ワンランク上の内定をもらう就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

【就活失敗(無い内定)の末路は?】留年・浪人→ニートの危険も

【就活失敗(無い内定)の末路は?】留年・浪人→ニートの危険も就活テクニック
  • 「就活失敗(無い内定)の末路ってやばいですか…?」
  • 「大学4年生ですが、無い内定です。就活失敗でしょうか?」
  • 「就活失敗しました。就活浪人や留年ってありですか?」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 就活失敗(無い内定)の末路
✓ 就職浪人、就職留年のメリット・デメリット
✓ 就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法
この記事を読んで得られること
✓ 就活失敗(無い内定)を回避する方法がわかる
✓ 就活失敗(無い内定)で卒業後にやることがわかる
✓ 就活を成功させる、内定をもらうコツがわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,500名以上の東大院試(就活)サークルESCAPEを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

就活失敗(無い内定)の末路は?

  • 「就活失敗しそうです…」
  • 「無い内定のまま卒業になりそうです」
  • 「就活失敗(無い内定)を回避したいです」

あなたは、このような就活失敗の不安や、無い内定の悩みを抱えていませんか?

 

就活失敗して卒業してしまったときのことを考えて憂鬱になったり。

自分だけ無い内定なのを気にして自信をなくしたり。

 

「就活失敗するかも」「無い内定のまま卒業かも」と将来が不安になることってありますよね

 

就活失敗(無い内定)の末路を想像し、不安になる人も多い

就活失敗しました。大学4年生なのに無い内定です。

どんどん自分に自信がなくなっていきます。

将来どうなってしまうのか不安で眠れません。

就活失敗しました。もう人生終わりです。

周りは大手に内定をもらっているのに自分だけ無い内定。

もう終わりです…。

 

私は就活を2回経験しています。

周りから取り残されていく不安、就活失敗の恐怖は痛いほどわかります

 

就活失敗(無い内定)の末路はフリータ?ニート?

就活失敗(無い内定)の人は、大きく2つの進路をとります。

就活失敗(無い内定)の末路①
① 就職浪人
② 就職留年
 

しかし、就職浪人や就職留年をすると、就活の難易度は高くなります。

そして、さらに先の末路が近づきます。

就活失敗(無い内定)の末路②
③ フリーター
④ ニート

 

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路は防げる!

  • 「就活失敗してニートになった人を知っています…」
  • 「私も同じになるのかと思うと不安です…」

 

安心してください。

 

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路は防ぐことができます。

大切なのは、以下の2つです。

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法
① 就職浪人、就職留年を防ぐ
② 就職浪人、就職留年を繰り返さない

 

まずは、就職浪人、就職留年のメリット・デメリットを確認しましょう。

その後、就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ方法を紹介していきます。

 
スポンサーリンク

就職浪人、就職留年のメリット・デメリット

就職浪人、就職留年のメリット・デメリット

 

就活失敗(無い内定)の方は、就職浪人や就職留年を視野に入れている人も多いですよね。

まずは、就職浪人、就職留年のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

就職浪人のメリット・デメリット

 メリットデメリット
就職浪人① 学費がかからない① 新卒の利点を失う
自由な時間が増える② 就活に落ちた人という先入観を持たれる
1度落ちた企業に再チャレンジできる企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)
④ 採用の基準が上がる

※太字は就職留年と共通のメリット・デメリット

 

それでは、1つずつ簡単に見ていきます。

 

就職浪人のメリット① 学費がかからない

就活失敗(無い内定)で就職浪人する1つ目のメリットは、「学費がかからない」です。

 

就職留年の場合は1年分余分に学費がかかります。

しかし、就職浪人の場合は学費がかかりません。

 

就職浪人のメリット② 自由な時間が増える

就活失敗(無い内定)で就職浪人する2つ目のメリットは、「自由な時間が増える」です。

 

大学にも通わず、社会にもでいない状態なので、自由な時間はたくさんあります。

就活浪人を成功させるためには、この1年の使い方が重要です。

 

就職浪人のメリット③ 1度落ちた企業に再チャレンジできる

就活失敗(無い内定)で就職浪人する3つ目のメリットは、「一度落ちた企業に再チャレンジできる」です。

 

どうしても行きたい企業がある場合など、就職浪人をすると再チャレンジすることができます。

ただし、就職浪人をすると就職の難易度が上がることは覚えておきましょう。

 

就職浪人のデメリット① 新卒の利点を失う

就活失敗(無い内定)で就職浪人する1つ目のデメリットは、「新卒の利点を失う」です。

 

はっきり言って、新卒の利点を失うのは一番大きなデメリットです。

新卒の利点を失わないために、浪人ではなく留年の選択をする人も多いです。

 

「既卒3年間は新卒扱い」という企業もあれば、「既卒はお断り」という企業もあります。

とくに、外資系企業やコンサル業界は「既卒お断り」の傾向にあります。

 

浪人して、志望企業が受けられなくなっていたら悲惨です。

第一志望群の企業の採用ページを、きちんとチェックしておきましょう。

 

就職浪人のデメリット② 就活に落ちた人という先入観を持たれる

就活失敗(無い内定)で就職浪人する2つ目のデメリットは、「就活に落ちた人という先入観を持たれる」です。

 

あなたは、外食をする前に口コミをチェックしたことはありませんか?

・口コミが☆5:「かなり美味しいお店に違いない!行ってみよう!」

・口コミが☆1:「なんだか嫌だな。行くのやめよう…」

このように、口コミによって人は大きく左右されます。

 

これは、採用も同じです。

・内定をたくさんもっている:「いい人材に違いない!採用しよう!」

・内定が1つもない:「どこか悪いところがあるはずだ。採用は控えよう…」

 

「去年はなぜ落ちたのか。今年はどう変わったのか」をきちんと説明できなければ、内定をもらうことは難しいです。

 

就職浪人のデメリット③ 企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)

就活失敗(無い内定)で就職浪人する3つ目のデメリットは、「企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)」です。

 

企業は、「なるべく長く会社に貢献して欲しい」と考えています。

しかし、新卒と比べると、就職浪人は1歳年上です。つまり、退職まで1年早いということになります。

 

「新卒至上主義」という言葉もあるように、「将来性が低い」と判断されてしまうことがあります。

 

就職浪人のデメリット④ 採用の基準が上がる

就活失敗(無い内定)で就職浪人する4つ目のデメリットは、「採用の基準が上がる」です。

 

  • 「就職浪人しているのだから、グループワークや面接がうまいのは当然だ」

このように、「2度目の就活はうまくて当然」という先入観が働き、採用の基準が高くなってしまいます。

 

就職留年のメリット・デメリット

 メリットデメリット
就職留年① 新卒の利点をキープできる① なにか問題ある人という先入観を持たれる
自由な時間が増える企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)
1度落ちた企業に再チャレンジできる③ 1年余分に学費がかかる

※太字は就職浪人と共通のメリット・デメリット

 

それでは、1つずつ簡単に見ていきます。

 

就職留年のメリット① 新卒の利点をキープできる

就活失敗(無い内定)で就職留年する1つ目のメリットは、「新卒の利点をキープできる」です。

 

就職留年と就職浪人との一番の違いです。

就職留年の場合は、新卒採用をしている企業を全て受けることができます。

 

就職留年のメリット② 自由な時間が増える

就活失敗(無い内定)で就職留年する2つ目のメリットは、「自由な時間が増える」です。

 

会社にも行かず、ほとんど単位も取る必要がないので、自由な時間は増えます。

就職留年を成功させるには、この1年の使い方が重要です。

 

就職留年のメリット③ 1度落ちた企業に再チャレンジできる

就活失敗(無い内定)で就職留年する3つ目のメリットは、「1度落ちた企業に再チャレンジできる」です。

 

就職留年をすると、1度落ちた企業をもう一度受けることができます。

 

就職留年のデメリット① なにか問題ある人という先入観を持たれる

就活失敗(無い内定)で就職留年する1つ目のデメリットは、「なにか問題ある人という先入観を持たれる」です。

 

就職留年をすると「単位不足」「就職失敗」など、なにかしら問題がある学生という先入観を持たれます。

「なぜ留年したのか」と採用担当者が納得のできる説明ができるかどうかが就活成功のカギです。

 

就職留年のデメリット② 企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)

就活失敗(無い内定)で就職留年する2つ目のデメリットは、「企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)」です。

 

就職浪人と同じデメリットです。

留年した分、周りより1つ歳上になります。

その分、「将来性が低い」と判断されてしまう可能性があります。

 

就職留年のデメリット③ 1年余分に学費がかかる

就活失敗(無い内定)で就職留年する3つ目のデメリットは、「1年余分に学費がかかる」です。

 

学費が足かせになり、就職留年を選べない人も多いでしょう。

しかし、留年中に長期インターンに参加することで、「学費を稼げる」「就職で有利になる」というメリットを得ることができます。

 

就職浪人も就職留年も、デメリットの方が大きい!

就職浪人と就職留年のメリット・デメリットをまとめてみてみます。

 メリットデメリット
就職浪人① 学費がかからない① 新卒の利点を失う
② 自由な時間が増える② 就活に落ちた人という先入観を持たれる
③ 1度落ちた企業に再チャレンジできる③ 企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)
④ 採用の基準が上がる
就職留年① 新卒の利点をキープできる① なにか問題ある人という先入観を持たれる
② 自由な時間が増える② 企業に貢献できる期間が短くなる(将来性低)
③ 1度落ちた企業に再チャレンジできる③ 1年余分に学費がかかる

※青字は、就職浪人と就職留年の固有のメリット・デメリット

 

就職浪人・就職留年をすると、就活の難易度は高くなります。

 

そのため、まずは就職浪人や就職留年をしないようにすることが大切です。

もし、就職浪人や就職留年をすることになっても、絶対に1年で就活を成功させましょう

 

もし2,3年と続くようであれば、フリーターやニートの末路が待っています。

 

それでは、就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法

 

就活失敗(無い内定)を防ぐためには、方法は2つあります。

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法
① 就職浪人、就職留年を防ぐ
② 就職浪人、就職留年を繰り返さない

1つずつ見ていきます。

 

1. 就職浪人、就職留年を防ぐ

  • 「周りはもう内定をもらっています…」
  • 「就職浪人か、就職留年するしかありません…」

就職浪人や就職留年をするとさらに就活は難しくなります。

まずは、今から内定をもらう方法を考えましょう。

 

大学4年生の3月まで採用活動をしている企業はあります。

👉無い内定の5つの原因と解決策!

 

また、学歴に自信のない方は、戦略を誤らないように注意しましょう。

👉【Fランでも就職で勝ち組に】〇〇に頼ると負け組になります

 

2. 就職浪人、就職留年を繰り返さない

  • 「就職浪人しますが、自信がありません」
  • 「就職留年ですが、何をすれば良いのかわかりません」

就職浪人や就職留年で大切なのは、「なぜ浪人・留年したのか」と納得のいく説明をすることです。

また、納得のいく説明ができるように行動する必要があります。

 

浪人や留年中におすすめなのは、長期インターンです

それも2,3ヶ月の長期インターンを2,3コ経験しましょう。

長期インターンの3つのメリット
① 学費や生活費を稼ぐことができる
② 将来やりたいことが掴みやすい
③ 就活で有利になる 

 

インターンで実務を経験していると、就活で圧倒的に有利になります。

外資系企業では、インターンを受けていない学生を取らない企業もあるくらいです。

 

1年の間に圧倒的な実績をつくり、就活を成功させましょう。

 

また、就活は経験が100%です

早めに動き出して、早期内定をGetし自信をつけましょう!

👉【裏技】就活は『経験』が100%!超簡単に内定を大量獲得する方法

 

スポンサーリンク

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路は防げる!

いかがでしたでしょうか。

 

就活失敗(無い内定)の末路と、就活を成功させる方法をおさらいします。

就活失敗(無い内定)末路
① 就職浪人
② 就職留年

就活失敗(無い内定)の末路②
③ フリーター
④ ニート

就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ2つの方法
① 就職浪人、就職留年を防ぐ
② 就職浪人、就職留年を繰り返さない

🔺就活失敗(無い内定)の悲惨な末路を防ぐ方法の詳細に戻る🔺

 

まずは、就職浪人、就職留年を防ぐことが大切です。

そして、就職浪人、就職留年になったとしたら、きちんと1年で実績を作ることが大切です。

 

無い内定を防ぐ方法の詳細は、以下から読むことができます。

👉無い内定の5つの原因と解決策!

 

記事内で紹介したリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました