ESCAPE超おすすめ"無料"就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

内定がもらえない原因7選!各原因別の対策も紹介!

内定がもらえない原因7選!各原因別の対策も紹介!就活テクニック
ESCAPE就活OPENCHAT
  • 「内定がもらえない・・・」
  • 「ESで落ちてしまうことが多い」
  • 「ESは通過するのに、面接が進まないことが多い」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 内定がもらえない原因と対策

この記事を読んで得られること
✓ 内定がもらえない原因が分かり、その対策ができる
記事の信頼性
✓ メンバー1,600名以上の東大院試(就活)サークルESCAPEを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

内定がなかなかもらえなくて焦っている人はいないでしょうか。

 

内定がもらえない人というのは、実は能力の問題ではなく、やり方が悪いからというケースが多いのです。

 

くろまあくと
くろまあくと

この記事では、内定がもらえない人のために、内定がもらえない原因と対策を徹底解説します。

 

スポンサーリンク

内定がもらえない原因と対策7選

内定がもらえない原因と対策7選を紹介していきます!

内定がもらえない原因①:理想が高すぎる

最初に紹介する内定がもらえない原因は、理想が高すぎる事です。

 

人気の高待遇で高収入の企業は当然ながら誰もが働いてみたい職場です。

 

このような人気企業は高学歴で、非常に優秀な学生達から優先的に採用されていきます。

 

高学歴の優秀な学生達との競争に打ち勝ち、内定をもらうのは至難の技で、就活を始めている段階ではもうどうしようもありません。

内定がもらえない対策①:競争率の低い企業も受けてみる

高学歴の優秀な人に対抗するには、それに匹敵するなにか資格や特技が無いといけませんが、なんとか今年度中に内定が欲しくて、就職したいと思っている段階では、残念ながらもうどうしようもありません。

 

人気の大企業に就職するために、進学を検討するというのもいいかもしれませんが、現実的には競争率の低い同じような職種の企業も受けてみる事をおすすめします。

 

大企業に新卒で入社することは無理だとしても、中小企業でしっかり力をつけて数年後にキャリアアップ転職すればいいのです。

 

少しでも学歴をよくするために大学院に進学することを考えている人もいるかもしれませんが、あまりおすすめは出来ません。

 

なぜなら進学すると学費などがかかってしまいますが、中小企業に就職すると、大企業へ転職出来るだけの力を付けながらお金をもらえます。

 

もちろん純粋に勉強したい場合は、大学院に進学したり、大学に入学し直しても良いのですが、学歴を良くして良いところに就職したいという考えであれば、中小企業でも就職した方が良いです。

 

大企業であっても初任給は中小企業と大差は無いので、大企業が難しい場合は中小企業からキャリア形成を始めましょう。

 

内定がもらえない原因②:やりたい事がはっきりしない

次に紹介する内定がもらえない原因は、やりたい事がはっきりしないという事です。

 

企業の面接官は、就活の時期になると毎年色々な人を見ており、人間観察の能力が優れています。

 

あまり仕事に対して意欲的ではなかったり、本当に働きたいと思っていなかったりすると、態度や受け答えから分かってしまいます。

 

企業としては、多少学歴が悪かったり、今の時点の能力が低くてもやる気のある人が欲しいものです。

内定がもらえない対策②:もう一度自分と向き合ってみよう

この事に対しての対策としては、もう一度自分自身に向き合ってみる必要があります。

 

内定が欲しいという事に焦って、手当たり次第エントリーはしていないでしょうか。

 

自分が好きな事や、やりたい事を、もう一度じっくり考えてみて、自分に合った企業を探してみましょう。

 

本当に働きたい職場であれば、面接官にもしっかり伝わるはずです。

 

内定がもらえない原因③:企業側のニーズとズレている

次に紹介する内定がもらえない原因は、企業側のニーズとズレている場合です。

 

よくあるケースとして、企業は男女の雇用機会を平等にしなければならないということで、男女問わずに募集しているのが普通です。

 

しかし、実際には例えば力仕事だと男性が良かったりとか、サービス業だと女性が良かったりします。

 

男女に関しての違いだけではなく、例えば理系でコンピューターについて学んできた人が、営業職に応募してきたら誰でも何故だろうと思いますよね。

 

もちろんその疑問に対して、明確な答えがあれば大学で専攻していたことと関係の無い職場に応募するのもありでしょう。

内定がもらえない対策③:どのような人を募集しているのか調べてみよう

この事に対しての対策としては、募集要項をしっかり読んだ上で、その企業がどのような会社なのかをよく調べておく必要があります。

 

ブランドイメージが定着している有名企業だと分かりやすいですが、実際には資本としては大企業で合っても業務用の商品を作っている会社だと、資本金の割には知名度が無い企業も多いです。

 

この企業はどのような業務をしている会社で、どのような人材を必要としているのかをしっかり把握しましょう。

 

企業側も、応募の際にある程度絞っておきたいので、当社ではこのような人材を募集していますと書いてくれています。

 

企業のニーズに合わせてエントリーシート内の文言なども変える必要があるでしょう。

原因④:基本的なマナーが出来ていない

次に紹介する内定がもらえない原因は、基本的なマナーが出来ていないという点です。

 

例えば身だしなみや、言葉遣いはもちろんのこと、ノックして入室して椅子に座るまでの所作など全てを見られています。

 

声が暗かったり、エントリーシートが手書きの場合は字が汚かったりするのもマイナス要因になります、

 

実際には基本的マナーが出来ていないということだけで、落とされるということはありませんが、マイナス要因にはなります。

 

面接官も人間ですので、ほんの些細なことで気分を害してしまい、普段なら通っていたところでも落とされてしまったという事もあるでしょう。

 

基本的なマナーが悪くても、他の要素で優れていたら内定をもらえる事もありますが、マナーをしっかりしていると有利なのは間違いない事です。

内定がもらえない対策④:服装・言葉遣い・ESを見直そう

基本的マナーに対しての対策としては、学校の先生など、周囲の大人に見てもらうのが一番です。

 

周囲にしっかりした大人がいない場合は、内定をもらえた友達でも大丈夫です。

 

意外と自分では気が付かない部分で、マナー違反をしてしまっているという事があるものです。

 

あとは正しい敬語の使い方なども、間違いやすいので、敬語の使い方をしっかりとおさらいしておきましょう。

 

例えば話し言葉の中で貴社と言ってしまってはいけませんし、謙譲語と尊敬語をしっかり使い分けるようにしましょう。

 

学校の先生に相談しても良いのですが、就職エージェントに相談すると確実です。

 

面接でよく使われる敬語の正しい使い方を指導してもらえます。

 

他にも面接時に気をつけなければならない、入室の仕方や、どんな服装や髪型が良いのかも丁寧に教えてもらえます。

 

内定がもらえない原因⑤:適性検査の対策が出来ていない

次に紹介する内定がもらえない原因は、適性検査の対策が出来ていないという点です。

 

よくあるのが、文章を制限時間以内にどれだけ打ち込むことが出来るかというテストや、業務で使う基本的な知識のチェックや、心理テストのようなものです。

 

面接で手応えがあって、エントリーシートも悪い点が見当たらなかったという場合は適性検査の得点が低かったということが考えられます。

 

内定がもらえない対策⑤:適性検査の対策をしっかりしよう

適性検査の対策としては、志望する企業の事をよく調べて、業務に関係ありそうな事はしっかり頭にいれておきましょう。

 

心理テストなどは、なかなか対策が難しいのですが、タイピングの速さなどは練習すると鍛える事は出来ます。

 

ヒマな時間はタイピングの練習をしておくと良いでしょう。

 

内定がもらえない原因⑥:面接の対策が出来ていない

次に紹介する内定がもらえない原因は、面接の対策が出来ていないという点です。

 

よくあるのが、テンプレートのような決まり文句を棒読みで言ってしまう事です。

 

プロの役者では無いのでなかなか難しいかもしれませんが、せめて抑揚を付けたりはするようにしましょう。

 

他には自己アピールがやりすぎて、態度がエラそうになってしまう事もあります。

 

逆に緊張のしすぎでガチガチになってしまう事もあり、面接にはしっかりとした対策とシミュレーションが必要です。

 

内定がもらえない対策⑥:面接の対策をしっかりしよう

面接の対策としてはとにかく場数をこなすしかありません。

 

友達同士だと緊張対策にはなりませんので、なるべく大人とする方が良いでしょう。

 

一番良いのは就職エージェントです。

 

転職エージェントと面接対策をしっかりして、面接の練習をしておきましょう。

 

他には、面接の時にテンプレートのような決まり文句の受け答えにはある程度寛容で、それ自体は問題ではありません。

 

問題なのはそこからさらに深く切り込まれた質問をされた時にいうまく答えられない時です。

 

就職エージェントとなら、よく聞かれる定番の質問の時に、こう答えたら、こういうところを深堀りされるという事を教えてくれます。

 

深堀りされた時にどう答えるかをしっかり対策が出来るのです。

 

他にもよく使われるやり方としては、本命の企業の面接に行く前に、練習として他の企業の面接に行くという事もよくやる人は昔からいます。

 

実際に内定が決まった企業は初めて面接に行ったところであるというケースはまれで、何度か面接に行って慣れてきた頃に内定が決まるということがよくあります。

 

最初のうちは少しでも魅力を感じた企業がいたら、積極的に応募してみると良いでしょう。

内定がもらえない原因⑦:質問の意図を理解していない

次に紹介する内定がもらえない原因は、質問の意図を理解していないという事です。

 

この事が原因であれば、自分ではちゃんと答えたと思っているので、自分では気がつきません。

 

どう考えても他に落とされた原因が分からないという時は、質問の意図と違う答えをしてしまったのではないかと考えていいでしょう。

 

例えば「学生時代に最も力を入れた事は何ですか?」という質問に対して「サークルです」とだけ答えたりはしていないでしょうか。

 

企業側の質問の意図としては、学生時代に力を入れた事を通じて何を学んだかなので、一言「サークルです」とだけ答えてしまっては質問の意図と外れた答えをしてしまっているということになります。

内定がもらえない対策⑦:よく聞かれる質問の意味についてじっくり考えよう

この事に対しての対策としては、企業はどんな質問をどんな意図で聞いてくるのかは事前には分からないので、採用する側の立場に立って考える事が必要です。

 

採用する側として、どんな人材が欲しくて、その人材かどうかを見抜くにはどういう質問をすればいいのかをじっくり考えてみましょう。

 

面接官が、あまり聞かれないような独自の質問をしてきたらどうしようもありませんが、よく聞かれる質問についての答えはあらかじめ考えておく事が出来ます。

 

例えば「学生時代がんばった事は何ですか」という質問の他には次のような事がよく聞かれます。

 

よく聞かれる質問①:「趣味は何ですか」

趣味は何ですかという質問で企業はその人が何に興味があるのかを見ぬこうとしています。

 

例えば保険の営業職を募集している企業で趣味はゲームだと答えると的外れな答えとなってしまいます。

 

しかし、一見関係ないように見えても、うまく会社の業務とかける事が出来れば問題ありません。

 

例えば趣味がゲームの場合、「最近はゲームしながら会話が出来るので、人とコミュニケーションを取る事が楽しいです」と言えば営業職に向いていることのアピールにもなります。

よく聞かれる質問②:「長所と短所を教えてください」

この質問の意図は客観的に自己分析出来ているか、企業の欲しい人材とマッチしているかです。

 

長所はすぐ言えると思いますが、短所は難しく感じる人もいるでしょう。

 

短所を正直に言って、致命的な欠点をアピールしてしまうことになりかねません。

 

短所はひっくり返して長所になるような事を言うのがいいでしょう。

 

例えば「我が強い」は「リーダーシップがある」という事になりますし、「流されやすい」は「協調性がある」という事になります。

 

「私の長所は協調性があるところですが、その反面、人に流されやすいところもあります」という風に長所と短所を連動させるといいでしょう。

よく聞かれる質問③:「あなたの強みを教えて下さい」

この質問はいわゆる自己PRというわけですが、企業が募集している部署とは関係の無い部分をアピールしてしまっては意味ありません。

 

例えば人と話すのが好きで、サークルでもみんなの意見をまとめて丸くおさめる事が出来るという自己PRを、パソコンの前で黙々と作業するプログラマーの募集をしている企業でやっても意味はありません。

 

よく聞かれる質問④:「志望動機は何ですか」

この質問は必ず聞かれる事ですが、企業としては志望動機を通じて、会社のことをよく理解しているのか、やる気があるのかを見ています。

 

正直に待遇が良いからだとか、家から近いなどということを言うのはやめた方が良いでしょう。

 

また、「興味があるから学んで将来に生かしたい」というような事も辞めることが前提となっているので言わない方が良いでしょう。

 

志望動機は自己PRも兼ねて、自分の能力が活かせると思ったというような内容にしておきましょう。

 

「自己紹介をしてください」

大体、面接の最初は自己紹介をして下さいということから始まります。

 

面接官は自己紹介を通じて、この志願者はどのような人なのか、会社で働く意欲があるのかを見ようとします。

 

自己紹介では、あまり長くなりすぎずにして、なおかつ自己PRや志望動機ともリンクするような内容であることが望ましいです。

 

また、話し方も重要で、目を見てハキハキと話すようにしましょう。

 

よく聞かれる質問⑤:「将来の夢はなんですか」

将来の夢について聞かれる事もあります。

 

この質問の意図はこの会社で将来どんな事をやっていきたいか、です。

 

よくある失敗例として、辞める前提で、志望先の会社で学んだ事を生かして将来独立したいとか、さらにステップアップしたいなどと言ってしまう事です。

 

アルバイトなどの、数年のうちに辞めるのがお互いに分かっているような仕事ならともかく、就職の場合は、基本的には終身雇用で定年退職まで働ける人を探しています。

 

本当の夢を語って、何年かしたら辞めるんだと思われてしまってはマイナス要因になります。

 

将来の夢について話す時は、必ず会社に在籍して出来る事で、会社にも利益がある事にしておきましょう。

 

例えば、就職先がスポーツ用品のメーカーであった場合、このメーカーの製品を外国に持っていき、その国にスポーツを広めたいなど会社の業務に関わることが望ましいです。

 

あくまで夢なので、現実に可能かどうかはあまり考える必要はなく、働くことへの意欲が伝われば問題ありません。

 

独立する事を夢にしても良いのですが、その場合は会社と良い取引が出来るビジネスパートナーになる可能性がある事も必ず言っておかなくてはなりません。

 

例えば先ほどの例でスポーツ用品のメーカーであった場合、バッティンングセンター併設の野球教室を開きたいなど、勤めていた会社と取引が出来るような話が良いでしょう。

 

くろまあくと
くろまあくと

これもあくまで夢なので、実現可能なことである必要はありません。

 

スポンサーリンク

就職エージェントに相談しよう

内定がもらえないことの原因と対策を一通り紹介しましたが、就職エージェントに相談すると、内定がもらえない原因と対策をしっかりしてくれるでしょう。

 

どうしても自分の何が悪いのか分からない場合は、就職エージェントに相談してみましょう。

 

就職エージェントは無料で利用出来るので、学校の先生や友達に相談するよりも確実な答えが返ってきます。

スポンサーリンク

内定がもらえない理由を知って、内定を勝ち取ろう!

このように内定がもらえない原因は色々とあります。

 

就職エージェントに相談すると安心ですが、そのためには自分の状況をしっかり把握して説明しなければなりません。

 

例えば面接の時の態度や言葉遣いなどは現場にいないと分かりません。

 

あとはなるべく質問に対してこう答えたという事も覚えておき、この質問に対してのこの答えはどうだったのかと相談してみる事も大事です。

 

くろまあくと
くろまあくと

就職エージェントに相談する前に、自分の状況を正確に把握しておきましょう。

 

また、就活の有益な情報は下記にまとめています。ぜひご活用ください。

【22卒はラストチャンス!】
エントリー就活
だけだと、
”内定の機会”50%も逃しています!

逆求人就活サイトはおすすめ3つだけ利用すればOK!
【おすすめ逆求人就活サイト3選】
・ OfferBox(オファーボックス)
・ dodaキャンパス
・ キミスカ

※プロフィールはコピーできるので、3つ全て利用するのがおすすめです
くろまあくと
くろまあくと
”23卒”にもおすすめ!
”今”登録すれば、”今日から”オファーが届きます!
【早期内定者獲得者続出!】使わないと損する逆求人就活サイト3選
第1位 「就活生の3人に1人が利用!大学生協もおすすめ」

【就活生の3人に1人が利用!大学生協オススメの新時代の就活サイト】

✓ 大学生協がオススメ
✓ 大手企業からオファーがもらえる
✓ 日産自動車、JCBなど6,550社以上が利用
✓ 経済産業省、資生堂、マイクロソフトが利用

第2位 「”6,200社”以上の企業が利用!」

【教育業界最大手のベネッセが運営】

✓ 就活生の5人に1人が利用
✓ 教育最大手のベネッセが運営
✓ 6,200社以上の企業が利用している
✓ プロフィールを入力してスカウトがもらえる

第3位 「内定にもっとも近い就活をするなら」

【内定にもっとも近い就活!プラチナスカウトが魅力】

✓ 企業からスカウトがもらえる
✓ 最も内定に近い就活ができる
✓ 超優良レベルの適性診断が無料
✓ いきなり役員面接のスカウトあり

就活テクニック
\記事タイトルとURLをコピーできます!/
必読記事
2223卒おすすめ就活サイト.ESCAPE就活OPENCHAT
ESCAPE Log くろまあくとの院試・就活ログ
タイトルとURLをコピーしました