【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

【Fランは就職できない】と言われる5つの理由と5つの対策

【Fランは就職できない】と言われる5つの理由と5つの対策就活テクニック
  • 「Fランは就職できないと言われるけど本当?」
  • 「なぜ、Fランは就職できないと言われるの?」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ Fランは就職できないって本当?
✓ Fランは就職できないと言われる5つの理由
✓ Fランは就職できないを打破する5つの対策(理由別)

この記事を読んで得られること
✓ Fランで就職できないは嘘だとわかる
✓ Fランで就職するための対策がわかる

記事の信頼性
✓ メンバー1,400名以上の院試(就活)サークルを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

Fランは就職できないって本当?

  • 「Fランは就職できないって本当ですか?」

あなたも、このように疑問に感じたことはないでしょうか?

 

でも、先輩で就職している人はたくさんいるし…。

就職できないことはなさそうだけど…。

 

このように思いつつも、就活が不安になることはありますよね

 

正しくは、「Fランは”大手企業”に就職できない」

「Fランは就職できない」は、嘘です。

世間一般で言われている言葉は、正しくは「Fランは、”大手企業”に就職できない」です。

 

Fランでも、業種や企業の規模を選ばなければ、就職できます。

Fラン大学の就職先で多い仕事
① その県や地域の地元の企業
② 梱包、ライン工などの単純作業
③ 工事現場、引っ越し業などの重労働作業
④ 飲食などのサービス業

中には「東証一部上場の企業」「地方銀行」「大手保険会社」「公務員」などに就職する人もいます。

しかし、「10人に1人いるかどうか」だそうです。

 

Fランの就職先の実態が知りたい方は、【Fラン大学の就職先の実態は?】おすすめの企業も紹介!でまとめているので、合わせてご覧ください。

 

Fランから大手企業に入る人もいる!

くろまあくと
くろまあくと
  • 「私はメンバー1,000名以上の院試サークルを運営しています」
  • 「Fランから大手企業に入った人を何人か見てきたので、特徴を紹介します」

 

Fランから大手企業に入った人の3特徴
① 大学2,3年生から、就活に不安を感じていた
② 周りが活動していない時期から就活をしていた
③ 絶対就活を成功させるという強い意志をもっていた

 

とくに、「絶対に就活を成功させてやる!」という意志が桁外れでした。

大学2,3年生のうちに、相談のメールをもらい、就活を成功させるためにずっと行動し続けることができた人たちです。

 

Fランは、大手企業に就職できない

これも、正確にいうと”嘘”ということになります。

しかし、Fランから大手企業に就職するのは、「就職できない」と断言されるほど難しく、努力が必要であるということは覚えておきましょう。

 

就活は、学歴ではなく”人”次第

『高学歴ニート』『逆学歴フィルター』という言葉を知っていますか?

学歴が高くても、就活で1つも内定をもらえない人は山ほどいます。

👉高学歴で就職できない?逆学歴フィルターの3つの対策

 

一方で、Fランでも内定を獲得するばかりか、大手企業に入社する人もいます。

 

過程に差はあれど、結局『学歴が全てではない』ということ

就活は、結局はその人次第です。

 

学歴が高くても就活対策を怠れば失敗しますし、学歴が低くても就活対策をすれば成功できます。

 

本記事では、「Fランは就職できない」と言われる5つの理由と、対策を紹介します。

しっかりと読んで、就活対策を万全にしましょう。

それでは早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

Fランは就職できないと言われる5つの理由

Fランは就職できないと言われる5つの理由

 

Fランは就職できないと言われる5つの理由を紹介します。

Fランは就職できないと言われる5つの理由
① 学歴フィルターがある
② 結果を出せなかった人と評価される
③ 真面目に就活しない人が多い
④ 人は環境によってつくられる
⑤ 就活の情報が入ってこない

1つずつ見ていきます。

 

理由①:学歴フィルターがある

Fランは就職できないと言われる理由の1つめは、「学歴フィルターがある」です。

 

大手企業や有名企業にエントリーしても、Fラン大学の名前を書いているだけで選考に落とされてしまうことがあります。

また、「説明会に参加できない」といったこともおこります。

 

Fラン大学が就職で不利になる理由の1つです。

 

理由②:結果を出せなかった人と評価される

Fランは就職できないと言われる理由の2つめは、「結果を出せなかった人と評価される」です。

 

ビジネスは、かなりシビアな世界です。

会社は、結果を出せなければ倒産します。
「頑張った」「惜しかった」は、一切通じません。

 

Fランに通っている人は、「数年前の受験で結果を出せなかった人」という先入観をもってみられます

結果を出せない人ばかり雇ってしまう、いずれ会社は倒産し、大勢の従業員が路頭に迷うことになります。

新卒採用は、企業にとっても重大なイベントです。

 

そのため、ほとんどの企業は、頑張って結果を出した実績のある、高学歴の学生を優先的に採用します。

 

理由③:真面目に就活しない人が多い

Fランは就職できないと言われる理由の3つめは、「真面目に就活しない人が多い」です。

 

そもそも、Fランの学生は真面目に就活をしない人が多いです。

 

・4年生の6月になって、ようやく就活を始める人
・3年生のうちに就活の準備を一切しない人

Fランの学生では、このような学生がかなりの割合でいるそうです。

 

いくらポテンシャルが高くても、真面目に就活しなければ内定をもらうことは難しいです。

 

理由④:人は環境によってつくられる

Fランは就職できないと言われる理由の4つめは、「人は環境によってつくられる」です。

 

「人は友達5人の平均になる」

このことは、つるみの法則と呼ばれています。

 

友達がみんな就活していたら、自分も就活しますよね。

一方で、友達がみんな遊んでいたら、自分も遊びたくなってしまうでしょう。

 

人はかんたんに周囲に流されてしまいます。

大学生活で周りに流れ続けると、「就職できない」人になる可能性は高くなります

 

理由⑤:就活の情報が入ってこない

Fランは就職できないと言われる理由の5つめは、「就活の情報が入ってこない」です。

 

就活は、情報戦です。

  • 「A社なら、面接でこんなことを聞かれたよ」
  • 「今週末に、有名企業が集まる合同選考会があるよ」
  • 「就活サイトBを使って、大手から内定をもらったよ」

このような情報は、周りが真面目に就活していれば当然のように集まります。

 

そして、たった1つの情報のおかげで、内定をもらえることも少なくありません

 

Fランの学生は真面目に就活をしている人が少ないため、情報があまり入ってきません。

「情報が少ない」というのは、就活において圧倒的に不利になります。

 

スポンサーリンク

Fランは就職できないを打破する5つの対策(理由別)

Fランは就職できないを打破する5つの対策(理由別)

 

Fランは就職できないを打破する5つの対策(理由別)を紹介します。

Fラン就職できないを打破する5つの対策(理由別)
① 学歴フィルターがある
→学歴フィルターのかからない企業を選ぶ

② 結果を出せなかった人と評価される
→大学生活のうちに結果を出す

③ 真面目に就活しない人が多い
→早期に動き出す

④ 人は環境によってつくられる
→自分の意思で行動する

⑤ 就活の情報が入ってこない
→自分で動いて情報をキャッチする

1つずつ見ていきます。

 

対策①:学歴フィルターのかからない企業を選ぶ

【Fランは就職できないと言われる理由】
①:学歴フィルターがある

Fランは就職できないを打破する対策の1つめは、「学歴フィルターのかからない企業を選ぶ」です。

 

学歴フィルターがあるかないかを完璧に判断することはできません。

しかし、推測することはできます。

例えば、大手企業は学歴フィルターのある企業が多く、中小企業は学歴フィルターのない企業が多いです。

 

大手企業で学歴フィルターのない企業は、【Fラン大学の就職先の実態は?】おすすめの企業も紹介!で紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

対策②:大学生活のうちに結果を出す

【Fランは就職できないと言われる理由】
②:結果を出せなかった人と評価される

Fランは就職できないを打破する対策の2つめは、「大学生活のうちに結果を出す」です。

 

受験で結果を出せなかった人と評価されるのであれば、大学生のうちにその評価を変える結果を出すしかありません

例えば、以下のようなものがあります。

・資格をとる
・TOEICの勉強をする
・インターンに参加する
・海外の大学に編入する
・WEBテストの対策をする

「この学生は違うぞ」と思わせるように、大学生活で結果を出しましょう。

 

対策③:早期に動き出す

【Fランは就職できないと言われる理由】
③:真面目に就活しない人が多い

Fランは就職できないを打破する対策の3つめは、「早期に動き出す」です。

 

『周りに合わせていたら出遅れる』という前提で行動しましょう。

大学2,3年生でインターンに参加するのもそうですが、早期選考をしている企業も見逃さないようにしましょう。

就活は経験が100%なので、早期に動き出せればかなり有利になります。

👉【裏技】就活は『経験』が100%!超簡単に内定を大量獲得する方法

 

対策④:自分の意思で行動する

【Fランは就職できないと言われる理由】
④:人は環境によってつくられる

Fランは就職できないを打破する対策の4つめは、「自分の意思で行動する」です。

 

周りに合わせるのはいいですが、流されないようにしましょう。

流されたら、大学で結果を残すこともできず、就活も出遅れてしまいます。

 

「流されない」のはかなりの意志力が必要です。

そこで、「優秀だと思う友達をたくさんつくる」のもおすすめです。

就活意識の高い友達を作るためには、早期から実施している就活イベントや合同選考会に参加しましょう。

選考免除パスをGETできるチャンスも増えるので、一石二鳥です。

 

就活イベントや合同選考会の情報は、以下の便利ツールを利用して手に入れましょう。(無料)

【digmee】(友だち追加するだけ!ラインで簡単就活)
参加者内定率96%のMeetsCompany(就活生の5人に1人が利用)
合同選考会の詳細は、こちらで解説しています。

👉digmee合同選考会の評判や服装は?3種類の選考会や流れも解説

 

対策⑤:自分で動いて情報をキャッチする

【Fランは就職できないと言われる理由】
⑤:就活の情報が入ってこない

Fランは就職できないを打破する対策の5つめは、「自分で動いて情報をキャッチする」です。

 

Fランの学生は、高学歴の学生が当たり前のように入ってくる就活情報が入ってきません。

就活は情報戦なので、かなり不利です。

 

不利な状況を打破するには、自ら動いて情報を集めるしかありません。

利用できるツールは全て利用し、情報戦を制しましょう

 

情報を逃さないために、おすすめの就活サイト、ツールをまとめます。

第1位 「就活生の4人に1人が利用!大学生協もおすすめ」

【就活生の4人に1人が利用!大学生協オススメの新時代の就活サイト】

✓ 大学生協がオススメ
✓ 大手企業からオファーがもらえる
✓ 日産自動車、JCBなど6,360社以上が利用
✓ 経済産業省、資生堂、マイクロソフトが利用

第2位 「AIマッチングで将来辛くならない就活」

【将来辛い思いをしたくない人におすすめ】

✓ 内定率は91.6%
✓ 最短2週間のスピード内定
✓ 入社後の早期離職率は驚異の0.1%
✓ 1,000社から3,4社を厳選紹介(AIマッチング)

第3位 「内定にもっとも近い就活をするなら」

【内定にもっとも近い就活!プラチナスカウトが魅力】

✓ 企業からスカウトがもらえる
✓ 最も内定に近い就活ができる
✓ 超優良レベルの適性診断が無料
✓ いきなり役員面接のスカウトあり

自ら動けば、就活を成功させられる可能性は高くなります。

 

スポンサーリンク

Fランは就職できないを打破して、就活を成功させよう

いかがでしたでしょうか。

 

Fランは就職できないと言われる5つの理由と対策をおさらいします。

Fラン就職できないを打破する5つの理由と対策
① 学歴フィルターがある
→学歴フィルターのかからない企業を選ぶ

② 結果を出せなかった人と評価される
→大学生活のうちに結果を出す

③ 真面目に就活しない人が多い
→早期に動き出す

④ 人は環境によってつくられる
→自分の意思で行動する

⑤ 就活の情報が入ってこない
→自分で動いて情報をキャッチする

🔺Fランは就職できない5つの理由に戻る🔺

 

Fランで就職できないって本当?

Fランで就職を成功させたい場合はどうすればいいの?

 

このように、就活が不安になることもありますよね

 

就活は、学歴じゃなくて人で決まります。

しかし、Fランで就活を成功させるためには人一倍努力をする必要があります。

「Fランで就職できない」を打破する5つの対策を実践し、ぜひ就活を成功させて下さい!

 

記事内で紹介したリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました