【厳選】21,22卒が利用すべき就活サイト5選!院試情報を一覧で確認

【就活がきつい】7場面別、内定獲得の秘訣!自己分析~最終面接まで

【就活がきつい】7場面別、内定獲得の秘訣!自己分析~最終面接まで就活テクニック
  • 「就活がきついです。大学4年生で内定0です」
  • 「周囲のプレッシャーで就活がきついです」
  • 「ことごとく面接で落とされ、就活がきつい…」

本記事では、このような疑問や悩みを解決していきます!

 

この記事の内容
✓ 「就活がきつい人へ」内定獲得の秘訣!(7場面別)
この記事を読んで得られること
✓ 就活がきついときに内定を獲得する秘訣がわかる
記事の信頼性
✓ メンバー1,450名以上の東大院試(就活)サークルを運営
✓ 数百人以上の大学生、大学院生の就活に携わっています
✓ 大学生、大学院生と2度の就活を経験。複数の難関企業から内定を獲得しました

 

スポンサーリンク

就活がきつい人はたくさんいる

  • 「就活がきついです。もう辞めたいです…」
  • 「全然内定もらえず、就活がきついです…」

あなたは、このように就活の不安や辛さを抱えていませんか?

 

自信のあった企業からお祈りメールをもらったり。

周囲と比較して自分はダメだと落ち込んだり。

 

「就活がきつい」と毎日が嫌になることもありますよね

 

就活がきつい人はたくさんいる

就活が精神的にきついです…。

周囲より早く就活をスタートしたつもりですが、まだ内定がありません。

後からスタートした人にどんどん抜かれていきます…。

就活がきついです。

友達や家族の優しい言葉まで嫌味に聞こえてしまいます…。

このままじゃ、内定をもらえる気がしないです。

 

私は、就活を2度経験しています。

大学生のときと大学院生のときです。

 

就活の辛さや大変さを人の2倍体感しているので、「就活がきつい」気持ちは痛いほどわかります。

 

「就活がきつい」は解決できる!

結論から言います。

「就活がきつい」は永遠には続きません。必ず、解決することができます。

 

  • 「最終面接がきつい」「GD・GWがきつい」という場面別の内定をもらう秘訣

本記事では、このような「就活がきつい」を解決する方法を紹介していきます。

 

「就活がきつい」を解決し、内定をもらう秘訣がわかるはずです。

それでは早速見ていきます。

 
スポンサーリンク

「就活がきつい人へ」内定獲得の秘訣!(7場面別)

「就活がきつい人へ」内定獲得の秘訣!(7場面別)

  • 「最終面接までは進むんだけど…」
  • 「グループワークがどうしても苦手…」

このように、就活がきついと言っても状況は人それぞれ違います。

 

説明会~最終面接まで、7場面別の就活がきつい理由や内定獲得の秘訣を見ていきましょう。

内定獲得の秘訣(7場面別)
① 最終面接
② 1~2次面接
③ GW・GD
④ ES作成
⑤ 業界分析・企業研究
⑥ 自己分析
⑦ 説明会

1つずつ見ていきます。

 

場面①:最終面接

「就活がきつい」1つ目の場面は、「最終面接」です。

きつい理由
・最終面接まできて落ちたらどうしよう…というプレッシャー

内定の秘訣
・入社する強い意志を示す
・最終面接は意思確認の場の嘘に騙されない

 

最終面接まできたのに、落ちたらどうしようというプレッシャーはかなりのものです。

また、最終面接では「社長・役員」などの重役が面接官であることが多いです。

そのため、面接慣れしていないと緊張してうまく話せないこともあります。

 

最終面接では、「入社したい」という強い意思を示すようにしましょう

また、最終面接が意思確認の場というのは嘘です。

ESを見返す、面接の練習をするなど、気を引き締めて臨むのがおすすめです。

 

場面②:1~2次面接

「就活がきつい」2つ目の場面は、「1~2次面接」です。

きつい理由
・面接官の質問内容に、しっかりと回答できるか不安

内定の秘訣
・回答は出だしだけ決めておく(丸暗記しない)
・服装、髪型、表情、声のトーンまで意識する

 

私も、面接慣れするまでは「ちゃんと回答できるかな」とすごい不安でした。

 

面接では、回答を丸暗記しないようにしましょう。

丸暗記すると、ワンフレーズ思い出せないだけですぐに頭が真っ白になってしまいます。

このあたりは、面接の経験を詰めば簡単に解決できます。

👉【裏技】就活は『経験』が100%!超簡単に内定を大量獲得する方法

 

また、面接で確実に通過できるのは細部にまで気をつかえる人です。

服装、姿勢、表情、声の大きさ、トーンなどです。

話し手が聞き手に与える影響を数値化した「メラビアンの法則」というものがあります。

この法則によると、話の内容が印象に与える影響はわずか7%にすぎません。
(見た目:55% 声の大きさ・トーン:38% 話の内容:7%)

 

面接時には清潔感のある外見、聞いていて気持ちがいい声の大きさやトーンを意識するようにしましょう

 

場面③:GW・GD

「就活がきつい」3つ目の場面は、「GW(グループワーク)・GD(グループディスカッション)」です。

きつい理由
・発言する内容やタイミングがわからない
・優秀な周りの就活生と比べて落ち込む

内定の秘訣
・積極的に発言する
・他人の意見を否定しない

当日集まった見ず知らずの就活生とGW・GDをするのは、かなりハードルが高いですよね。

 

まずは、思い切って発言するように心がけましょう。

発言しなければ、採用担当者もあなたのことを評価できません。

 

また、GWやGDに慣れてきたら、他人の意見を否定しないようにするのもポイントです。

周りが見えてきてグループを引っ張ることができるようになると、つい真っ向から意見を否定してしまいがちです。

すると、「協調性がない」「周りの話に耳を傾けない」と評価され、落とされてしまいます。

 

「同じグループのメンバーは仲間。お互いのいいところを引き出して課題を解決していく」

このような意識でGW・GDに臨みましょう。

 

場面④:ES作成

「就活がきつい」4つ目の場面は、「ES作成」です。

きつい理由
・何十ものESを作成するのが大変

内定の秘訣
・過去のESをExcelファイルなどに全てまとめておく

大量のESを作成するのはきついですよね。

中には、「400文字」✕「質問5つ」など、数千文字をかかされるESまであります。

 

ESのコツは、過去のESをきちんとまとめておくことです。

面倒かもしれませんが、まとめる作業をするだけで後々効率が大きく変わります。

 

  • 似た質問は、使い回す
  • 落ちたESは大幅修正する
  • 受かったESはさらにブラッシュアップする

10近いESをこなせば、あとはほとんどコピペでESをかけるようになります。

 

きついのは始めだけ。

1つのファイルにまとめておくことで、書けば書くたびにESにかかる時間が短くなっていきます。

 

場面⑤:業界分析・企業研究

「就活がきつい」5つ目の場面は、「業界分析・企業研究」です。

きつい理由
・深く研究しだしたらキリがない
・たくさん選考を受けていると時間が足りない

内定の秘訣
・自分の中で分析・研究の手順を確立する

業界分析・企業研究は、深く研究しだしたらキリがありませんよね。

 

コツは、業界分析や企業研究の手順を確立してしまうことです。

<業界分析手順>

  1. 各業界についてまとめてある本を読む
  2. 大手就活サイトのコラムを読む

<企業研究手順>

  1. 企業HPを隅々まで読み込む
  2. 企業に関するニュースを調べる
  3. 就活・転職サイトでリアルな口コミを調査する

これはほんの一例です。

自分の中で手順を決めると、時間はかけず、精度の高い業界分析や企業研究ができるようになります。

 

また、友人に聞く、就活サイトを利用してプロからノウハウを学ぶなど、周囲の力もどんどん借りましょう。

 

場面⑥:自己分析

「就活がきつい」6つ目の場面は、「自己分析」です。

きつい理由
・自己分析のやり方がわからない
・自己分析ができているのか不安になる

内定の秘訣
・自分一人で自己分析を完結させない

「将来やりたいことがわからない」「自己分析の方法がわからない」と悩みますよね。

 

自己分析は、「自分一人で完結させない」のが秘訣です。

友人に聞く、家族に聞くなどの手段もあります。

しかし、一番オススメなのは無料就活ツールを利用することです。

 

適性診断AnalyzeU+では、累計100万人以上の診断結果に基づき、「全部で25項目の偏差値」を出してくれます。

そして、自分一人では気づかない強みや自己PRポイントまで教えてくれます

 

利用する前に適性診断AnalyzeU+の評判や、詳細が知りたい方は、こちらを参考にしてください。
👉適性診断AnalyzeU+の評判や項目を解説

 

場面⑦:説明会

「就活がきつい」7つ目の場面は、「説明会」です。

きつい理由
・説明会に参加する時間や費用がバカにならない

内定の秘訣
・大勢が集まる説明会は捨てる
・代わりに、合同選考会に参加する

各企業の説明会に参加していたら時間も費用もバカにならないですよね。

 

説明会に参加しなければならないという意識は一度捨ててしまいましょう。

 

とくに、何百人も参加する説明会では、調べればわかることばかりが説明されます。

また、人数が多く採用担当者とのコネクションをつくることもできません。

就活生の貴重な時間を利用するには、説明会は得るものが少なすぎます。

 

代わりに、中規模、小規模のの合同選考会や就活イベントに参加するのがおすすめです。

就活イベント・合同選考会の流れ
① 5~7社の採用担当者と、30~50名の学生が集まる
② イベント内で、学生はグループワークを行う
③ 採用担当者はワークの様子をチェックする
④ 気になった学生に選考免除パスを与える

優秀な学生は最大7社から選考免除パスをGETすることができます

しかも、ワークを経験できるので今後の選考にも大きく役に立ちます。

👉digmee合同選考会の評判や服装は?3種類の選考会や流れも解説

 

説明会は、内定とは全く無関係です。

しかし、就活イベントや合同選考会は、内定に直結しています。

就活イベントや合同選考会の情報は、【digmee】参加者内定率96%のMeetsCompanyを利用して手に入れましょう。(無料)

 

スポンサーリンク

就活がきつい…を乗り越えた先に内定がある!

いかがでしたでしょうか。

 

内定獲得の秘訣の7場面をおさらいします。

内定獲得の秘訣(7場面別)
① 最終面接
② 1~2次面接
③ GW・GD
④ ES作成
⑤ 業界分析・企業研究
⑥ 自己分析
⑦ 説明会

🔺内定獲得の秘訣の詳細に戻る🔺

 

私は2度も就活を経験しているので、「就活がきつい…」という気持ちを嫌というほど味わっています。

自信のあった面接で落とされたりすると、本当にきついですよね。

 

しかし、「就活がきつい…」を一つずつ乗り越えていけば、必ず内定を掴むことができます。

場面別に内定の秘訣を抑え、ぜひ就活を成功させてください!

 

記事内で紹介したリンクやおすすめリンクをまとめます。

 

タイトルとURLをコピーしました