ESCAPE超おすすめ"無料"就活サイト5選!院試情報を一覧でみる

【未経験者】IT業界の志望動機と仕組みを解説

未経験者】IT業界の志望動機と仕組みを解説就活テクニック
ESCAPE就活OPENCHAT
  • 「未経験だけどIT業界で活躍したい」
  • 「IT業界未経験者の魅力的な志望動機とは?」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ IT業界に適している人物像
✓ IT業界の中にある4つの業界
✓ 未経験でも採用される志望動機を作成するポイント

この記事を読んで得られること
✓未経験からでもIT業界を目指せる志望動機の構成がわかる!
記事の信頼性
✓ メンバー1,600名以上の東大院試(就活)サークルESCAPEを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

 

くろまあくと
くろまあくと

エンジニアの就職を考えている人でレバテックルーキーを知らない人はチェックしてみてください。
必要だと思ったら、納得のいく就活をするためにもこういった無料サービスはどんどん活用しましょう!就活生の特権です!

 

スポンサーリンク

【未経験者必見】志望動機を考える前に、IT業界に適した人物像を把握しよう!

昨今ではパソコンやスマホの普及により、売り手市場と言われるIT業界。

今後の発展も期待できる事から、未経験でもIT業界への就職を検討している方は多いのではないでしょうか。

結論から先に申し上げると、未経験者でもIT業界を目指せます。

しかし、内定を得る為にはIT業界が求める人物像を理解し、自分は適性があるのかを知る必要があります。

この項では、IT業界に適している人物像をご紹介していきます。

IT業界では、大きく分けて下記の3つの特徴を持った人物を求めています。

 

  1. ITへの関心が強い
  2. 変化を恐れない人
  3. 物事を論理的に考えられる

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

IT業界に適した人物像①:ITへの関心が強い

1点目に挙げられる人物像は、ITへの関心が強く、常にITについて学んでいく事が苦ではないといった人物です。

IT業界は常に最新技術に触れている必要があり、日々勉強し続ける必要があると言っても過言ではありません。

この勉強の日々に耐えられるほど、IT業界について関心がある人物でないとIT業界で長く活躍することは難しいでしょう。

「もともと機械が好き」「PCは何時間でも触っていられる」このようなタイプはIT業界に適性があります。

 

くろまあくと
くろまあくと

学ぶことが多い業界なので、未経験でも興味関心が強い人材を企業は求めています!

「好きこそものの上手なれ」という諺もある通り、IT業界に興味関心がある方は、大変適性があると言えるでしょう。

 

IT業界に適した人物像②:変化を恐れない人

2点目に挙げられる人物像は、変化を恐れない人物です。

上の項でも述べましたが、IT業界は常に変化してゆく業界と言えます。

数十年前までは、スマートフォンという小さな端末にアプリケーションを入れて動画編集や高画質の写真撮影が出来るなんて誰も想像していませんでした。

しかし、IT業界では従来の技術に固執せずに更なる進化を求めた結果、現在のようなIT社会が誕生し、IT業界が売り手市場になったと言っても過言ではありません。

IT業界では、このように常に変化を恐れずに新しい事に挑戦していく人物が求められていると言えるでしょう。

 

IT業界に適した人物像③:物事を論理的に考えられる

最後に挙げられる人物像は、物事を論理的に考えられる人物です。

IT業界では、業種を問わず論理的思考が求められます。

具体例を挙げると、システム設計を行うと言った際に設定値を設ける必要があります。

しかし、この設定値はどのように導き出したのか・どのような根拠でこの設定値にしたのかという点を、常に明確にすることが必要です。

この他にも多岐に立って論理的思考が求められます。

物事の法則をしっかりと理解し、論理的に組み立てができる方はIT業界で重宝される人材と言えるでしょう。

 

くろまあくと
くろまあくと

優秀なエンジニアの大半はロジカルシンキングが重要と捉えていています。論理的に考える事が苦手な方は、物事を体系的に筋道を立てて考える事を習慣にしてみてください。

 

【補足】IT業界に適していない人物像とは?

補足として、IT業界に適していない人物像もご紹介していきます。

企業が求めていない人物像を知る事で、志望動機の対策になります。

適している人物像のみでなく、適していない人物像も是非頭に置いておきましょう。

IT業界が求めていない人物像は、大きく分けると下記の4つの特徴を持つ人物です。

 

  • 学んでいく事が苦手
  • ルーティンワークが向いていない
  • 細かな作業が苦手で大雑把
  • 新しい物を作り出す事に関心がない

 

まず、日々新しい技術を習得していく必要があるIT業界なので勤勉でない学習意欲の低い人物はIT業界に向いていないと言えます。

万が一、運よく就職できたとしても、常に新しい技術を学び続けられない人材は余剰人財となり、大きな業績は残せないでしょう。

次に、ルーティンワークが苦手な方もIT業界には向いていません。

IT業界は、常に新しい事を生み出すクリエイティブな業界ですが、実は日々の業務はシステムのテストや、エラーが出れば修正し再度テストを行うと言ったルーティンワークです。

IT業界で創造する事を目的として入社する方は、この短調なルーティンワークが辛く感じ挫折していまうと言ったケースも少なくありません。

また、大雑把な方や新しいものを作り出す事に関心が持てない方も適正が無いと言えます。

新しい物を作り出した満足感は、ものを作り出す事に関心が持てない方には得にくく、仕事における意義を持てないでしょう。

更に、IT業界では仕事の正確さが最も重要になる為、適当に匙加減で仕事をする人は向いてはいません。

 

くろまあくと
くろまあくと

IT業界に適していない人物像に該当しないよう、志望動機を作成してみましょう!

 

スポンサーリンク

IT業界は大きく分けて4つの業種で構成されている

続いて、IT業界の中で自分はどの業種を目指したいのかを明確にしておきましょう。

一口にIT業界と言っても業界は広く、大きく分けると下記の4種類の業種に分類されます。

 

  • ハードウェア業界
  • インターネット業界
  • ソフトウェア業界
  • 情報処理サービス業界

 

それぞれ、詳しく見ていきます。

IT業界の業種①:ハードウェア業界

ハードウェア業界は、パソコンや生活に欠かせない電化製品に組み込むシステムを開発する業界です。

主な職種は「営業」「組み込みエンジニア」で、普段使用している電化製品の殆どはハードウェア業界で製造・販売しています。

特に営業職は、IT業界の中でも積極的に未経験者の採用を行っており、実務を経てスキルを積んでいけば良いとされるケースも多いので、挑戦しやすいでしょう。

 

くろまあくと
くろまあくと

ハードウェアは「目に見えるもの」を指します。一方「目に見えないもの」を指すのがソフトウェアです。

 

IT業界の業種②:インターネット業界

インターネット業界には、普段目にするインターネット上のウェブサイトを制作する「Webディレクター」と言った職と、ウェブサイトをデザインする「Webデザイナー」があります。

いずれもITについての知識が必要になる職種で、Webディレクターに関しては知識のみでなく進行管理も並行して行う為、コミュニケーション能力や統率力も必要とされます。

未経験でインターネット業界に就職する場合には、自分のスキルが証明できるWebサイトを作成して実績を作っておくことが一般的です。

 

IT業界の業種③:ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、IT業界と聞くと誰もがイメージする「SE(システムエンジニア)」や「プログラマー」と言った職種のある業界です。

SEにもプログラマーにも共通して言える事は、プログラミングの知識が必要だという点です。

SEの主な業務は、クライアントの要望に沿ったソフトウェアを開発する事ですが、企業によってはマネジメント業務もSEが兼任するケースがあります。

一方プログラマーの主な業務は、ソフトウェアの構築です。

受ける案件に応じて使用するプログラミング言語は様々な為、多種多様なプログラミング言語を扱える必要性があります。

 

IT業界の業種④:情報処理サービス業界

最後に挙げられる業界は、情報処理サービス業界です。

情報処理サービス業界で有名な職は「ITコンサルタント」や「セールスエンジニア」と言った職種になります。

どちらの職もIT業界の知識があり、経験豊富な人材を求めている事が特徴で、クライアントとの打ち合わせや外部との連携が必要な事から、優れたコミュニケーション能力も必要です。

未経験からの採用は殆どなく、経験者や即戦力な人財を優遇している業界と言えるでしょう。

 

くろまあくと
くろまあくと

ご自身のスキルや、やりたい事と照らし合わせて上記の4つの業界の中から、どの業界を目指すのかを明確にしておきましょう。

 

スポンサーリンク

未経験でも大丈夫!IT業界の志望動機は3つのポイントが大切

次に、IT業界に志望した動機を上手く伝える3つのポイントを解説していきます。

下記のポイントを参考に志望動機を上手くまとめれば、面接官の目に留まるPRが出来るでしょう。

ポイント1:なぜIT業界にしたのか明確に答える

ポイント2:IT業界の中でも何故この企業を選んだのか

ポイント3:IT業界について勉強しておく

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

ポイント①:なぜIT業界にしたのか明確に答える

1点目のポイントは、なぜ未経験からIT業界に挑戦しようとしたのかを明確にするという点です。

面接官は志望動機に着目するケースが多く、IT業界未経験のあなたが何故IT業界に挑戦しようと思ったのかが、とても気になるでしょう。

IT業界を選択した理由を雑に扱ってしまうと、全体的な志望動機が薄っぺらいものに聞こえ、説得力に欠けてしまいます。

志望動機に説得力を持たせるために、IT業界に志望した理由は大袈裟なくらいに説明しましょう。

志望したきっかけは勿論の事ですが、志望したきっかけと共にエビデンスも入れる事により、志望動機にストーリー性が生まれ、説得力を持たせられると言えます。

 

くろまあくと
くろまあくと

エビデンスを考えると言うと、少し難しそうに思うかもしれませんが、IT業界に興味を持ったきっかけを思い出すことにより、エビデンスを導き出すことができますよ。

 

ポイント②:IT業界の中でも何故この企業を選んだのか

2点目のポイントは「何故IT業界の中でもこの職種にしたのか」「何故数あるIT企業の中でこの企業を選択したのか」に答えられるようにしておくという点です。

この問いに上手く答える為には、企業研究が必要になります。

企業研究を怠らない事により、企業が求める人物像や将来のヴィジョンが明確になるので、説得力のある動機が導き出せます。

間違っても書いてほしくない志望動機は「福利厚生が充実している」「研修制度がしっかりしている」と言った志望動機です。

どこの企業にも言える志望動機ではなく、企業の将来のヴィジョンと自分の将来的になりたいIT業界の職種を照らし合わせて、この企業を選択した理由を述べると面接官の印象に残りやすくなります。

志望動機を通じて、貴方が企業に貢献できる人材である事をしっかり認識してもらいましょう。

 

ポイント③:IT業界について勉強しておく

最後に挙げられるポイントは、未経験者であっても将来のヴィジョンを語れる程度にはIT業界について知っておくという点です。

「IT業界で頑張りたい!」「IT業界を盛り上げたい」と面接官に漠然としたアピールをしても、面接官は具体的にあなたがどのように活躍したいのか見えてこないでしょう。

一番効果的なのは、IT関連の資格を取得する・自分でアプリケーションを作成すると言った目に見えて判断できるデータがあることです。

このようなデータを用意できることにより、IT業界への意欲や興味関心をアピールできます。

 

くろまあくと
くろまあくと

資格取得やアプリケーションの作成は敷居が高いという方は「ITに関して勉強している最中」「現在、プログラミング言語を勉強しています」等、IT業界に対しての意欲があることを伝えるだけでも効果的ですよ!

 

スポンサーリンク

【例文付き!】IT業界の志望動機の具体例

最後に、未経験者でも採用される志望動機の例文を解説して終わります。

下記の例文を、ご自身の今まで積み上げてきたスキルに置き換えてアレンジして使用してみてください。

例文①:文系出身者の志望動機

私は文系出身者ですが、IT業界に非常に興味があり志望しました。

興味を持ったきっかけは、Webページの閲覧です。

普段何気なく検索しているWebページですが、見にくいWebページと見やすいWebページの差が気になりました。

個人的に分析してみたところ、双方のサイトには「見やすさ」「使い勝手」「ページの表示スピード」等の違いがあり、内容よりもサイトの作り方1つでユーザーに与える影響は大きく異なる事が非常に興味深く、自分もWebマーケティングの世界で活躍したいと思いました。

貴社でWebデザイナーとなった暁には、Webサイトに求めるユーザーの深層心理を深く研究し、必ずや評価されるWebサイトを顧客企業に提供していきます。

 

くろまあくと
くろまあくと

未経験者ながらもIT業界への強い興味が伺える志望動機です。

IT業界を目指した「きっかけ」を思い出して、何故IT業界で活躍したいのかをPRしましょう。

 

例文②:即戦力にはなれない場合の志望動機

貴社の企業としての在り方に共感し、エンジニアこそ私の生きる道だと感じ、一生の仕事にしたいと思い志望しました。

私は今までIT業界とは異なる業界におりました為、業界未経験で即戦力にはなれません。

しかし、私は勤勉である事は誰にも負けません。

実際に前職の不動産業では、業界の理解を深めるために宅地建物取引主任者の資格を仕事と両立しながら1年で取得しました。

IT業界でも、この特技を生かし、日々の業務の中からだけでなく独自に学び、必要な資格は積極的に取得し、必ずや短期間で仕事をマスターし、貴社のお役に立つことをお約束します。

 

くろまあくと
くろまあくと

勤勉であるPRと共に、今までの勤勉エピソードをPRした説得力のある志望動機です。

企業によって求めている人財は異なる為、上記でご紹介した例文と企業が求める人物像を照らし合わせて、良い志望動機を作成してください!

 

スポンサーリンク

未経験者がIT業界で採用されるには「志望動機」が重要!

当記事では、未経験者がIT業界で採用される志望動機のポイントに詳しく解説していきました。

IT業界が求めている人材や採用される志望動機を、おさらいします。

【IT業界が求めている人材】

  • ITへの関心が強い
  • 変化を恐れない
  • 物事を論理的に考えられる

【未経験でもIT業界で採用される志望動機のポイント】

  • なぜIT業界にしたのかを明確にする
  • IT業界について勉強した上で志望動機を作成する
  • IT業界の中でも何故この企業にしたのかを、企業研究した上で答える

 

IT業界が求めている人物像をしっかりと把握し、企業研究を重ねれば未経験でもIT業界で就職できます。

未経験であるという点から、採用されるには「志望動機」が最も重要なキーと言えるでしょう。

当記事でご紹介したポイントを参考に、IT業界未経験であっても面接官にアピールできる志望動機を作成してみてください。

当記事でご紹介した例文を参考に、あなたの強みとともにIT業界に興味を持った理由をPRできる志望動機を作成してみてください。

 

くろまあくと
くろまあくと

エンジニアの就職を考えている人でレバテックルーキーを知らない人はチェックしてみてください。
必要だと思ったら、納得のいく就活をするためにもこういった無料サービスはどんどん活用しましょう!就活生の特権です!

また、就活の有益な情報は下記にまとめています。ぜひご活用ください。

【23卒の多くの人が利用しています!】
エントリー就活
だけだと、
”内定の機会”50%も逃しています!

逆求人就活サイトはおすすめ3つだけ利用すればOK!
【おすすめ逆求人就活サイト3選】
・ OfferBox(オファーボックス)
・ dodaキャンパス
・ キミスカ

※プロフィールはコピーできるので、3つ全て利用するのがおすすめです
くろまあくと
くろまあくと
”23卒”にもおすすめ!
”今”登録すれば、”今日から”オファーが届きます!
【早期内定者獲得者続出!】使わないと損する逆求人就活サイト3選
第1位 「就活生の3人に1人が利用!大学生協もおすすめ」

【就活生の3人に1人が利用!大学生協オススメの新時代の就活サイト】

✓ 大学生協がオススメ
✓ 大手企業からオファーがもらえる
✓ 日産自動車、JCBなど6,550社以上が利用
✓ 経済産業省、資生堂、マイクロソフトが利用

第2位 「”6,200社”以上の企業が利用!」

【教育業界最大手のベネッセが運営】

✓ 就活生の5人に1人が利用
✓ 教育最大手のベネッセが運営
✓ 6,200社以上の企業が利用している
✓ プロフィールを入力してスカウトがもらえる

第3位 「内定にもっとも近い就活をするなら」

【内定にもっとも近い就活!プラチナスカウトが魅力】

✓ 企業からスカウトがもらえる
✓ 最も内定に近い就活ができる
✓ 超優良レベルの適性診断が無料
✓ いきなり役員面接のスカウトあり

就活テクニック
\記事タイトルとURLをコピーできます!/
必読記事
2223卒おすすめ就活サイト.ESCAPE就活OPENCHAT
ESCAPE Log くろまあくとの院試・就活ログ
タイトルとURLをコピーしました