ワンランク上の内定をもらう就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

仕事が辛いは当たり前じゃない!思考停止を打破する8つの真実

仕事が辛いは当たり前じゃない!思考停止を打破する8つの真実既卒就活・転職
  • 「仕事が辛いのは当たり前なんでしょうか?」
  • 「仕事が辛いですが、どうすればいいかわかりません」
  • 「仕事が辛いのは当たり前で、我慢するしかないですか?」

本記事では、このような悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 仕事辛いが当たり前になるとどうなる?
✓ 仕事辛いは当たり前?思考停止を打破する8つの真実
この記事を読んで得られること
✓ 仕事が辛いのは当たり前じゃないとわかる
✓ 「仕事辛いは当たり前」の思考停止から抜け出せる

 

スポンサーリンク

仕事辛いが当たり前になるとどうなる?

  • 「仕事が辛いです。休日も仕事のことを考えてしまいます…」
  • 「仕事が辛いのは、やはり当たり前なんでしょうか?」

このように「仕事が辛い」と感じたことはないでしょうか?

 

「仕事が辛いのは当たり前だ」と何度も言い聞かされてきた。

「仕事が辛いのは当たり前なのかも…」と考えたことがある。

 

このような人も多いですよね。

 

まずは、「仕事が辛いのが当たり前だとどうなるのか」を知っておきましょう。

それが、「仕事が辛い」から抜け出す第一歩です!

仕事が辛いのが当たり前だとこうなる!
① 成長できない
② 体調不良になる
③ うつ病の危険がある
④ 休日も楽しくなくなる
⑤ 将来後悔することになる
⑥ 周りの人にも悪影響を与える

1つずつ見ていきます。

 

①仕事辛いが当たり前だと「成長できない」

仕事辛いが当たり前になると、成長できません。

 

なぜなら、「辛いこと」は頑張れないからです。

 

野球が嫌いなのに、野球選手になった人はいないはずです。

野球が好きなら、1日10時間の練習も楽しく続けられます。

しかし、野球が嫌いなら、1日5時間の練習も辛くて続けられないでしょう。

 

仕事も同じです。

「仕事が辛い状態で仕事続ける」→「成長できない」→「余計に仕事が辛くなる」の悪循環を生んでしまいます。

 

②仕事辛いが当たり前だと「体調不良になる」

仕事辛いが当たり前になると、体調不良になります。

 

慢性的なストレスは、睡眠の質に大きな影響を与えます。

  • 寝つきがわるい
  • 夜中に目覚める
  • 朝はやく目が覚めてしまう
  • どれだけ寝ても疲れがとれない

睡眠不足では免疫力も低下し、様々な病気のリスクが高くなります。

「仕事が辛い」のは、比喩抜きに「身も心も削っている状態」であることを覚えておきましょう。

 

③仕事辛いが当たり前だと「うつ病の危険がある」

仕事辛いが当たり前になると、うつ病の危険があります。

 

うつ病
・精神的、身体的ストレスなどが原因で脳の機能障害が起きている状態

主な症状
・憂鬱な気分が1日中続く
・不眠
・食欲不振
・動機、息切れ など

うつ病という言葉を聞いたことがない人はほとんどいないでしょう。

実は、日本人の15人に1人はうつ病を経験したことがあると言われています。

ニュースの中だけの話ではなく、うつ病は身近な病気です。

 

上記の症状が少しでも当てはまる人は、注意して下さい。

仕事よりも、自分の身体を大切にしましょう。

 

あなたはまだ大丈夫?
仕事が限界のサイン50選をまとめています。限界を迎えてしまう前に、早めにチェックしてみてください。

👉仕事が限界のサイン50選【10以上は要注意。25以上は危険!】

 

④仕事辛いが当たり前だと「休日も楽しくなくなる」

仕事辛いが当たり前になると、休日も楽しくなくなります。

 

サザエさん症候群(引用:ウィキペディア(Wikipedia)
・日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学や仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、日本における俗称である

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「私は、コンサルティング業界で働いています」
  • 「以前仕事が辛いときは、土曜の夕方頃から仕事のことを考えてしまい、休日なのに楽しめないときも多々ありました」

 

仕事のせいで土日も楽しめなければ、人生ずっと辛いままですよね。

「仕事が辛いのは当たり前」という勘違いのせいで、たった1度の人生を辛い思いをして過ごすなんてバカバカしい話です。

 

⑤仕事辛いが当たり前だと「将来後悔することになる」

仕事辛いが当たり前になると、将来後悔することになります。

 

10年後のことを考えてみましょう。

年数を重ねれば重ねるほど、異動や転職、独立などの新しいことにチャレンジできる可能性は減っていきます。

それが、辛いことをして成長せず、若い時間を無駄に過ごしたならなおさらです。

 

アメリカの有名な小説家、マーク・トウェインのこんな言葉があります。

20年後に失望するのは、やったことよりもやらなかったことだ。

綱を解き、船を出し、帆で風を捕らえよ。探検し、夢を見て、発見するのだ。

仕事が辛いを当たり前だと思わず、打破するために行動しましょう。

将来後悔するのは、やったことよりも、やらなかったことです

 

⑥仕事辛いが当たり前だと「周りの人にも悪影響を与える」

仕事辛いが当たり前になると、周りの人にも悪影響を与えます。

 

明るい人と一緒にいると、自分まで気分が明るくなります。

一方で、暗い人と一緒にいると、自分まで気分が暗くなりますよね。

 

家庭を暗い雰囲気にしてしまうだけでなく、子どもたちに「仕事は辛いものだ」と思わせてしまいます。

できるなら、「仕事は楽しい」「大人は楽しい」と教えてあげたいはずです。

 

本記事では、「仕事が辛いのは当たり前」の思考停止状態を打破する、8つの真実を紹介します。

それでは早速、見ていきましょう。

 
スポンサーリンク

仕事辛いは当たり前?思考停止を打破する8つの真実

仕事辛いは当たり前?思考停止を打破する8つの真実

 

「仕事が辛いは当たり前」という思考停止を打破する8つの真実を紹介します。

仕事辛い当たり前?思考停止を打破する8つの真実
① 自分を責める必要はない
② 一人ひとり合う仕事は違う
③ 仕事辛いが当たり前は、思考停止
④ 人間関係は自分次第で変えられる
⑤ 日本だけで400万社以上の企業がある
⑥ 価値観はすでにコントロールされている
⑦ お金のためと割りきって楽になるならいい
⑧ 倍の給料で、仕事を楽しんでいる人は山程いる

1つずつ見ていきます。

 

真実①:自分を責める必要はない

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の1つめは、「自分を責める必要はない」です。

 

  • 「毎日上司に、ため息をつかれたり、怒られたりします」
  • 「仕事ができない私がいけないんです…」

真面目で一生懸命な人ほど、自分を責めて、どんどん追い込んでいってしまいます。

そして、さらに仕事が辛くなってしまいます。

 

  • 「仕事が辛いのは、仕事が合っていないから」
  • 「仕事が辛いのは、環境が悪いから」

すべて責任転換するのはよくありませんが、辛いのをすべて自分のせいだと思う必要はありません

「自分を責める」のをやめるだけで、心が軽くなることもあります。

 

真実②:一人ひとり合う仕事は違う

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の2つめは、「一人ひとり合う仕事は違う」です。

 

頭を使うのが好きな人。身体を使うのが好きな人。

人と接するのが好きな人。1人でいるのが好きな人。

楽しくわいわい仕事をしたい人。真剣にもくもくと仕事をしたい人。

あなたにとって辛い仕事でも、誰かにとっては楽しい仕事かもしれません。
誰かにとって辛い仕事でも、あなたにとっては楽しい仕事かもしれません。

一人ひとり、合う仕事は違います。

 

あなたが経験した仕事は、まだほんの一部にすぎません。

あなたの性格や人柄に合った、楽しい仕事は必ずあります

 

真実③:仕事辛いが当たり前は、思考停止

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の3つめは、「仕事辛いが当たり前は、思考停止」です。

 

  • 「給料はガマン料だ!」
  • 「仕事が辛いのは当たり前だ!」
  • 「お金を稼ぐのはそれだけ辛いことなんだ!」

親、親戚、先生、先輩、教授、上司など。

 

周りの大人からこのように聞かされたことはありませんか?

 

そして、いつの間にか「仕事が辛いのは当たり前」と思わされていないでしょうか

 

「仕事が辛い」と主張し、周りに言いふらそうとする人たちは一定数います。

なぜなら、自分が仕事でつらい思いをしてきたからです。

「仕事が楽しい」人たちを認めたくないからです。

 

仕事が辛いのが当たり前かどうか。それは、あなた自身が判断するべきことです。

「〇〇が言っていたから、仕事が辛いのは当たり前だ」は、ただの思考停止です。

 

真実④:人間関係は自分次第で変えられる

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の4つめは、「人間関係は自分次第で変えられる」です。

 

  • 「職場の人間関係が最悪です…」
  • 「職場の雰囲気が悪すぎます…」

このように悩んでいる方も多いですよね。

 

 

「個人心理学の父」とも呼ばれた、アルフレッド・アドラーは、人の悩みについてこう述べています。

全ての悩みは、対人関係の悩みである

悩みの9割以上が、人間関係に起因するものといっても過言ではありません。

 

ただ、人間関係は自分次第で変えることができます。

✓ 人間関係を解決するために捨てる15のこと
 →No.1~No.5:「仕事への幻想」編
 →No.6~No.10:「人との摩擦」編
 →No.11~No.15:「古い価値観」編

仕事や会社に行きたくない?人間関係は【15コ捨てれば】解決するで詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

人間関係を改善し、「仕事が辛い気持ち」を軽くすることができます。

 

真実⑤:日本だけで400万社以上の企業がある

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の5つめは、「日本だけで400万社以上の企業がある」です。

 

日本に、400万社以上の企業があるって知っていましたか?

あなたがいるのは、400万社のうちの1社。つまり、全体の『0.000025%』

限りなく小さな数字です。

 

0.000025%しか経験していないのに、「仕事辛いは当たり前」などと正確に判断できるわけがありません。

これだけ多くの会社があるのですから、あなたに合う会社、楽しんで仕事をできる会社が必ずあります。

ただ、探すことを放棄しているだけです。

 

真実⑥:価値観はすでにコントロールされている

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の6つめは、「価値観はすでにコントロールされている」です。

 

こんなことが当たり前になってきていませんか?

・サービス残業
・長時間の労働
・低すぎる給料
・休憩時間がない
・仕事量が多すぎる
・好きなときに休暇が取れない
・上司からのパワハラやいじめ
・仕事をまともに教えてもらえない
  • 「上司や同僚はみんな、毎日サービス残業をしてます」
  • 「1日2,3時間のサービス残業は、もはや当たり前です」

これらが当たり前になっているのであれば、すでにあなたの価値観はコントロールされています。

「仕事は大変なもの」という価値観もそうです。

 

あなたの会社は、400万社のうちのたった1社。

しかも、あなたに偏った価値観をうえつけているのは、たった1社のなかの、たった1人です。

 

コントロールされた価値観は一度全て捨て、自分の頭で物事を考え行動するようにしましょう。

少し目線を上げるだけで、あなたの知らない世界がいくつも広がっています。

 

真実⑦:お金のためと割りきって楽になるならいい

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の7つめは、「お金のためと割りきって楽になるならいい」です。

 

お金がもらえないとしても、今の仕事を続けますか?

社会人のほとんどの人は、「No」と回答するでしょう。

正直な話、社会人のほとんどの人は「お金のため」に仕事をしているでしょう。

 

上司に怒られていても、「あー、この時間にもお金が発生しているんだなぁ」と思えば乗り切れるはずです。

 

中途半端にやりがいを求めるなら、「100%お金のため」と割り切るのも1つの手段です。

「お金のため」と割り切って楽になるなら、決して悪いことではありません。

 

真実⑧:倍の給料で、仕事を楽しんでいる人は山程いる

「仕事辛いが当たり前」という思考停止状態を打破する真実の8つめは、「倍の給料で、仕事を楽しんでいる人は山程いる」です。

 

どんなに辛い思いを我慢してお金を稼いでも、「倍の給料をもらって、楽しんで仕事をしている」人は山ほどいます。

つらい思いをして我慢してお金を稼ぐのも、楽しんでお金を稼ぐのも、その人の自由です。

 

「倍の給料で楽しんで仕事をする人たち」は、決して別世界の話ではありません

手の届かない世界の話でもありません。

 

  • 「今の倍の給料が欲しい」
  • 「辛い思いをしないで、楽しんで仕事がしたい」

本気で決意すれば、いつでも道はつながっています。

 

仕事が辛いのは当たり前ではなく、「何倍も給料をもらって楽しんで仕事をしている」人がいることを知っておきましょう。

👉「仕事に行きたくない。辞めたい」←その悩み、もう解決しませんか?

 

スポンサーリンク

仕事辛いは当たり前じゃない!抜け出す方法はあります

いかがでしたでしょうか。

 

「仕事辛いが当たり前」という思考停止を打破する8つの真実をおさらいします。

仕事辛い当たり前?思考停止を打破する8つの真実
① 自分を責める必要はない
② 一人ひとり合う仕事は違う
③ 仕事辛いが当たり前は、思考停止
④ 人間関係は自分次第で変えられる
⑤ 日本だけで400万社以上の企業がある
⑥ 価値観はすでにコントロールされている
⑦ お金のためと割りきって楽になるならいい
⑧ 倍の給料で、仕事を楽しんでいる人は山程いる

🔺思考停止を打破する8つの真実に戻る🔺

 

「仕事が辛いのは当たり前だ」と何度も言い聞かされてきた。

「仕事が辛いのは当たり前なのかも…」と考えたことがある。

 

毎日、辛い気持ちを押し殺して会社に向かっている人は多いですよね

 

しかし、「仕事が辛い」は決して当たり前ではありません。

「仕事が辛い」は、必ず解決できます。

行動すれば、必ず何かをかえることができます。

 

まずは、一歩踏み出すことから始めてみて下さい!

 

記事内に載せたリンク、おすすめリンクをまとめます。

 

※人気の優良求人は早いもの勝ちです!
※まだ転職する気が”ない”人も登録しています

迷ったらこちらに登録しましょう
20代特化型就活サイト
特徴:20代特化型の最大手!
👉 マイナビジョブ20’s

②  総合型就活サイト
特徴:業界No.1の転職エージェント!
👉リクルートエージェント
タイトルとURLをコピーしました