\ 重版出来 /「東大院生が実践した超ショートカット勉強法/大和出版」内容はこちら!

You Can Speakは瞬間英作文に最適!本との違いも解説!

You Can Speakは瞬間英作文に最適!本との違いも解説! 勉強の質を高める

You Can Speakは瞬間英作文に最適!本との違いも解説!

You Can Speakと瞬間英作文の本ってやってること同じじゃないの?

違う点や、You Can Speakにお金をかける価値があるのかが分からない!

本記事では、このような悩みを解決していきます!

結論からいうと、『You Can Speakは瞬間英作文の本の上位互換』のようなものです。
違う点やその詳細については本記事で説明していきます。

本記事を読むことで、「You Can Speakと瞬間英作文の本の違い」「You Can Speakを選ぶ価値があるか」「You Can Speakの超具体的な学習方法」がわかるようになります

You Can Speakって?簡単に解説!

YouCanSpeakは、「英語スピーキング習得プログラム」のことです。

「思ったことを瞬時に英語で話せるようになりたい!」という人向けのオンライン学習プログラムで、以下の3つの特徴があります。

【You Can Speakの3つの特徴】
① ドクター・キノシタの特許申請中の独自メソッド
② 制限時間ありのゲーム感覚で瞬間的に英語を話す能力が身につく
③ 教室に通う必要なし、通勤中などのスキマ時間に英会話をマスター

瞬間英作文能力を鍛えるには、現時点でこの世に存在する教材の中でもっとも優れているといっても過言ではない教材です。しかし、その分少し値は張ります。

具体的な学習手順は、後ほど画像つきで解説していきます!

★You Can Speakの口コミ、評判などはこちら
You Can Speakの評判や口コミは?TOEICも上がる?

★You Can Speakの料金・値段やおすすめのプランはこちら
You Can Speakは延長できる?料金やおすすめプランを紹介

★You Can Speakは難しい?必要な文法レベルや知識の解説はこちら
You Can Speakは難しい?必要な文法レベルを解説【例題あり】

瞬間英作文って?簡単に解説!

瞬間英作文(本)は、ベレ出版から出ている「英語をスラスラ離せるようになるための本」です。
簡単な英文をスピーディーにたくさん作ることに特化した参考書で、英作文回路を作り、反射的に英語を話すためのトレーニングができます

  • 瞬間英作文は昔やったことある!
  • 瞬間英作文を見たことがある!

という人はかなり多いのではないかと思います。
具体的な学習ステップを簡単に説明していきましょう!

<学習ステップ>
① 見開き(左)ページに記載されている日本語を見て口頭で英作文をする
② 見開き(右)ページに記載されいている英文を見て答え合わせをする

例えば、見開き左ページに日本語で問題が書かれています。

問題(見開き左ページ)
1 あの子達は何歳ですか?
2 僕はいつかアメリカに行くぞ
3 あなたは、彼が昨日ここに来たことを知っていますか?

そして、見開き右ページには英語で解答が書かれています。

解答(見開き右ページ)
1 How old are those children?
2 I will go to America some day.
3 Do you know that he came here yesterday?

先程述べたように、何度も繰り返して学習していくことで、英作文回路を作り、反射的に英語を話すことができるようになります。

You Can Speakと瞬間英作文(本)を簡単に理解したところで、早速「You Can Speakと瞬間英作文の本の違い」「You Can Speakを選ぶ価値があるか」「You Can Speakの超具体的な学習方法」を説明していきたいと思います!

You Can Speak 瞬間英作文のための具体的学習手順を解説!

ここでは、You Can Speakの超具体的な学習手順を説明していきます。
瞬間英作文(本)との違いを深く理解するためにも、まずはYou Can Speakの学習手順を詳しく見ていきましょう

You Can Speakも、基本的には瞬間英作文(本)と同様に、日本語を見て英語に変換していきます。
具体的な手順を見てきましょう。

You Can Speak 瞬間英作文<基本>

You Can Speakの学習画面は、大きく以下の3つに分かれています。

<You Can Speak学習画面>
You Can Speak 瞬間英作文 基本
<学習ステップ>
① 問題文を見て口頭で瞬間英作文をする
② 「言えた」「言えない」を解答する

見ての通り、『解答時間』がありますね。とうぜん本にはないので、これはYou Can Speakの大きなメリットの一つです。

また、You Can Speakは学習が終了すると正答率が表示されます。
You Can Speakだけの大きなメリットで、この正答率によりゲーム感覚で瞬間英作文を楽しんで続けることができます

普通の英語学習プログラムであればこれで終わりですが、You Can Speakのスゴいところは、4枚1セット「基本」「変化」「代入」「合成」のステップで長文をわかりやすく理解することができるところです。

今回は、「基本」。

<基本>彼は良いリーダーです。(He is a good leader.)

残りの「変化」「代入」「合成」も見ていきましょう。

You Can Speak 瞬間英作文<変化>

「基本」の次は、「変化」です。
実際のYou Can Speakの画面を見てみましょう。

<You Can Speak学習画面>
You Can Speak 瞬間英作文 変化

先程紹介した画面とほとんど変わりません。
強いていえば、左のSTEPの枠が「基本」→「変化」に変わっています。

<基本>彼は良いリーダーです。(He is a good leader.)
<変化>良いリーダーになること(to be a good leader)

<基本>の文章を、<変化>では名詞化しています。

このように、You Can Speakの瞬間英作文では、単体の文章がいくつも出題されるわけではなく、「基本」「変化」「代入」「合成」の4問1セットで問題が出題されていきます。

You Can Speak 瞬間英作文<代入>

「基本」→「変化」ときて、次は「代入」の画面も見ていきましょう。

<You Can Speak学習画面>
You Can Speak 瞬間英作文 代入

画面左が、代入になっています。

<基本>彼は良いリーダーです。(He is a good leader.)
<変化>良いリーダーになること(to be a good leader)
<代入>その計画は優しくありません。(The plan is not easy.)

最後の「合成」も一気にみていきます。

You Can Speak 瞬間英作文<合成>

「基本」→「変化」→「代入」ときて、最後は「合成」です。
早速画面を見ていきましょう。

<You Can Speak学習画面>
You Can Speak 瞬間英作文 合成

画面左が、「合成」に変わっています。

<基本>彼は良いリーダーです。(He is a good leader.)
<変化>良いリーダーになること(to be a good leader)
<代入>その計画は優しくありません。(The plan is not easy.)
<合成>リーダーになることは優しくありません。(To be a good leader is not easy.)

このようにステップをふむと、「リーダーになることは優しくありません」という少し長い文を英訳するのも簡単ですよね。

この問題はレベル1なので少し簡単すぎると感じるかもしれませんが、レベル4までくると「基本」「変化」「代入」「合成」のステップがなければ、スムーズに長文を理解することはできないでしょう。

繰り返しますが、You Can Speakは、4枚1セット「基本」「変化」「代入」「合成」のステップで長文をわかりやすく理解することができます。

これは、瞬間英作文の本にはない、You Can Speakだけの優れたポイントと言えるでしょう。

ちなみに、レベル4の「合成」では、次のような問題が出題されます。

<問題(レベル4合成)>
学校から招待されたアメリカ人の先生は、生徒がいかに美しく正確に英語のLとRを発音できるかに驚いていた。

どうでしょう?
このレベルの英文は、ステップを踏まなければなかなか難しいですよね。

上記の問題の解答や、You Can Speakのレベル別の難易度はこちらのYou Can Speakは難しい?必要な文法レベルを解説【例題あり】の記事をご覧ください。

You Can Speakと瞬間英作文(本)との3つの違い

You Can Speakと瞬間英作文(本)の大きな違いは3つあります。

You Can Speakと瞬間英作文の3つの違い
① 制限時間を設定できる
② 正答率が表示される
③ 「基本、変化、代入、合成」のステップで長文をわかりやすく理解できる

一つずつ見ていきます。

You Can Speakと瞬間英作文の違い①:制限時間を設定できる

You Can Speakと瞬間英作文の違い①:制限時間を設定できる

先程紹介したように、You Can Speakには制限時間があり、「無制限」「7秒」「5秒」「3秒」「1秒」のコースから自分にあった好きなコースを選択できます。

制限時間があることで、「いつまでもダラダラ考えるのを防ぐ」「ゲーム感覚で楽しく続けられる」というメリットがあり、瞬間英作文(本)にはないメリットと言えるでしょう。

ダラダラ続けても、つまらない勉強をしていても、いつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

「ついだらだら勉強してしまう」「どうせなら楽しみながら勉強をしたい」という方には、You Can Speakがおすすめです。

You Can Speakと瞬間英作文の違い②:正答率が表示される

You Can Speakと瞬間英作文の違い②:正答率が表示される

You Can Speakでは、1つの学習が終わるたびに正答率が表示されます。

正答率が表示されることで、「よし!前回より英語が話せるようになった!」「つぎは80%を目指してやる!」と楽しく学習を続けることができます。

この「前に進んでいる感覚」というのは心理学では自己効力感と呼ばれ、目標達成に大きく関わっていると言われています

You Can Speakは、達成率というわかりやすい数字で成果が見えるので、私たちを「もっと頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。

「英会話の勉強を続けられなかった経験がある」「目標達成の前によく挫折してしまう」という方は、You Can Speakがおすすめです。

You Can Speakと瞬間英作文の違い③:「基本、変化、代入、合成」のステップで長文をわかりやすく理解できる

You Can Speakと瞬間英作文の違い③:「基本、変化、代入、合成」のステップで長文をわかりやすく理解できる

You Can Speakは、「基本、変化、代入、合成」のステップによって、長文をわかりやすく理解できるという特徴があります。

私は、You Can Speakと瞬間英作文(本)との違いの中で、最も重要な部分だと思っています。

このステップがあることによって、「英文が難しくて嫌になる」「文章を理解するのに時間がかかって前に進まない」といったことを防ぐことができます。
また、毎回4つのステップで学習することによって、難しい言葉でも英語がすらすらと口から出てくるようになります

「基本、変化、代入、合成」のステップによって、長文をわかりやすく理解できるというのは、You Can Speakの素晴らしい特徴です。

まとめ:You Can Speakは49,800万円を払う価値あり!

いかがでしたでしょうか。

You Can Speakと瞬間英作文(本)の違いはをおさらいします。

You Can Speakと瞬間英作文の3つの違い
① 制限時間を設定できる
② 正答率が表示される
③ 「基本、変化、代入、合成」のステップで長文をわかりやすく理解できる

You Can Speakは1年プランで49,800円。瞬間英作文は1冊約2,000円。
そのため、値段にすると大きく異なります。

しかし、この記事で説明してきたように、You Can Speakは49,800円を払う価値がある教材です。

しかし、「英会話にそんなお金をかけたくない」という方には、以下の2つの方法がおすすめです。

お金をかけないで英会話をマスターしたい人におすすめ
① 瞬間英作文(本)で勉強する
② 英会話レッスン無料体験を利用する

英会話無料体験は、LAT英会話やDMM英会話がありますが、おすすめはLAT英会話です。
5,000円相当の1週間英会話無料体験が受けられます。
※詳細はこちら「英会話トレーニング LATの無料体験がおすすめ【英会話を強制する】

You Can Speakの経験者でも、人と英語で話す実践を積むために英会話の無料レッスンはおすすめです。

You Can Speakの口コミ・評判やおすすめプラン、必要な文法レベルが知りたい方は、以下の記事も合わせてお読みください。

You Can Speakには、無料お試し版があります!
登録不要で、パソコンでもスマホでもいますぐお試しできるので、ぜひ試してみて下さい!

【くろまあくと著のおすすめ書籍】
手間は最小。成果は最大。勉強効率を上げるテクニック満載です。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました