【東大院生おすすめ!】タイムプレッシャー勉強法で成績がアップする

スポンサーリンク
勉強の質を高める
スポンサーリンク

勉強とドーパミン

本記事では、タイマーで時間制限を設けて勉強効率を上げる方法をご紹介します。

誰でもすぐに始めることができ、高い効果も期待できる勉強法ですので、ぜひ身につけてください!

それではまずはじめに、勉強とドーパミンについて説明していきます。

ドーパミンという言葉を聞いたことがある人はおおいでしょう。

  • 達成感を感じている
  • 人から褒められた
  • 自分の知識欲が満足したとき

このようなとき、脳の中ではドーパミンを分泌します
ドーパミンとは神経伝達物質のひとつで「快楽」を生み出す脳内物質です。
そして、ドーパミンが分泌されると、人間は大きな喜びや快感を感じます

これはとても重要なことなのですが、人間の脳は、何をしてドーパミンが出たかを学習し、ドーパミンがでるきっかけとなった行動を繰り返そうとする働きがあるのです。

つまり、勉強中にドーパミンを出すことができれば、脳はさらに勉強がしたくなり、結果、資格試験に合格したり、志望大学への合格に繋がります。
この脳の仕組みは、学生、社会人問わず知っておいて損はないでしょう。

ちなみに、ドーパミンと学習の関係性については、脳科学者である茂木健一郎先生が書いた『脳を活かす勉強法』(PHP研究所)で詳しく触れられています。

とはいえ、これらは決して難しい話ではありません。

親に「絵を描くのがすごいうまいね」と言われた子どもは、その後もたくさん絵を描こうとするでしょうし、「走るのがすごく速いね」と言われたら、速く走れるようにもっと努力するでしょう
また、算数のテストで100点を取って先生に褒められると、次も頑張るぞと自主的に勉強するようになるでしょう

  • 「褒められた」→「嬉しい!」→「もっとやろう」
  • 「うまくできた」→「嬉しい!」→「もっとやろう」
  • 「わかった」→「嬉しい」→「もっとやろう」

ドーパミンが出る行動を繰り返そうとするとは、つまりこういうことです。

そして、勉強中にドーパミンを出す方法としておすすめなのが、タイマーを使用した勉強法です。
次から詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

効率の良い勉強に必須のアイテム:タイマー

キッチンタイマーのイラスト

私が、効率の良い勉強に必要不可欠だと思っているアイテムの一つが、タイマーです
キッチンでつかっているタイマーや、100円ショップで売っているストップウォッチでもOKです。

少し思い出してみてもらいたいのですが、試験2、3週間前はほとんど勉強できなかったのに、事件前日になると、それこそ深夜まで集中して勉強できたという方も多いのではないでしょうか?

なぜ集中して勉強できたのかというと、「時間がない焦り」により脳の負荷が上がり活発になったことが原因です。
そして、普段の勉強でも”試験前日の集中力”を引き出すことができるのが、タイマーをつかって脳にプレッシャーをかける勉強法なのです。

私は、勉強をするときや、このブログを書いている今もタイマーをセットして時間制限を設けています。
たまにタイマーをセットし忘れたまま作業をすると、効率がかなり落ちていることがすぐに実感できます

また、時間制限を設けることで効率が上がるのは勉強に限った話ではありません。
私は、年功序列ではなく実力主義の風潮のあるコンサルティング会社に勤めているのですが、若くして出世している人の仕事を観察してみると、圧倒的に仕事が速いという特徴があります。

実際にタイマーで時間制限を設けて仕事をしている人もいますし、スケジュールをびっしり詰めることで、必然的に時間制限がかかるようにしている人もいます。

習慣化コンサルタントの古川武士さんが書いた『図解 2割に集中して結果を出す習慣術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の中でも、「仕事のできる人は制限を設けて頑張る」と述べられています。

このように、学生や社会人、勉強や仕事を問わず、時間あたりの効率を高めるために、タイマーは必須のアイテムといえるのです。

スポンサーリンク

タイマーをつかったタイムプレッシャー勉強法

タイマーを使って脳に負荷をかける方法は、はじめに説明したドーパミン分泌の観点からも非常に理にかなっています

実は、人の脳は「できて当たり前のこと」をしても、ドーパミンは分泌されません。
逆に、「できるかどうか分からない大変なこと」をクリアすると、ドーパミンは分泌されます

簡単な勉強でも、難しい勉強でも、タイマーを用いてタイムプレッシャーをかけることで、脳に負荷をかけ活性化させるだけでなく、達成したときに分泌されるドーパミンの量も増えるのです

また、時間制限を設けることでゲームのように楽しみながら勉強をすることもできますし、時間制限を設けてクリアすることで成功体験にもなります

このように良いこと尽くめの勉強法ですが、やり方はとても簡単です。

【タイムプレッシャー勉強法やり方】
・ タイマーを使って制限時間を設ける
・ 実際にかかった勉強時間を測定する

この2つだけです。

「制限時間をどれくらいにすればいいのか分からない」
「タイマーもストップウォッチももっていない」

このような方もいると思います。
しかし、前者に関しては何度か実践するうちに、自分にあった最適な制限時間がだんだんと分かってきます。
また、後者に関してはスマホ1台で解決することができます。

ただ、スマホは勉強中に集中力を妨げる原因にもなりますので、できればキッチンタイマーやストップウォッチを買うことをおすすめします。(100円ショップでも売っています!)
また、やむを得ずスマホをタイマーをタイマーとして使用する場合は、機内モードに設定しておきましょう

少なくとも。メールの受信やメッセージアプリからの通知で意識がそれることはなくなります。

ぜひ、勉強をするときは制限時間を設けて脳にプレッシャーをかけることを習慣にしてみてください

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近年では、人生100年時代と言われるほどの長寿時代になりましたが、時間が有限であるということには代わりありません。

学生が受験勉強をするときも、資格試験を受けるときも、試験日が定められていて、その日までに合格点を取れるようにしなければいけません。
さらに社会人の方は、1日の大半の時間を仕事に費やし、やっとの思いで捻出した限りある勉強時間で試験日までに合格点を取れるようにしなければいけません。

「何時間勉強するか」ということも当然大切なのですが、今まで以上に短い時間で結果を出したいと思ったら、「時間あたりの勉強成果を如何に高めるか」ということを意識しなければいけません

そのために、誰でも簡単にできて、効果の高いおすすめの方法が、タイムプレッシャー勉強法です。

スマホを持ち歩いていないという人はほとんどいないでしょうし、今すぐに始められる勉強のテクニックです。

ぜひ、これからは、タイマーで時間制限を設けた勉強を意識していただけたら幸いです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【試し読み+無料で読む方法】
200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル』2019年9月15日出版!

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

ぜひチェックしてみて下さい!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました