【東大院生が検証】最も集中できる勉強場所はここだ【高校生・大学生編】

スポンサーリンク
勉強の質を高める

★★★★★★★★★★★★★

10/27(日)まで

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法『10/27まで』

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

★★★★★★★★★★★★★

こんな人にオススメ
  • 勉強効率を上げたい!
  • いつもどこで勉強するか迷う!
  • 集中して勉強したい!
スポンサーリンク

勉強場所を変えれば、勉強効率は格段に上がる!

「家でしか勉強したことない」
「どこで勉強しても同じでしょ?」

ちょっと待ってください!
これまで勉強で思うような結果が出せなかったという人も、勉強場所一つ変えるだけで、とたんに成績がアップするかもしれないですよ!

「勉強したい・・・でも、授業やバイトで時間が奪われる!」
「勉強したい・・・サークルや飲み会もおろそかにしたくない!」

まずは勉強場所を変えて、時間あたりの勉強成果を上げてみましょう!

試験勉強も受験勉強も、定められた期日までに勉強をしなければいけません。
さらに、授業、バイト、部活、遊び・・・やりたいことも、やらなければいけないこともたくさんある。
つまり、勉強で人より優れた結果を出すためには、勉強効率を上げるしかありません

今回は、高校生・大学生のための勉強効率が上がる勉強場所を、ランキング形式で見ていきます

勉強場所は次の7つです。
「家(リビング)」「家(自室)」「カフェ」「ファミレス・ファーストフード店」「市立図書館」「校内自習スペース(学校図書館含む)」「予備校自習室」から選んでいきます。

スポンサーリンク

高校生・大学生におすすめの勉強場所ランキング

☆第7位☆ ファミレス・ファーストフード店

【メリット】

  • 友達を勉強ができる
  • 好きなときに食事ができる
  • 安いお金で長時間いることもできる
【デメリット】
  • お金がかかる
  • 周囲が騒がしい

【総評】

高校生・大学生の人であれば、いきつけのファミレスやファーストフード店を持っている人もおおいでしょう。
多少大きな声で話をしても問題ないので。複数人で相談しながら勉強をするには向いています
逆にいえば、周囲のお客さんも話をしているため、耳に聞こえてくる話し声に集中を妨げられることもしばしばあります。

学生であれば、勉強のために毎日お金を使うわけにもいきませんので、気分転換に友達とご飯を食べ、その後勉強するなどのケースであれば活用できそうです

☆第6位☆ 家(自室)

【メリット】

  • 静かに勉強できる
  • 教材がそろっている
  • 移動時間がかからない
  • お金がかからない

【デメリット】

  • マンガやスマホなど誘惑物がたくさんある
  • 一人の時間が多く、勉強をサボりやすい

【総評】

勉強する習慣がしっかり身についていない状態での自室での勉強はあまりおすすめできません

自室ということは、少し伸ばせば、スマホはもちろんのこと、本やマンガ、ゲームに手が届いてしまうでしょう。
それでいて、誰にも見られていないため、相当強い自制心がなければ長時間集中して勉強をすることは難しいです。

それでも無理やり勉強する意志を身につけるよりも、勉強場所を変えたほうがよほど短時間で効果がでます。
時間の都合上、どうしても家で勉強しなければいけないときは、家族が見ているリビングにするか、自室のドアを開けっ放しにして、いつ見られるか分からない状態で勉強をするのが良いでしょう

☆第5位☆ カフェ

【メリット】

  • 落ち着いた雰囲気で勉強できる
  • コーヒーに眠気覚ましの効果がある
  • レジから遠い席を選べば店員がほとんどこない

【デメリット】

  • お金がかかる
  • ファミレスと比べて席が狭いことが多い
  • 周囲が騒がしい

【総評】

ファミレスやファーストフード店などの外食店の中では、最もいい環境と言えるでしょう。
勉強している人が多く、話し声もあまり気にならないのも魅力的です。
また、眠気覚まし効果のあるコーヒーも飲むことができ、閑静な音楽も心を落ち着けてくれます。

そはいえ、学生であればお金のかからない良い勉強場所が他にもたくさんあります。
無類のカフェ好きであれば最高の勉強場所かもしれませんが、図書館や自習スペースの周りの人の集中度や緊張感には及ばないでしょう。

コーヒーを飲みながら1時間だけ勉強するなどは、気分転換にもなってよいかもしれません。
私は、社会人になってからは早朝の勉強でカフェを利用させてもらっています。

☆第4位☆ 家(リビング)

【メリット】

  • 広い机で勉強できる
  • 家族の監視下のもと勉強できる
  • 移動時間がかからない
  • お金がかからない

【デメリット】

  • 家族がテレビを見ていると勉強できない
  • 一人暮らしだと監視の目がないため、誘惑に負けやすい

【総評】

リビングと自室を比較すると、「誘惑物の有無」や「監視の目」という観点からリビングで勉強をするほうが効果的でしょう。
しかし、一人暮らしの人は自室でもリビングでも常に「監視の目」のない状態ですので、強く自制心を持たなければ集中して勉強を長時間続けることは難しいでしょう。
逆にいえば、監視の目がない状態で長時間集中して勉強をできる方は、おそらく人並み以上の勉強成果をすでに出していると思われます。

リビングでの勉強は、家族との調整が必要になります。
家族がテレビを見ていたり、兄弟が邪魔をして来たりなど、勉強に集中できない原因が起こりうることも事実です。

勉強場所は一つに固定する必要は全く無いので、事前に家族と話し合い、リビングで勉強をする時間、自室で勉強をする時間などを決めておくのも一つの手段でしょう

☆第3位☆ 市立図書館

【メリット】

  • 勉強をしている人が多く、やる気がもらえる
  • 勉強している人も多く、サボりにくい
  • お金がかからない
【デメリット】
  • 開館時間が限られている
  • 席を確保できないケースもある

【総評】

図書館は、なんと言っても静かです。
そして、周りも本を読んだり勉強している人がたくさんいるため、「自分も勉強するぞ」という気持ちにさせてくれます。
また、周囲が真剣に勉強している中、自分だけサボるわけにいかず、集中しやすい環境にあります。

問題点は、混んでいる時間帯には席を確保できない恐れがあること、夜遅くまでやっていないことです。
しかし、開館時間に図書館に行く、平日の昼の空いている時間に利用するなどで、席を確保できない問題を解消でき、勉強場所として心強い味方になります

私も、学生時代は、地元の市立図書館で勉強をすることが多かったです。
学校の自習スペースと比較して、家から近かったのが良かったっです。

学校まで距離がある場合や、休日で予備校や学校が空いていない場合は、最も最適な勉強場所と言えるでしょう

☆第2位☆ 予備校自習室

【メリット】

  • 周囲も勉強しているため、集中できる
  • 周囲も勉強しているため、やる気がもらえる
  • 緊張感の高い環境で、サボりにくい

【デメリット】

  • 予備校に通うのにお金がかかる
  • 周囲に開放している予備校自習室がない場合がある

【総評】

私も、予備校の自習室を利用したことがあります。
予備校に通っていたわけではないですが、長期休み限定で自習室を開放していた予備校が近くにあったからです。
受験を控えた学生が、ピリピリした状態で勉強をしていました

もし、予備校に通っている、または誰にでも開放している自習室がある場合は、市立図書館以上に集中して勉強している人が多く、緊張感のある状況で勉強をすることができます。
また、わからないところがあれば、周囲の友達や講師に質問をできるのも魅力的です。

しかし、予備校に通っていない、これから行く予定もないという方は、市立図書館や校内の自習スペースを利用するのがいいでしょう。

☆第1位☆ 校内自習スペース(学校図書館含む)

【メリット】

  • 移動時間がかからない
  • わからないところはすぐに質問できる
  • 友達も勉強をしているため、やる気がもらえる
  • お金がかからない

【デメリット】

  • 利用できる時間が限られている
  • 休日は学校までの移動時間がかかる

【総評】

校内の自習スペースは、友達が勉強しているため、「集中できる」「負けないぞとやる気がもらえる」「わからないところはすぐに質問しにいける」「平日は移動時間がかからない」などの理由から、学生には最も適した勉強環境と言えるでしょう。

しかし、平日は早朝や深夜の時間帯の利用はできないですし、休日はしまっているケースもあります。
私は、家から学校までの距離もあったので、平日は校内自習スペースを利用していましたが、休日は地元の市立図書館で勉強をすることが多かったです。

一人では理解できなさそうな勉強は、校内自習スペース。
一人でもできる勉強は、市立図書館など、自分の中でルールを決めるとよいでしょう。

校内自習スペースを利用できるのは学生の特権です。
ぜひ最大限有効に活用してください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

集中力がある。集中力がない。
長時間勉強できる。短時間しか勉強できない。

これらの違いは、もちろん個人の才能や能力が全く関係しないとはいいませんが、ほとんど微々たるものです。

「勉強が苦手だ」
「長時間勉強できない」
「試験で良い点をとったことがない」

このような人は、誘惑に負けない自制心や、長時間勉強するための集中力などを伸ばそうとする前に、まず勉強場所を変えてみてください
「意外と簡単に成績が上がる」ということをすぐに実感できると思います。

勉強で結果を出せる人と出せない人を大きく分けるのは、天性の才能や圧倒的な努力量ではなく、周囲の環境次第です。

この記事をきっかけとし、勉強場所を再考してみていただけたら幸いです

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました