャリアカウンセラーの9割が既卒や第二新卒なので、大学院中退後でも中退しようとしているところでも、ものすごく親身に相談に載ってくれます。

  • 「本当に就職できるか不安」
  • 「何からはじめたら良いかわからない」
  • 「どんな企業が自分に合うか分からない」

このような疑問をプロに相談するだけで、就活は簡単に前に進むことができます。

自分一人で悩んでいても、時間を無駄にしてしまうだけですし、就活サイトは無料で使えるのでどんどん就活サポートを活用していきましょう。

以下のようにいくつかの選択肢をポチポチ選んでいくだけですので、30秒で簡単に無料登録ができます!

ウズキャリ 30秒簡単無料登録フォームの例

就職内定率86%! ウズキャリ

DYM就職

既卒・第二新卒・フリータの就職に! DYM就職

第二新卒・既卒に強い! DYM就職

DYM就職の特徴
・イベント来場者の就職率は驚異の96%!
・第二新卒・既卒に強い
・最短1週間のスピード入社
・就職できるまで二人三脚で進められる

DYM就職は第二新卒や既卒に強いです。
『東京』『横浜』『池袋』『秋葉原』『立川』『千葉』『大宮』『札幌』『仙台』『金沢』『名古屋』『大阪』『京都』『神戸』『四日市』『松山』『岡山』『広島』『福岡』『熊本』など、面談可能な地域が多いので、いち早く就活の不安を解消したい方はすぐに相談できるのがいいですね

相談からの就職率が96%で、20人中19人以上の方が就職できています

以下の簡単な必要事項を入力するだけなので、60秒で登録可能なのも魅力です。
大学院中退予定の方は、最終学歴『大学卒』、現在の状況『現在学生で就職活動中』になります。

今日、明日ですぐに就職の悩みを相談できます。

DYM就職申し込みフォーム例

第二新卒・既卒に強い! DYM就職

第二新卒エージェントneo

既卒・フリーターでも就職できる!第二新卒エージェントネオ

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

第二新卒エージェントneoの特徴
・就職転職相談しやすさNo.1
・面接対策満足度No.1
・就職転職満足度No.1
・初回最大2時間の面談が可能

「就職転職相談しやすさ」「面接対策満足度」「就職転職満足度」でNo.1(日本マーケティング機構調べ)をとっているので、絶対に相談したい就活サイトです。

とはいえ、視野や選択肢を狭めないためにも、いろいろな就活サイトの担当者にサポートをしてもらうのが一番後悔しない就活ができると思います

第二新卒エージェントNEOは、1人あたり平均10時間のサポートをしてくれます。
また、入社前だけではなく、入社後もキャリアコンサルタントが相談にのってくれるので安心です

こちらも以下の項目を入力するだけで簡単30秒登録が可能です。
その後、すぐにキャリアコンサルタントに相談することができます

DYM就職申し込みフォーム例
第二新卒エージェントNEO申し込みフォーム

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

※おすすめ就活サイトは今後もどんどん追加予定です

スポンサーリンク

おすすめの新卒就活サイト

新卒用の就職サイトは、卒業見込み者のみが対象のものもあります。
だからといって、既卒用のサイトだけに登録するのでは情報を得る機会を逃しているようなものですので、とりあえず相談してみるのがおすすめです。

私も、大学院時代にいくつかの新卒用サイトを利用しましたが、ものすごい丁寧に卒業見込者と変わらない対応をしてくださいました。

自分の可能性を狭めないためにも、どんどん就活サイトを活用し、多角的な視点からアドバイスをもらいましょう!

新卒用のおすすめの就活サイトは、以下の記事にまとめているので、こちらをご覧ください。

  • 『LINEで手軽に就活できるサイト』
  • 『プロフィールを書いて企業からオファーが来るサイト』
  • 『適性診断AnalyzeU+を無料で受けることができるサイト』

など、チェックしておくべきサイトが満載です。

スポンサーリンク

まとめ:大学院を中退しても、希望の就職先から内定をもらうことは可能

いかがでしたでしょうか。

  • 研究内容が自分に合わなかった
  • 将来やりたいことが見つかった
  • 家庭の事情ですぐに就職する必要がある

このように、大学院を中退しようと考えている人は意外と多いです。

「大学院を中退しても就職できるの?」
「大学院を中退したら新卒扱いにならないの?」

大学院を中退しても、希望する企業に就職可能ですし、新卒扱いで入社可能です。

実際に入社してみるとわかりますが、大学受験・就職とストレートに入社している人は思っているより少ないです。
私が勤めている会社でも、3つ上、4つ上の新卒同期入社の人がたくさんいました

大学院を中退しても、就職浪人をしても、長い人生からしてみたら些末で、全く気にする必要のない問題です。

まずは、目の前の就活を大成功させるために、使える就活サイトはどんどん使い倒していきましょう。

既卒・第二新卒用就活サイトまとめ

① 就職内定率86% ウズキャリ

就職内定率86%! ウズキャリ

キャリアカウンセラーの9割が既卒や第二新卒なのが特徴です。
就活の悩みを親身になて相談にのってくれるので、まずは疑問や不安の解消のために相談してみましょう。

1人あたりの平均20時間以上と、徹底的にサポートしてくれます。

② 第二新卒・既卒に強い! DYM就職

第二新卒・既卒に強い! DYM就職

DYM就職は第二新卒・既卒に強いです。
「大学院を中退して就職するか悩んでいる」「就職する決意が固まった」人は、まずは情報収集に面談するのがおすすめです。

一人で悩んでも就活は進まないので、いろいろなサイトからプロに相談しまくるのが就活を成功させるコツです。
義理立てて、一つのサイトしか使わないというのは、自分の選択肢を狭めることにつながってしまうので注意しましょう

③ 就職転職相談しやすさNo.1 第二新卒エージェントneo

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

「就職転職相談しやすさ」「面接対策満足度」「就職転職満足度」でNo.1(日本マーケティング機構調べ)なので、とりあえず相談しておいて損はないです。

入社後も相談にのってくれるので安心です

新卒用就活サイトまとめ

① LINEで簡単就活 digmee

LINEで就活【digmee】

『Goldman Sachs』『Google』『dentsu』『リクルート』『LINE』など、実績がえげつないです。
しかも、ラインで友達登録するだけで利用できる、最強のツールです。
登録しなければ、ただただ損するサービスです。

② 特別選考スカウトがもらえる キミスカ

キミスカでスカウトを獲得!

就職コンサルタントから、自己分析、ES添削、面接対策まで徹底サポートを受けることができるのが一番の魅力です。

無料でプロの個別サポートを受けられるのですから、かなり有利になります。
どんどん使い倒してやりましょう。

③ 最短1週間で内定 キャリアパーク

特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント

専属のメンターのような方がついて、書類選考でも面接でも、わからないことをなんでも相談することができます。
また、大手グループや東証一部上昇企業、メガベンチャーなどの優良企業のみを紹介してくれるのも魅力です。また、登録も簡単です。

④ 就活生の4人に1人が使っている OfferBox

就活生の約4人に1人が登録!オファー型就活アプリOfferBox

適性診断AnalyzeU+を無料で受けることができます。
自己分析するのにかなり良いツールです。

また、93.6%の確率で企業からオファーが来るのも魅力ですね。

⑤ 就活生の5人に1人が使っている MeetsCompany

MeetsCompanyで早期内定をGetする

企業の社長や、人事部長が自ら参加する、内定直結イベントが開催されています。
名前、大学名、希望日を書くだけですぐにイベント参加可能です。

グループワークや面接の圧倒的な経験のためには欠かせないツールです。
また、早期内定も簡単に得ることができると思います。

ぜひ、就活サイトを使いこなして、就活を大成功させて下さい!

※新卒用の就活サイトの詳細はこちらです

【くろまあくと著のおすすめ書籍】
手間は最小。成果は最大。勉強効率を上げるテクニック満載です。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました