【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

【仕事辞めたいけど人手不足で言えない】辞めていい理由とポイント

【仕事辞めたいけど人手不足で言えない】辞めていい理由とポイント既卒就活・転職
  • 「仕事辞めたい。でも人手不足で言えない」
  • 「人手不足なので、仕事辞められないです」

本記事では、このような悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由
✓ 仕事を辞めるときの5つのポイント
この記事を読んで得られること
✓ 「仕事辞めたいけど言えない」悩みを解決できる
✓ 辛い仕事から抜け出すためのヒントがわかる

 

スポンサーリンク

「仕事辞めたいけど言えない」人手不足が原因なら辞めるべき!

  • 「人手不足なので、仕事を辞められないです」
  • 「仕事辞めたいけど、周りに迷惑をかけると思うと言えません」
  • 「裏切ったと思われたくないので、仕事を辞められません」

あなたは、このような「仕事辞めたいけど言えない」という悩みを抱えていないでしょうか?

 

残される人のことを考えて、辞めたいと言いだせなかったり。

人手不足だから、自分が辞めたらもっと大変になると考えてしまったり。

 

「仕事辞めたいけど言えない」と悩むこともありますよね

 

辞めたいといえば、本当に辞められるの?

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条1項で、上記のように定められています。


要するに、労働者はいかなる理由があろうとも退職の意思を示してから2週間で会社を辞めることができます

 

辞めたいと言い出す際には、法律によって守られていることを知っておきましょう。

 

仕事辞めたいなら、思い切って辞めるべき!

私は、仕事を辞めたいなら思い切って辞めるべきであると考えています。

原因が人手不足であればなおさらです。

 

まずは、「人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由」をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由

仕事辞めたいけど言えない(人手不足)辞める理由

  • 「仕事辞めたいけど、言えないです…」
  • 「人手不足で仕事辞められないです…」

人手不足なら、思い切って仕事は辞めるべきです。

 

理由は3つです。

人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由
① 人手不足はかんたんに解消できない
② 日本だけでも”400万以上”の企業がある
③ 突然社長が辞めても会社は問題なく回り続ける

1つずつ見ていきます。

 

理由① 人手不足はかんたんに解消できない

人手不足なら仕事を辞めるべき1つ目の理由は、「人手不足はかんたんに解消できない」です。 

 

  • 「人手不足は人をたくさん雇えば解消するのでは?」

そのとおりです。

しかし、かんたんに人をたくさん雇うことはありません。

なぜなら、新たに人を雇うより、今いる社員にもっと働いてもらうほうが、会社にとってはお金も安く、手間もかからないからです。

 

「人手不足」とは、「1人あたりの仕事量が多すぎる」状態。

長時間残業や、中には休日出勤やサービス残業をしているという最悪なケースもありますよね。

人手不足で、少人数に馬車馬のように働かせることで、会社は人件費を安くすますことができます。

 

人を雇うのには膨大な採用コストと手間がかかります。

さらに、新たな人件費も増えることになります。

 

つまり、今いる社員にもっと残業してもらうほうが、お金も安く、手間もかかりません。

そのため、人手不足だからと急に人をたくさん増やすことはほとんどありません

 

そもそも人手不足は、会社の責任です。

あなたが会社のために、身を削って働く必要なんて一切ありません。

 

理由② 日本だけでも”400万以上”の企業がある

人手不足なら仕事を辞めるべき2つ目の理由は、「日本だけでも”400万以上”の企業がある」です。 

 

  • 「日本に400万も企業があるんですか!」
  • 「10万くらいだと思っていました…!」

そうです。日本だけでも、400万もの企業があります。

 

つまり、今より労働環境も良く、給料が高い会社はいくらでもあるということです。

 

しかも、今の会社で「辛い、辞めたい」と思いながら働いているのであれば、迷う必要はありません。

400万ある企業のうちたった1社のせいで、あなたがつらい思いをする必要はまったくありません

 

ちょっと想像してみてください。

・早くあがれて、給料も高い
・仕事量も適切で、不要な残業やサービス残業もない
・家族と過ごす時間や、趣味の時間がたくさんとれる
・毎日、仕事のことを考えて悩まず、心穏やかに過ごせる

 

ちょっとでも、「こんな生活してみたいなぁ」と思いませんでしたか?

そうであれば、”今はそうでない”という証拠です。

 

大切なのは会社ではありません。

あなたの気持ちや健康です。

 

もう一度言います。

400万社もあるうちのたった1社のせいで、あなたがつらい思いをする必要はまったくありません。

 

理由③ 突然社長が辞めても会社は問題なく回り続ける

人手不足なら仕事を辞めるべき3つ目の理由は、「突然社長が辞めても会社は問題なく回り続ける」です。

 

  • 「私が辞めたら、さらに人手不足になっちゃう」
  • 「私が辞めたら、ちゃんと業務は回るかな…」

あなたも、このように心配していませんか?

 

  • 「君が必要なんだ。辞めないでくれ」
  • 「次の人が入ってくれるまではいてくれ」

すでに「会社を辞めたい」と伝えて、このように引き止められている人もいるかもしれません。

 

人が一番興味・関心があるのは、自分自身です。

あなたが思っているほど、周りの人はあなたのことを気にしていません。

 

これは、人だけでなく会社も同じです。

社員が馬車馬のように働いてくれればもちろん嬉しいです。

辞めるという社員がいたら、「必要だから」と言って止めます。

辞めないでくれたら万々歳ですが、辞めたとしても全く気にせず、淡々と次を人を雇うだけです。

 

また、日産や東芝の粉飾決算が話題になりました。

社長(しかも日本を代表する大企業の!)が突然退任しても、何もなかったように回り続けるのが会社です。

社長ですらそうなのですから、社員の1人が辞めても、当然何もなかったように回り続けます。

 

  • 「たしかに、社長はそうかも知れない」
  • 「でも、オレにしかできない業務があるんだ!」

本当に優秀な人であれば、「自分しかできない業務」を極力なくします。

理由は2つです。

  1. 誰か一人しかできない業務はリスクにつながるから
  2. 立場が上がるほど、自分ではなく人を動かさなければいけないから

 

要するに本来であれば、自分しかできない業務はなくすべきであり、優秀な人材はそうしているということです。

  • 「マニュアル化する(資料を見れば誰でもできるようにする)」
  • 「他の人にも方法やコツを伝えておく」

このように、他者に業務内容を伝える方法はたくさんあります。

 

自分しかできない業務があれば、資料にまとめましょう。

そうすることで、いつでも辞めることができるようになります。

 

スポンサーリンク

仕事を辞めるときの5つのポイント

仕事辞めたいけど言えない(人手不足)辞めるポイント

仕事をやめるべき理由を確認した後は、仕事を辞めるときのポイントを見ていきます。

 

仕事を辞めるときのポイントは全部で5つあります。

仕事を辞めるときの5つのポイント
① 退職は、相談ではなく報告する
② 反論しづらい退職理由にする
③ 直属の上司以外にも伝える
④ 1,2ヶ月はかかる覚悟を持つ
⑤ 転職先を決めてから辞める(理想)

1つずつ見ていきます

 

ポイント① 退職は、相談ではなく報告する

仕事を辞めるときのポイントの1つ目は、「退職は、相談ではなく報告する」です。

 

退職の意思を上司に伝える際には、相談ではなく、報告だと思わせなければいけません。

 

<相談の場合>
  • 「実は…。仕事を辞めようと思っているんです」

 

 
  • 「相談されているのかな…?」
  • 「止めたほうがいいのかな…?」

 

<報告の場合>

  • 「◯月◯日に退職します!」
  • 「そうか。辞めるのか…」
  • 「代わりの人どうしようかな…?」

 

中途半端に”相談”という形にすると、上司もどう反応するのか困ってしまいます。

また、「退職を止めることができる」と思わせる原因にもなります。

 

退職するのであれば、相談ではなく、報告するのがポイントです。

 

ポイント② 反論しづらい退職理由にする

仕事を辞めるときのポイントの1つ目は、「反論しづらい退職理由にする」です。

 

「会社を辞めたい」と伝えると、理由を聞かれます。

退職理由は、反論しづらい理由を事前に用意しておきましょう。

これは、説得できないと思わせるためです。

 

反論しづらい理由には、以下のようなものがあります。

・親の介護のために引っ越す
・キャリアを見据えて、〇〇の仕事がしたい
・ずっとやりたかった仕事にチャレンジしたい

 

説得されて、そのままズルズル働き続けるのが一番大変です。

一度説得されたら、もう一度説得できると思わせてしまいます。

 

反論しづらい退職理由を用意し、すっぱりと会社を辞めましょう。

 

また、中には純粋にあなたのことを心配してくれる上司もいるはずです。

できるだけ前向きな理由で、安心させてあげましょう。

 

ポイント③ 直属の上司以外にも伝える

仕事を辞めるときのポイントの1つ目は、「直属の上司以外にも伝える」です。

 

あなたが「仕事辞めたい」と言って一番影響があるのは、直属の上司です。

代わりの人と1から人間関係を構築しなければいけませんし、人が減れば仕事量が増えます。

 

一方で、あなたが「仕事辞めたい」と言っても、会社(上司のさらに上の立場の人)はほとんど気にしません。

企業規模が大きくなればなるほど、この傾向は顕著です。

 

そのため、退職を阻止しようとするのは、直属の上司の場合がほとんどです。

上の人に退職意思を伝えないように画策したり、話をうやむやにして退職を先延ばしにするケースもあります。

 

対処法は、人事部や信頼できる先輩など、直属の上司以外にも伝えることです。

上司に伝えた後日、「〇〇さんにも退職することを伝えました」といえば、強引に退職を阻止することは難しくなります。

 

ポイント④ 1,2ヶ月はかかる覚悟を持つ

仕事を辞めるときのポイントの1つ目は、「1,2ヶ月はかかる覚悟を持つ」です。

 

民法第627条1項では、退職の意思を示してから2週間で会社を辞めることができるとしています。

しかし、1~2ヶ月はかかる覚悟を持っておきましょう。

 

退職は自己都合なので、やはり残される人にできるだけ迷惑をかけないようにするのが大切です。

  1. 新任や在籍者への引き継ぎ or 引き継ぎ資料作成
  2. お世話になった人への挨拶(社内・社外)
  3. 私物の整理 など

 

  • 「新任が決まるまでいてくれ!」
  • 「あと3ヶ月だけ働いてくれ!」

このような戯言に耳を傾ける必要はありませんが、円満に退職できるようにやることはしっかり済ませましょう。

 

ポイント⑤ 転職先を決めてから辞める(理想)

仕事を辞めるときのポイントの1つ目は、「転職先を決めてから辞める(理想)」です。

 

転職活動をするタイミングは大きく3つに分けられます。

  1. 在籍中
  2. 有給消化中(ギリギリ在籍中)
  3. 退職後

 

個人的には、転職先を決めてから仕事を辞めるのをおすすめしています。

なぜなら、退職後のブランクが長ければ長いほど、その間にしていたことを具体的に説明する必要があるからです。

納得のできる回答ができなければ、評価に悪影響を与えてしまいます。

👉次を決めずに退職は最悪!20代なら1週間で内定も!

 

ただ、転職先を決めてから仕事を辞めるのは、あくまで理想です。

  • 毎日深夜まで残業
  • 有給が取れない
  • 精神的にきつい

このように在籍中にどうしても転職活動ができないケースもあるはずです。

 

自分の状況を加味して、臨機応変に対応するようにしましょう。

👉「仕事に行きたくない。辞めたい」←その悩み、もう解決しませんか?

 

転職の7つのステップ
① 自己分析
② 情報収集
③ 職務経歴書、履歴書の準備
④ 求人に応募
⑤ 面接対策・スケジュール調整
⑥ 面接を受ける
⑦ 内定

転職の7つのステップの詳細や、転職活動にかかる労力や時間を半減させる裏技を下記で紹介しています。

あわせてご覧ください。

👉転職の7ステップを紹介【労力や時間を半減させる裏技あり】

 

今の職場で「人手不足かも…」と感じたら

仕事辞めたいと思っても、まだ辞める姿を想像できない人も多いですよね。

 

「人手不足かも…」と感じたら、まずは辞めた後のことを具体的にイメージすることが大切です。

とくに、長時間残業や休日出勤、サービス残業が当たり前になっている人は、会社にいいように使われている状態です。

 

辞めた後のことを具体的にイメージするためには、ときどき求人を見るようにしましょう。

 

  • 「求人を見たら、今の会社以外にも居場所があることを実感できました」
  • 「世の中には好条件の求人がたくさんあることがわかりました」

もう何年も前から、2人に1人は転職経験者と言われています。

1つの会社に身も心も捧げるという風習は、とうの昔になくなっています。

 

人手不足の会社にいても、状況が改善することはほとんどありません。

「人手不足かも…」と感じたら、やめた後のことを具体的にイメージするため、求人を見るようにしてみてください。

👉【求人を見る】おすすめ就活サイトTOP5!

 

※人気の優良求人は早いもの勝ちです!

迷ったらこちらに登録しましょう
20代特化型就活サイト
特徴:20代特化型の最大手!
👉 マイナビジョブ20’s

②  総合型就活サイト
特徴:業界No.1の転職エージェント!
👉リクルートエージェント

 

スポンサーリンク

【仕事辞めたいけど言えない】人手不足なら辞めていい!

いかがでしたでしょうか。

 

人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由と、仕事を辞めるときの5つのポイントをおさらいします。

人手不足なら仕事を辞めるべき3つの理由
① 人手不足はかんたんに解消できない
② 日本だけでも”400万以上”の企業がある
③ 突然社長が辞めても会社は問題なく回り続ける

仕事を辞めるときの5つのポイント
① 退職は、相談ではなく報告する
② 反論しづらい退職理由にする
③ 直属の上司以外にも伝える
④ 1,2ヶ月はかかる覚悟を持つ
⑤ 転職先を決めてから辞める(理想)

🔺仕事を辞めるときの5つのポイントの詳細に戻る🔺

 

残される人に気をつかったり。

いざとなると言い出しづらかったり。

仕事辞めたいけど言えない」という人は多いと思います。

 

仕事辞めたい原因が人手不足であれば、思い切って「辞めたい」と言いましょう。

大切なのは会社ではありません。

あなたの気持ちや健康です。

 

400万以上ある企業のうちのたった1社のせいで、あなたがつらい思いをする必要はありません。

あなたの気持ちと健康を第一に、仕事を辞めるか考えるようにしてください!

 

記事内に載せたリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

※人気の優良求人は早いもの勝ちです!

迷ったらこちらに登録しましょう
20代特化型就活サイト
特徴:20代特化型の最大手!
👉 マイナビジョブ20’s

②  総合型就活サイト
特徴:業界No.1の転職エージェント!
👉リクルートエージェント
タイトルとURLをコピーしました