ワンランク上の内定をもらう就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

【内定保留】企業側はどう考えてる?就活生が知るべき企業の5つの考え

【内定保留】企業側はどう考えてる?就活生が知るべき企業の5つの考え就活テクニック
  • 「内定を保留しようと思っています」
  • 「内定保留について企業側はどんなことを考えているのでしょうか?」

 

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 就活生の内定保留について企業側の5つの考え
✓ 企業側が内定を保留するの3つの理由
この記事を読んで得られること
✓ 内定保留について企業側が考えていることがわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,500名以上の東大院試(就活)サークルESCAPEを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

内定保留について企業側の5つの考え

内定承諾の企業側の考え-1-5つの考え

 

  • 「内定保留の話をたまに聞くのですが、企業側はどのように考えているのですか?」

このように疑問に思っている就活生も多いですよね。

 

内定保留について理解するためにも、『内定保留について企業側がどのように考えているのか』を知ることは重要です。

企業側の気持ちを知ることで、内定を保留したいときに適切な対応、対処ができるようになります

 

それでは、内定保留について企業側が考えている5つのことを紹介していきます。

内定保留について企業側が考えている5つのこと
① 内定保留が起こるのは理解している
② 早く内定を承諾して欲しい
③ 優秀な学生に入って欲しい
④ 内定は辞退して欲しくない
⑤ 内定承諾からの辞退は一番避けたい

1つずつ見ていきます。

 

企業側の考え①:内定保留が起こるのは理解している

内定保留について企業側が考えていることの1つめは、「内定保留が起こるのは理解している」です。

 

大前提として、内定保留が起こるのは企業側も理解しています。

採用担当者も就活を経験していますし、就活生がいくつもの企業を並行して受けていることは当然わかっています。

 

もっと言えば、「弊社が第一志望でない」という可能性も十分に考慮に入れています。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「まずは企業側も内定保留が起こると理解していることを知っておきましょう。知っているだけで、内定保留の交渉もしやすくなりますよね」

 

企業側の考え②:早く内定を承諾して欲しい

内定保留について企業側が考えていることの2つめは、「早く内定を承諾して欲しい」です。

 

企業側は、できるなら『早く内定を承諾して欲しい』と考えています。

理由は主に3つあります。

早く内定承諾して欲しい理由
1. 内定者の確保
2. 内定者数の調整
3. 上への成果報告 など

企業側にも採用のノルマや目標があります。

  • 『内定者を確保したい』
  • 『内定人数を目標に近づけたい』
  • 『上に採用の成果を報告しなければいけない』

そのため、このような3つの思考を持っていることが多いです。

 

企業側が内定承諾を急かすのには、このような理由があることを知っておきましょう。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「就活生に就活生の都合があるように、企業側にも企業側の都合があります。交渉を有利にすすめるなら、”相手視点”は不可欠ですね!」

 

企業側の考え③:優秀な学生に入って欲しい

内定保留について企業側が考えていることの3つめは、「優秀な学生に入って欲しい」です。

 

当然ですが、企業側は『優秀な学生に入って欲しい』と考えています。

そのために、『内定承諾に制限時間を設ける』『自社の魅力を伝える』など、あの手この手で内定承諾させようとしてきます。

 

また、「優秀な学生のためなら1,2ヶ月待ってもいい」という企業もあります。

下手に内定承諾を急かして辞退されるくらいなら、長期間待ちますよということですね。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「就活は『企業が就活生を選ぶ』という側面も強いですが、内定をもらってからは『就活生が企業を選ぶ』という側面が強くなります。つまり、企業も選ばれる工夫をしてくるということです」

 

企業側の考え④:内定は辞退して欲しくない

内定保留について企業側が考えていることの4つめは、「内定は辞退して欲しくない」です。

 

企業の採用には、『内定者数の目標人数』『内定者のノルマ』が決められていることが多いです。

つまり、企業側は「内定者が少なすぎると困る」ということですよね。

 

『内定を出した=入社の基準を満たした』ということなので、内定を辞退されたくないと考えています。

内定辞退は、これまでの書類選考や複数回の面接、自社アピールに割いた時間が無駄になってしまうということでもあります。

 

企業が内定承諾に期限をつけたり、オワハラをしたりするのは、内定を辞退してほしくないという企業側の思惑があるからです。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「いくら強気に出てくる企業でも、内心は『内定を辞退されたくない』という気持ちがあります」

 

企業側の考え⑤:内定承諾からの辞退は一番避けたい

内定保留について企業側が考えていることの5つめは、「内定承諾からの辞退は一番避けたい」です。

 

一度内定を承諾され、遅い時期に内定を辞退されるのは企業側にとってデメリットだらけです。

内定承諾から辞退のデメリット
1. 採用人数が変わってしまう
2. 変わりの人を採用しなければいけない(時間もコストもかかる)

 

内定辞退の時期によって、企業側の対応は以下のように大きく変わります。

<まだ選考が続いているときに内定辞退される>
→ 代わりの人に内定を出すだけで、簡単に内定者数を調整できる

<選考がすでに終わってから内定辞退される>
→ 新しく変わりの人を採用しなければいけない。時間やコストがかかる

しかも、『学生が内定を辞退したいと言ったら、企業側は基本的に承諾せざるを得ない』という背景があります。

 

民法では『雇用契約は解約通知をしてから2週間で解約になる』と定められています。
そのため、基本的に入社日の2週間前であれば内定辞退は可能です。

ただし、内定辞退は企業側に迷惑をかけてしまうため、辞退する場合は少しでも早く連絡するようにしましょう!

 

このような背景もあり、企業側も『強引に内定承諾させる』という手段はあまり使ってきません。(「内定承諾させれば勝ち」と考えている企業もあります)

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「内定承諾させるために強引な囲い込みをする企業も少なくありません。囲い込みされたときの上手な躱し方をいくつか身につけておくといいですね!」

 

就活生が内定保留するケースについてみていきました。

次は、企業側が内定保留するケースについて見ていきます!

 

スポンサーリンク

企業側が内定を保留するの3つの理由

内定承諾の企業側の考え-2-3つの理由

 

  • 「最終面接のあと、企業からなかなか連絡が来ない…」

このように悩んでいる就活生は、意外と多いです。

もし最終面接後に、なかなか合否の連絡が来ないと悩んでいる場合は、内定を保留されている状態かもしれません。

 

また、企業側の内定保留のケースとしては、『内定保留です』と連絡がくるケースもあるようです。

 

本記事では、企業側が内定を出すのを保留する3つの理由を紹介します。

企業側が内定を保留する3つの理由
① 内定人数を調整している
② 忙しくて審査、連絡が後回しになっている
③ 合否ラインギリギリで審査に時間がかかっている

「最終面接が終わったのに結果が来ない…」という方は、この3つのどれかのケースに当てはまっているかもしれないので、チェックしてみてください!

1つずつ見ていきます。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 就活生が内定保留するケースとは別の話なので、頭がこんがらがらないように注意してくださいね!

 

理由①:内定人数を調整している

企業側が内定を出すのを保留する理由の1つめは、「内定人数を調整している」です。

 

通常は最終面接終了後、1,2週間以内に合否の連絡が来ます。

にもかかわらず、1ヶ月近く待たされているというケースもあるようです。

その原因の1つとして、「内定人数を調整している」ということが考えられます。

 

具体的には、次のような例です。

<企業側の考え>
「内定承諾の目標人数は100人。今は90人から内定承諾もらっているから、あと10人に内定承諾してもらいたい」
内定承諾人数の調整方法
1. 30人を内定保留にする。
2. 評価の高い学生から内定を出す
3. 内定辞退数に合わせて、順番に内定者を増やしていく

 

企業側にも内定者の目標人数があります。

多すぎても少なすぎても困るので、こういった内定人数の調整をしているケースは考えられますね。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「ただし、落ちている人にはすぐに連絡がいくケースも多いです。かなリプラスに考えると内定保留されているのは、内定する可能性があるということでもありますね!」

 

理由②:忙しくて審査、連絡が後回しになっている

企業側が内定を出すのを保留する理由の2つめは、「忙しくて審査、連絡が後回しになっている」です。

 

「採用業務」はかなり多忙です。

  • 説明会開催
  • 書類選考
  • 面接日程調整
  • 面接
  • 内定者決定
  • 内定者のフォロー など

採用担当者は、このような業務をこなさなければいけません。

また、中小企業の場合は、採用業務以外に通常業務をこなしているケースもあります。

 

そのため、「最終面接後になかなか連絡がない」場合は、忙しくて審査や連絡が後回しになっているケースも考えられます。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「内定保留して他社に待ってもらっているケースもありますよね。連絡が遅い場合は、こちらから担当者に連絡をしてみるのもありですよ!」

 

理由③:合否ラインギリギリで審査に時間がかかっている

企業側が内定を出すのを保留する理由の3つめは、「合否ラインギリギリで審査に時間がかかっている」です。

 

ただし、珍しいケースだと思います。

3週間まっても連絡が来ない場合は、こちらから電話してみましょう。

 

企業側にも都合があるのはわかりますが、就活生側にも当然都合があります。

そもそも、ドキドキした状態で何週間も待つのは心臓に悪いですよね…。笑

 

「内定をいただけたら、ぜひ御社に入社したいと考えています!」

このように、改めて熱意をアピールすることもできますね。

 

くろまあくと
くろまあくと
  • 「企業側が内定保留するのは珍しいケースですが、何が起こるかわからないので念の為頭に入れておいてください!」

 

スポンサーリンク

就活生の内定保留は当たり前!企業側も理解しています!

いかがでしたでしょうか。

 

就活生の内定保留について企業側が考えていること、企業側が内定保留する3つの理由をおさらいします。

内定保留について企業側が考えている5つのこと
① 内定保留が起こるのは理解している
② 早く内定を承諾して欲しい
③ 優秀な学生に入って欲しい
④ 内定は辞退して欲しくない
⑤ 内定承諾からの辞退は一番避けたい

企業側が内定を保留する3つの理由
① 内定人数を調整している
② 忙しくて審査、連絡が後回しになっている
③ 合否ラインギリギリで審査に時間がかかっている

🔺内定保留について企業側が考えていることに戻る🔺

 

「就活生が選考を何社も並行して受けていること」は、当然企業側も理解しています。

そのため、内定保留が起こることは企業側もわかっています。

 

ただし、内定をくれた企業は、あなたのことを評価してくれた企業です。

「内定保留は当たり前」と考えずに、しっかりと誠実に対応するようにしてくださいね。

 

どの企業の内定を承諾しようか迷っている場合は、『改めて自己分析を深める』のがおすすめです。

自己分析の簡単なやり方【たった3ステップ!具体例あり】で簡単な自己分析の方法を紹介しているので、参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました