【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

【就活が辛い、泣きたい】2度就活をした私が、伝えたい5つのこと

就活テクニック
  • 「就活が辛い。泣きたい。内定が1つもないです」
  • 「就活で失敗する気しかしなくて、毎日辛いです」
  • 「就活が辛いです。食事も喉を通りません」

本記事では、このような悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 「就活が辛い、泣きたい…」あなたに伝えたい5つのこと
この記事を読んで得られること
✓ 就活が辛い気持ちが減り、心が軽くなる
✓ 辛い、泣きたい就活を乗り越え、内定を貰う方法がわかる
 
スポンサーリンク

「就活が辛い、泣きたい…」これって私だけ?

  • 「就活が辛いです。選考に落ちまくり、泣きたいです」
  • 「両親や周囲からのプレッシャーがあり、就活が辛いです」
  • 「毎日泣きたいです。精神的に限界で、頑張れません」

あなたは、このように「就活が辛い。泣きたい」と思ったことはないでしょうか?

 

周りの学生と比較されるし、将来のことも考えないといけない。

両親のことを考えると、絶対に失敗できない…。

 

就活は、精神的にものすごく負担がかかりますよね

 

「就活が辛い、泣きたい」人も多い

説明会を入れると50社以上の会社を受けました。

先日最終選考まで残った会社に落とされ、もう泣きたいです。

精神的にも就活が辛いです。どうすればいいかわかりません。

まだ残っている会社はあるけど、絶対にダメだと思います。

面接でも萎縮してしまって、言いたいことの半分も言えません

就活が辛いですが、内定がないので辞めるわけにもいきません…。

 

私は、就活を2度経験しています。

大学生のときに1度。大学院生のときに1度です。

 

そのため、就活の辛さや、絶望も、人の2倍味わっています。

「就活が辛い、泣きたい」という気持ちも、痛いほどわかります

 

面接で思ったことが言えなかったり、自信があったのに落ちたり。

「もう就活なんて嫌だ。辛い。泣きたい」という気持ちになりますよね。

 

「就活が辛い、泣きたい」は、真面目すぎるのが原因かも…!

「就活が辛い、泣きたい」が完全に解決するのは、内定をもらい就活を辞めるときです。

 

ですが、「就活が辛い、泣きたい」を軽くすることは今すぐにできます。

 

どんな「辛い、泣きたい」ことでも、一生続くわけではありません。

就活を2回経験した私が、あなたに伝えたい5つのことを紹介していきます。

 
スポンサーリンク

「就活が辛い、泣きたい…」あなたに伝えたい5つのこと

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいこと

 

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことは、全部で5つあります。

【「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたい5つのこと
① 「就活が辛い、泣きたい」のは、1人だけじゃないよ
② 新卒で第一志望の企業に入れなくても、全く問題ないよ
③ 4年生の3月まで採用している企業はたくさんあるよ
④ 日本だけで、400万社以上の会社があるよ
⑤ 内定をもらいやすい、就活の方法があるよ

1つずつみていきます。

 

① 「就活が辛い、泣きたい」のは、1人だけじゃないよ

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことの1つ目は、「就活が辛い、泣きたいのは、1人だけじゃないよ」です。

 

  • 「自分ひとりだけ取り残されているようで辛い…」
  • 「周りの内定報告を聞くたびに、泣きたい気持ちになります…」

このように、「周りと比較して落ち込んでしまう」ことってありますよね。

 

実は、「就活が辛い、泣きたい」のはみんな同じです。

誰にでも、「辛い、泣きたい」ときがあります。

 

  • 「Aくんは、大手から内定をもらっていてズルい」

つい友達を妬んだり、比較して落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

でも、Aくんは100社受けて、99社に落とされたかもしれません。

みんな見えないところでは、「就活が辛い、泣きたい」と思いながら、それを隠しているだけです。

 

「就活が辛い、泣きたい」のは、あなた1人じゃありません。

どうしても辛いときは、勇気をだして友達に気持ちを吐き出してみましょう。

それ!すごいわかる!」と共感してもらえるかも知れません。

 

② 新卒で第一志望の企業に入れなくても、全く問題ないよ

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことの2つ目は、「新卒で第一志望の企業に入れなくても、全く問題ないよ」です。

 

  • 「就活で失敗したらと思うと、泣きたい気持ちになります」
  • 「いい企業に入れないと、両親に顔向けできない」

このように、就活で失敗したらと思うと、辛くて泣きたくなるときってありますよね。

 

私は社会に出て、ようやく気づきました。

新卒で第一志望の企業に入れなくても、いくらでも取り返せます

 

  • 「入社しようと思っていた企業が、入社直前に倒産しました」
  • 「働いてみたら、週6日勤務、残業月80時間超の超ブラック企業でした」

交友関係があまり広くない私でも、このような人はざらにいます。

もちろん、どちらも今は、別の会社で幸せに過ごしています。

 

昔の日本では、「一度入社したら身も心も全てその会社に捧げる」という風習がありました。

しかし今は、「転職しない人の方が珍しい」くらいです。

 

DIAMOND ONLINEでは、「2人に1人が転職する時代」という記事もあります。

 

新卒就活は、ただのイベントに過ぎません。

合わないと思ったら辞めればいいし、行きたい企業があったら転職すればいいだけです。

 

たとえ就活で失敗しても、いつでも取り返すことができます。

 

③ 4年生の3月まで採用している企業はたくさんあるよ

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことの3つ目は、「4年生の3月まで採用している企業はたくさんあるよ」です。

 

  • 「もう6月です。次の面接で落ちたら、他に残っている会社がありません」
  • 「周りはほとんど内定が決まりました。私は内定0で卒業かもしれません」

このように、なかなか内定が決まらないと、「もう時間がない」と焦ってしまいますよね。

 

しかし、4年生の3月まで採用している企業はたくさんあります。

6月で内定0でも、あと9ヶ月もあります。

 

ただし、1人で採用している企業を見つけるのは簡単ではありません。

本当に切羽詰まっているのであれば、JobSpringを活用しましょう。

最短2週間で内定をもらえる、出遅れ就活をプロがサポートしてくれるサービスです。(完全無料

出遅れ就活じゃなくても、大学3年生から利用できます。

 

しかし、就活に余裕がある方は、利用しなくてもOKです。

就活に出遅れても、プロがサポートしてくれるサービスがあることだけ知っておきましょう。

 

④ 日本だけで、400万社以上の会社があるよ

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことの4つ目は、「日本だけで、400万社以上の会社があるよ」です。

 

  • 「50社以上エントリーしたのに内定0です」
  • 「まだ残っている会社なんてあるのかな…?」

なんと、日本だけでも400万以上の会社が存在します。

 

つまり、50社に落ちたとしても、全体から見ると80,000分の1。

割合でいうと、0.00125%。

 

100社、200社から不採用でも、その何千倍、何万倍の会社が残っています。

また、何千、何万分の1から不採用だったとしても、そんな少数意見は気にする必要はありません。

 

必ずどこかに、あなたの活躍できる会社があります。

そして、いつか必ずそんな会社に出会うことができます。

 

⑤ 内定をもらいやすい、就活の方法があるよ

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたいことの5つ目は、「内定をもらいやすい、就活の方法があるよ」です。

 

就活生が通常行うのは、エントリー型の就活です。

はっきりいって、内定がもらいにくい就活です。

 

一方で、オファー型の就活があります。

全体の2分の1の賢い就活生が利用している、内定をもらいやすい就活です

エントリー型の就活と、オファー型の就活の流れを比較してみます。

 

エントリー型の就活の流れ
①「エントリー」
②「ES提出」
③「WEBテスト」
④「GW(グループワーク)、GD(グループディスカッション)」
⑤「面接(複数回)」
⑥「内定」
オファー型の就活の流れ
①「プロフィール入力 or イベントでグループワーク」
②「オファー」
③「面接(複数回)」
④「内定」

 

流れを見ればわかるように、オファー型の就活のほうが、圧倒的に内定がもらいやすいです。

 

オファー型の就活をするには、無料就活サイト(ツール)を利用しましょう。

 

就活サイト(ツール)では、「就活情報のキャッチ」「オファーの獲得」「就活サポートを受ける」などができます。

おすすめの就活サイト(ツール)を紹介します。
学生は完全無料です(就活サイトは、学生ではなく企業からお金をもらってるため)

 

特に、大学生協がおすすめしているツールや、ラインで就活できるツールはおすすめです。

 

第1位 「就活生の4人に1人が利用!大学生協もおすすめ」

【就活生の4人に1人が利用!大学生協オススメの新時代の就活サイト】

✓ 大学生協がオススメ
✓ 大手企業からオファーがもらえる
✓ 日産自動車、JCBなど6,360社以上が利用
✓ 経済産業省、資生堂、マイクロソフトが利用

第2位 「AIマッチングで将来辛くならない就活」

【将来辛い思いをしたくない人におすすめ】

✓ 内定率は91.6%
✓ 最短2週間のスピード内定
✓ 入社後の早期離職率は驚異の0.1%
✓ 1,000社から3,4社を厳選紹介(AIマッチング)

第3位 「内定にもっとも近い就活をするなら」

【内定にもっとも近い就活!プラチナスカウトが魅力】

✓ 企業からスカウトがもらえる
✓ 最も内定に近い就活ができる
✓ 超優良レベルの適性診断が無料
✓ いきなり役員面接のスカウトあり

 

OfferBoxは就活生の4人に1人。

参加者内定率96%のMeetsCompanyは就活生の5人に1人。

キミスカは、就活生の7人に1人が利用しています。

 

要するに、全体の2分の1の賢い就活生は、オファー型の就活をしているということ

内定をもらいやすいオファー型の就活なら、内定をGetするのも難しくありません。

 

迷ったらこちらを利用しましょう
就活生の4人に1人が利用
特徴:大学生協おすすめ、企業からオファーがもらえる
👉【OfferBox

② 友だち追加するだけ
特徴:ラインでできる、超お手軽の就活ツール
👉【digmee】

 

スポンサーリンク

「就活が辛い、泣きたい…」はゆっくりと乗り越えていきましょう!

いかがでしたでしょうか。

 

「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたい5つのことをおさらいします。

【「就活が辛い、泣きたい」あなたに伝えたい5つのこと
① 「就活が辛い、泣きたい」のは、1人だけじゃないよ
② 新卒で第一志望の企業に入れなくても、全く問題ないよ
③ 4年生の3月まで採用している企業はたくさんあるよ
④ 日本だけで、400万社以上の会社があるよ
⑤ 内定をもらいやすい、就活の方法があるよ

🔺5つの伝えたいことの詳細に戻る🔺

 

私も、就活が辛くて、泣きたくなったことがあります。

そのため、就活の大変さや絶望感は、痛いほどわかります

 

もしかしたら、就活が辛い人は、視野が狭くなっているだけかもしれません。

そのせいで、必要以上に自分にプレッシャーをかけているかもしれません。

 

就活が辛いのはみんな同じですし、新卒就活で失敗してもいつでも取り返すことができます。

 

焦らず、ゆっくりと、自分のペースで就活を進めていきましょう!

 

おすすめのリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました