\ 重版出来 /「東大院生が実践した超ショートカット勉強法/大和出版」内容はこちら!

【書評43】勉強のルール「勉強が好きになった!と話題」

勉強の質を高める
こんな人にオススメ
  • 勉強が嫌い
  • 勉強が苦手
  • 勉強ができない
  • 勉強で成果出せない
スポンサーリンク

「どんな本?」

この本は、勉強ができない人、苦手な人のための勉強のルールを教えてくれる本です。

著書の浜口直太さんは、国際経営・起業コンサルタントです。株式会社JCI代表取締役会長兼社長でもあります。
高校も卒業できない言われながら卒業し、大学もどうにか入れてもらうほど勉強がずっと苦手だったそうです。

さらに世の中に出回っている勉強法の本を実践してみても、出すのは結果ではなく、「筆者とはあまりにも違いすぎてだめだこりゃ・・・」という感想ばかり。

そんな中、本当に必要なのは、マジックのような勉強法ではなく、ちょっとした工夫や努力であることに気づいたそうです。
そのことに気づいてから著書の人生は大きく変わりました。

それでは早速、「著書の人生を変えた勉強のルール」をみていきましょう。

スポンサーリンク

3つの「そうなんだ!」ポイント

「そうなんだ!ポイント」
  1. 人よりいい結果を出したいのであれば、圧倒的に努力する
  2. テレビの見方を変える
  3. 大きな机を使用する

1. 人よりいい結果を出したいのであれば、圧倒的に努力する

「そんなこといったら元も子もないじゃん!」

と思う人もいると思いますが、これは一つの真理です。

浜口さんは、大手国際経営・コンサルティング会社時代の上司に、「努力しているのに、他人以上の結果が出せない」と弱音を吐いたときに次のようなことを言われたそうです。

「努力しているのは君だけじゃないよ。むしろ皆一生懸命努力している。
他人と同じ程度の努力をしていて、どうして他人よりいい結果が出る?
人よりいい結果を出したいのなら、人が驚くような『圧倒的努力』をし続けなければ。
これぞ、原因と結果の法則だよ」

他人と同じ程度の努力をしていて、どうして他人よりいい結果が出る?

浜口さんは、この言葉を聞いてから、周りより1.5倍、2倍の「圧倒的努力」を続けるようになったそうです。

効率を追求することも含めた、圧倒的努力をしましょう。

もしあなたが、周りの何倍もの圧倒的努力をすれば、仕事で一歩抜きん出た結果を出すことも、周りが驚く一流の大学に合格することもできるでしょう。

つい忘れてしまいがちですが、周りも努力しています。
「人の何倍も努力しているか?」と頻繁に重重問いかけるようにしましょう。

2. テレビの見方を変える

テレビは感動とやる気がもらえる勉強には欠かせないツールである」と浜口さんは述べています。

「テレビは勉強の邪魔だ!」
というような話はよく聞きますね。
実際に私も、東大生の集まりでそのような話を聞いたことがありますし、いくつもの書籍で同じように主張しているのをよく見かけます。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

「テレビ=悪」なのではなく、目的もなくテレビをみることが良くないのだと本書では主張しています。

「なぜ、その番組は人気を得ているのか?」
「なぜ、その女優を起用しているのか?」
「自分だったらどのように作り変えるか?」

このように考えることで、情報収集以外にもマーケティング能力の訓練にもなります

なんとなくだらだらとテレビを見ている時間は、確かに時間の浪費です。
要するに、時間の無駄です。

気分転換のため。現実逃避するため。
個人的には、このような理由でも構わないと思っています。

テレビは何時間も観続けることができてしまいます。
だからこそ、テレビを観るときはなんとなく観るのではなく、目的を意識するようにしましょう。

3. 大きな机を使用する

これは、勉強や仕事におけるツールの活用方法です。

仕事術や勉強法の本は世の中にたくさん出回っていますが、机の大きさに焦点を当てているのは珍しいと思います。

個人的には、使用する可能性のある参考書やノートなども、一度に見てすぐにとれるようにしたいので、それらを置けるくらいの机の大きさがあったほうが良いと思います。

しかし、注意してほしいことがあります。

それは、勉強に関係ないものは机の上に置かないということです。

スマホはもちろんのこと、今の勉強や仕事には関係のない参考書なども引き出しの中やカバンにしまっておきましょう。

スマホを例にとってみるとよくわかりますが、集中しているときにメッセージの通知などで画面が光ると、どうしても気が散ってしまうでしょう。

著書の浜口さんも、大きな机で勉強をすると、長時間勉強していても疲れず、かなりはかどるのだと述べています。

仕事や勉強をするときは、ぜひ大きな机を選ぶということも意識してみてください。

「ポイントおさらい」
  1. 人よりいい結果を出したいのであれば、圧倒的に努力する
  2. テレビの見方を変える
  3. 大きな机を使用する
スポンサーリンク

まとめ

本書は、勉強ができない人のための、勉強のルールを学ぶことができる一冊です。

本書では70のルールが紹介されていますが、全てのルールがあなた自身にも当てはまるかといえばそうではないでしょう。

本書からは、細かなルールを学ぶというよりも、その姿勢を学ぶことが最も大切であると思います。

すなわち、仕事や勉強の効率を最大化させるための、環境やツールを含めた独自のルールを考え抜く姿勢です。

毎日勉強ばかりの受験生でも、ただ勉強するだけでなく、調子の善し悪しに影響を与えるエレメントを思考しながら勉強することで、「今日は全然勉強できなかった」「集中して勉強できなかった」という事態を未然に防ぐことができるでしょう。

それが成果や結果に影響を与えるとは言うまでもありません。

もしあなたが「昨日よりも効率のいい仕事(勉強)をするためにはどうしたらよいか」と日々問いかけることができれば、あなたの望むべき成果は必ず達成することができるはずです。

本書では、ここで紹介した以外にもたくさんの勉強のルールが記載されています。

興味がある方は、ぜひ、本書をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

「これは勉強に活かせる!」くろま式『あなたの人生を劇的に変える勉強のルール』から学ぶ勉強法

最後に、数々の勉強法の本を出版している私が、「読んだ本すべてを勉強に活かす」をテーマに、

「これは勉強に活かせる!」と思った内容をご紹介します。

『あなたの人生を劇的に変える勉強のルール』から学ぶ勉強法は、以下です。

本書から学ぶオススメ勉強法
  1. 「自分棚卸」勉強法

自分棚卸勉強法とは、自分の長所短所を正確に把握し、それを勉強に活かす方法です。

本書では、自分棚卸に関して次のように述べています。

「自分棚卸」とは、自分の将来のキャリアに照らし合わせて、自分の長所と短所を徹底的に明確にし、分析すること

これだと少し、範囲が寛すぎるので、私がここで提唱したい自分棚卸勉強法で棚卸しをするのは、もっと勉強に限定したものになります。

ほとんどの人は、自身の勉強能力を十分に把握できていません。

  • 得意科目:数学、化学
  • 苦手科目:英語、現代文

このような粗さでは把握できているでしょうが、もっと細か把握するように努めましょう。

  • Aさん「数学は得意だけど、三次連立方程式のグラフがイメージしづらくて、プラスマイナスの符号をケアレスミスしてしまうことが多い」
  • Bさん「英語の単語や熟語は十分覚えている。文章問題も時間があれば満点に近い点数を取れる理解力はあるが、制限時間が短いと最後まで解き終わることができない」

AさんやBさんのように、ここまで自分の能力を棚卸し、把握することができていれば、Aさんは高次連立方程式のグラフの理解、Bさんは英文の速読と、最短で結果を出すために最適な勉強を見極め、マネジメントすることが可能になります

「あいつより絶対多く勉強しているのに試験の点数でいつも負ける」

このような原因の一つに、自分の能力の棚卸しができているかどうか、そして勉強内容を自分なりにマネジメントできているかどうかが挙げられるでしょう。

自分の勉強能力を棚卸しするコツは、問題を解いたあとの復習を疎かにしないことです。

試験問題をたくさん解くだけで満足している人も多いですが、間違えた原因や不正解の傾向に無頓着のまま勉強を進めても、結果を出すまでに無駄な時間がかかってしまうでしょう。

最低でも2度同じような問題を間違えたら対策を考えること。
そして、その苦手問題を徹底的に対策し、得意問題に変えること。

これができれば、あなたも苦手な問題がどんどん得意問題に変わっていき、試験で合格点をとることもたやすくなると思います。

「なんとなく勉強する」というのが、やはりいちばん良くない勉強法です。

ぜひ、自分の勉強能力を適切に把握し、各時点で最適な勉強をマネジメントする「自分棚卸し勉強法」を実践してみてください

[著書名] あなたの人生を劇的に変える勉強のルール
[著書] 浜口直太
[出版社] あさ出版
[出版日] 2007/10/31
[項数] 224ページ
[目次]
はじめに
第1章 勉強の本質を知ることが初めの1歩
第2章 勉強する気になるルール
第3章 実践効果抜群のルール
第4章 強力な助っ人活用のルール
第5章 知っていると得するルール
第6章 時間最大活用のルール
第7章 人生が変わるルール

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました