\ 重版出来 /「東大院生が実践した超ショートカット勉強法/大和出版」内容はこちら!

【内容・要約・感想】人生を変える記録の力/DaiGo

【内容・要約・感想】人生を変える記憶の力/DaiGo 仕事の質を高める
スポンサーリンク

人生を変える記録の力2019/9/30発売!!

メンタリストのDaiGoさんが書いた、紙に書くことの効果を示した書籍です。

前田裕二さんが書いた『メモの魔力』がベストセラーになりましたが、その影響で企画された書籍だと思われます。

DaiGoさんは、ベストセラーになった本と似た内容の本を必ずと言っていいほど出版してきますね。(企画しているのは編集者だと思いますが)
それでいて、ほぼすべての本が有益な情報が満載なのですから本当に凄いと思います

本記事で紹介する『記録の力』は、私のイメージで言うと、『メモの魔力』を抽象化した本です。
メモの魔力は、前田裕二さんが行っているメモ術を紹介している本ですが、DaiGoさんは研究論文や大規模実験の内容を紹介しているので、汎用的で抽象化されています。

それでは早速、メンタリストDaiGoさんが紹介している『人生を変える記録の力』の内容を見ていきましょう!

スポンサーリンク

『記録の力/DaiGo』の内容は?

さまざまな悩みを解決してくれる実証データが豊富な記録手法を記した本です!
「優柔不断を解決する」「モチベーションを高める」「目標を達成する」など人生を変える33の記録術を紹介しています!

『人生を変える記録の力』の要約

DaiGoさんが実践している記録のテクニックではなく、実証データが豊富な33の記録手法を紹介している本です。

それとともに、記録手法に合わせてデザインされた33の記録シートもついているので、この本とペンがあれば、今すぐにでも記録術を実践できます

例えば、次のような効果のある記録術が紹介されています。

  1. やりたいことを見つける
  2. モチベーションを上げる
  3. 「失敗したら」を乗り越える
  4. 不安と恐怖をエネルギーに変える
  5. 優柔不断をなくす
  6. ネガティブ思考を乗りこなす
  7. ストレスに強い心を育てる
  8. 無駄に悩まなくなる
  9. 人間関係が楽になる
  10. 問題解決力をつける
  11. 試練を乗り越える力をつける

1つあたり、2~3この記録術が紹介されています。

本記事では、私がぜひ「実践したい!」と思った内容を紹介していきます!

記録術は全て読まなくてもいい!
本書は、全て読む必要はありません
例えば、「優柔不断をなくしたい!」のであれば、優柔不断をなくす章を読めばいいですし、「人間関係に困っていない」のであれば、人間関係が楽になる章は飛ばしてもOKです。
すべて読むよりも、実践してみることが大切です!

ACTバリュートレーニング

リクルートスーツを着た就活生たちのイラスト

ACTバリュートレーニングとは、「自分の価値観はどのようなものだっただろうか?」というポイントを改めて認識するのがゴールです。

  • 「給料が良いところがいいか」
  • 「家から近いところがいいか」
  • 「将来性が高いところがいいか」
  • 「残業がないところがいいか」

就職活動をするときも、このような自分の価値観を持っていなければ、結局どんな職についても後悔することになってしまいますよね

ACTバリュートレーニングでは、以下の10この項目に対し、価値観の説明・重要度・成功度を記していきます。
本書に記録用紙が載っているので、真似をするだけですぐに実践できます。

  1. 家族
  2. パートナーシップ
  3. 親としての責務
  4. 社会関係
  5. キャリア
  6. 個人的成長
  7. 娯楽・楽しみ
  8. 精神性
  9. 市民性
  10. 健康

「自分のことはもうわかっているよ!」と驕ることなく、記録術を活用して自分を見つめ直してみようと思います!

クイック・ウィン分析

万歳をして喜ぶ人のイラスト(男性)

  • 「なんだか今日はやる気が起きない」
  • 「全然モチベーションが上がらない」

このようなことはよくありますよね。

そんなときに私が実践したいと思ったテクニックが、『クイック・ウィン分析』です。

状況が少しでも前に進んだという事実が、私たちのモチベーションを激しく高めてくれます。
この心理は、ハーバード大学が1万人以上のビジネスマンを調べて明らかにしたもので、『前進の法則』と呼ばれています。

そして、クイック・ウィン分析』とは、前進の法則を日常で活かすための記録術です。

簡単に言うと、To-Doリストを細分化して、難易度×インパクトが高い順番に並べたものです。

「前に進んでいる」感覚がなければ、モチベーションを保つことは難しいので、小さいけれどスピーディーな成功体験』を感じることができる『クイック・ウィン分析』はかなり効果の高い記憶術だと思います
ぜひ、知識として知っているだけでなく、実践していきたいです。

「前に進んでいる」感覚を得るための記録術なので、『自己効力感』を考慮した目標設定に酷似しています
合わせてお読みください!

スポンサーリンク

まとめ:紙に書けば、うまくいく!

いかがでしたでしょうか。

本書は、実証データが豊富な33の記録手法を紹介している本です。

紹介されている記録術を実践することで、次のような効果があります。

  1. やりたいことを見つける
  2. モチベーションを上げる
  3. 「失敗したら」を乗り越える
  4. 不安と恐怖をエネルギーに変える
  5. 優柔不断をなくす
  6. ネガティブ思考を乗りこなす
  7. ストレスに強い心を育てる
  8. 無駄に悩まなくなる
  9. 人間関係が楽になる
  10. 問題解決力をつける
  11. 試練を乗り越える力をつける

メモの魔力』を読んで良いと思った方は、読んで損はないです。

また、「ストレスを感じることが多い」「人間関係が辛い」「モチベーションを上げたい」など上記の11の項目に1つでも心当たりがある人は、ぜひ本書の内容を実践してみてください!

DaiGoさんの最新の本はこちらの記事でも紹介しています。あわせてご覧ください。

【くろまあくと著のおすすめ書籍】
『手間は最小。成果は最大』効率よく学びを結果に結びつける方法を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました