\ 重版出来 /「東大院生が実践した超ショートカット勉強法/大和出版」内容はこちら!

【院試と就活は両立できる】迷うなら大学院進学と就職どちらも選ぶ

院試と就活。進学と就職は両立できる。並行も可能! 院試・就活
スポンサーリンク

院試と就活の両立は可能?

くろまあくと 【受験した大学院】
・東京大学大学院 工学系研究科 システム創生学専攻 【合格・進学】
・東京大学大学院 新領域創生科学研究科 国際協力学専攻 【合格】

結論から言うと、院試と就活の両立は可能です。

私も大学生のとき、就職活動をして当時第一志望の企業から内定をもらいながら、東京大学大学院に合格しています

  • 「大学院に進学するか、就職活動をするかどっちを選ぶか迷っている」

という相談を何度か受けましたが、みんな「どちらを選ぶか」ということに焦点が当てられ、「どちらも選ぶ」という選択肢が抜け落ちていました。

「AかBか」ではなく、「AもBも」という選択肢を持っているだけで、人生の幅は大きく広がります

ということで、「院試か就活か迷っている」という相談を受けたときには、第三の選択肢として「どっちも両立可能です」と提案してきました。

ただし、必ず以下の文言も合わせて伝えます。

人より頭を使って努力しなければ、共倒れする可能性は高くなります

逆に言えば、「人より頭を使えば、第一志望の大学院に合格して、第一志望の企業から内定がもらえる」ということでもあります。

本記事では、「院試と就活どちらを選ぶか迷っている」という人に向け、「院試と就活の両立が可能である」ことの理由と、両立するためのポイントを紹介していきます。

それでは早速、院試と就活が両立できる理由や、そのためのポイントを見ていきましょう。

最小の努力で就活を成功させる方法は、こちらの【裏技】就活は『経験』が100%!超簡単に内定を大量獲得する方法でまとめています。
合わせてご覧ください。

就活に時間をかけたくなければ、逆求人就活サイトを利用する

就活に時間をかけたくない人におすすめの方法は、受動的に就活情報やスカウトをキャッチする方法です。

本来就活といえば、「学生→企業」にアプローチするエントリー型の就活をイメージすると思いますが、最近では「企業→学生」のオファー型の就活が注目されています。

逆求人就活サイトの大手であるOfferBox(オファーボックス)は、就活生の4人に1人が利用しており、利用者も年々増加しています。

プロフィールを入力するだけで企業からオファーをもらうことができるので、オファーをもらった企業の中から「気になった企業を調べる」「良いなと思った企業を覚えておく」だけでも、院試メインでの就活対策としては十分です。

おすすめの逆求人就活サイトは、こちらの記事で紹介しているのであわせてお読み下さい。
👉OfferBox(オファーボックス)の評判を3つの指標で解説!
👉逆求人就活サイト「キミスカ」の評判と仕組を解説【迷わず登録】
※新規タブで開きます

スポンサーリンク

院試と就活はなぜ両立可能な理由とポイント

接続, 協力, 手, 維持, 分離されました, 治具を見た, 参加します, パートナーシップ, 人間, 作品

院試と就活が両立可能である理由は、大きく分けて4つあります。

院試と就活が両立可能な理由
① 院試と就活の時期がずれている
② 強制的に拘束される時間が少ない
③ 院試は過去問で対策時間短縮が可能
④ 就活は『裏技』で早期内定・時間短縮が可能

それでは一つ一つ見ていきます。

院試と就活の時期がずれている

開いたシステム手帳のイラスト

院試と就活の時期】
・院試:大学4年の8,9月
・就活:大学3年10月~大学4年5月
院試と就活が両立可能な理由の1つ目は、『院試と就活の時期がズレていること』です。

院試は大学や選考により時期が異なりますが、大学4年生の8月、9月が試験日であることが多いです。
また就活は、外資系企業、ベンチャー企業、コンサル業界などは大学3年生のうちに内定が出ます。
大手企業では面接解禁は大学4年生になってからのことが多いですが、それまでに『自己分析、ES、グループワーク、面接』の経験を積んでおけば、大学4年生になってからやることを限りなく減らせます

つまり、院試と就活では忙しい時期がズレているのです。

他の人よりも忙しい時期は長くなりますが、院試と就活を両立することは難しくありません。

院試と就活両立のポイント①
就活は早めにスタートを切ることで、院試対策が本格化する前に内定をゲットすることができます。インターンにも積極的に参加しましょう。
・大学3年生→就活メイン(もちろん空き時間で院試対策)
・大学4年生→院試メイン

強制的に拘束される時間が少ない

捕まった人のイラスト(男性会社員)

院試と就活が両立可能な理由の2つ目は、『拘束される時間の少ないこと』です。

例えば、会社員で働きながら、4年制の大学に通うことは難しいです。
なぜなら、拘束時間が多いからです。
平日9時~18時まで仕事で拘束されるので、大学の講義への参加はほとんどできません。

しかし、院試と就活は、拘束される時間はほとんどありません。

  • 就活イベント
  • 就活選考
  • 院試試験当日

絶対に拘束されるのは上記の3つほどで、『自己分析、ES作成、webテスト、面接練習、院試対策』の時間は自分で自由にスケジューリング可能です。

つまり、予定がダブルブッキングして両立できないということはありません。

院試と就活両立のポイント②
「早朝・夜は院試対策。昼は就活」「忙しくても毎日最低1時間は院試対策」といったマイルールを設定しましょう。
時間が足りないときは、スマホ、テレビ、飲み会などの時間を減らす勇気があれば、簡単に時間を作ることができます。

院試は過去問で対策時間短縮が可能

ノートのイラスト(文房具)

院試と就活が両立可能な理由の3つ目は、『院試は過去問で対策時間短縮が可能であるということ』です。

こちらの記事でも詳しく述べていますが、過去問には以下の3つの効果があります。

過去問の3つの効果
① 院試は過去問と似た問題が頻出する
② 過去問で勉強のゴールを確認できる
③ 過去問で優先的に勉強する箇所がわかる
  • 過去問を20時間勉強した人
  • 参考書を100時間勉強した人

この2人のどちらがいい成績を取れるかと言うと、確実に前者になると思います

一番はじめに過去問をチェックするところから院試対策をスタートさせることで、院試対策は大幅に時間を短縮できるようになります。
そのため、浮いた時間を就活に回しても、時間に余裕ができます

院試と就活両立のポイント③
院試と就活それぞれにかける時間をなるべく短くするように頭を使うのがポイントです
院試は、『学力+情報収集力』で勝負が決まります。
過去問と回答を早めに入手して、過去問からスタートすることで院試対策にかかる時間は大幅に減らすことができます。
また、参考書を選ぶ際にも、合格者が使用していた参考書をリサーチすることで効率よく院試対策ができます!
就活にかける時間を減らす時間は次で説明します!!

就活は『裏技』で早期内定・時間短縮が可能

内定を貰った人のイラスト(男性)

院試と就活が両立可能な理由の4つ目は、『就活は『裏技』で時間短縮可能であるということ』です。

就活は、「経験が100%」です。自己分析、ES、グループワーク、面接など、圧倒的な経験を積んだ人は必ず就活で成功します。

圧倒的な経験を積む裏技は、就活サービスや就活サポートを使い倒すことであり、就活情報強者は必ずといっていいほど利用しています。

【就活サービス・サポートをつかう10のメリット】
① 早期内定が手に入る
② LINEで手軽に選考会に応募できる
③ 選考をスキップすることができる
④ ES・自己分析・面接対策をしてもらえる
⑤ 就活のプロに就職のサポートをしてもらえる
⑥ 自分一人では手に入らない就活情報が手に入る
⑦ 1度の選考で複数の企業から面談Offerがもらえる
⑧ メンターがついて、いつでも就活の悩みを相談できる
⑨ 学生側ではなく、企業側からアプローチしてもらえる
⑩ 圧倒的な自己分析、ES、GW(グループワーク)、面接の経験がつめる

このような多くのメリットがあるので、使わなければただただ自分が損を被ってしまいます。

就活サービスを使い倒すことで、あなたが第一志望の企業から内定を貰える確率が高まるだけでなく、就活にかける時間も大幅に減らすことができます

院試と就活を両立するなら、絶対に利用するようにしましょう。

院試と就活両立のポイント④
就活は『自己分析、ES、グループワーク、面接』の経験を積んでしまえば、あとはほとんど時間を使う必要はありません。
大学3年生からインターンに参加したり、就活サービスなど使えるものをすべて使って早い段階から就活の経験を積んでおくことで、院試対策が本格化する4年生になるころには就活でやることがほとんどなくなります
就活は大学3年生のうちに経験を積みきるのが、両立のポイントです。
就活サービスは、就活のもはや裏技といっても過言でないくらい有益なので、しっかりと使い倒しましょう
スポンサーリンク

まとめ:ポイントをおさえて、院試と就活を両立させる

いかがでしたでしょうか。

院試か就活かではなく、院試も就活もという選択肢があることをわかっていただけたと思います。

大学生のうちから、「絶対に〇〇業界に入って、将来は〇〇をしたい」という明確な目標がある人は少ないと思います。
もちろん絶対にぶれない目標があるのであれば、その目標にそって院試か就活かを選択すれば良いですが、そうでないなら、無理にどちらかを決めきる必要はないのです。

『就活しながら分かること』『院試対策をしながら分かること』はたくさんあり、それが人生の方向性を決めることだってあるはずです。

院試と就活が両立可能である理由をおさらいします。

院試と就活が両立可能な理由
① 院試と就活の時期がずれている
② 強制的に拘束される時間が少ない
③ 院試は過去問で対策時間短縮が可能
④ 就活は『裏技』で早期内定・時間短縮が可能

ポイントを押さえれば、絶対に両立することが可能です。

院試か就活か迷っているという人は、ぜひ『院試も就活も』という第三の選択肢も視野に入れて、将来のことを真剣に考えるようにしてみてください!

<院試をメインで進めたい人は逆求人就活サイトがおすすめ>

👉OfferBox(オファーボックス)の評判を3つの指標で解説!
👉逆求人就活サイト「キミスカ」の評判と仕組を解説【迷わず登録】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました