【東大院生おすすめ】全問正解するTOEFL ITPで正答率10割

スポンサーリンク
【東大院生おすすめ】全問正解するTOEFL ITPで正答率10割 院試情報

★★★★★★★★★★★★★

10/27(日)まで

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法『10/27まで』

【期間限定】たった199円で年収を2倍にする方法

★★★★★★★★★★★★★

スポンサーリンク

院試受験経験と200人以上の難関大学院受験に携わった経験

くろまあくと 【受験した大学院】
・東京大学大学院 工学系研究科 システム創生学専攻 【合格・進学】
・東京大学大学院 新領域創生科学研究科 国際協力学専攻 【合格】

自分自身が大学院を受験した経験と、東大院試サークルESCAPEというサークルの発足当初から200人以上もの院試対策に携わった経験を活かし、正確で有益な院試の情報を発信しています

【東大院試サークルESCAPE】
・東京大学を中心とした難関大学受験予定者、合格者が集うインカレサークル
・主に、過去問やその回答、院試に関する議論・疑問解決の場を提供
・メンバーは500名以上
・近年では20人以上が難関大学大学院(主に東京大学)に合格

東大院試サークルESCAPEの活動内容・メンバー・入会方法・合格実績などはこちらです

大学院受験でTOEFL ITPテストを受験する必要があるという人も多いですよね。
特に、東大などの難関大学はTOEICではなく、TOEFLで英語の試験を行うことが多いです。

本記事では、TOEFL ITPテストの文法問題対策(Section2)で絶対に欠かすことができない『全問正解するTOEFL ITPテスト(2冊)』の良さを紹介していきます!

結論から言いますが、『全問正解するTOEFL ITPテスト』は、短期間で正答率9割以上を取れるようになるためには必須の参考書です。
周囲の東大院合格者のほとんどが使用しています。

「参考書をどれにするか迷っている」という方はぜひ参考にしてみて下さい!

「TOEFL ITP必須の参考書」「TOEFL ITPとiBTの違い」などはこちらをご覧ください!

また、院試対策はこちらもご覧ください!

スポンサーリンク

『全問正解するTOEFL ITPテスト』は実は著者が異なる!

文法対策の『全問正解するTOEFL ITPテスト』は2つあります。

しかし、実はこの2冊の著者は同じではありません。

『全問正解するTOEFL ITPテスト文法問題対策』の著者の林功さんは、『TOEFL TEST 必須英単語5600』の著者でもあります。
こちらは、TOEFLの特徴的なアカデミックな英単語や英語長文を学ぶためには欠かせない参考書ですね。

著者は違いますが、『全問正解するTOEFL ITPテスト』はどちらも絶対に解いておくべき参考書です!
むしろ、著者が違うので2つの視点から文法問題のパターンを見抜く切り口を学べ、安定した実力がつきます

TOEFL ITPテストの3つのセクションのうち、最も短時間で成績が上がるのが文法問題です!
まずは文法問題の正答率9割を超え、スタートダッシュを決めましょう!

スポンサーリンク

全問正解するTOEFL ITPテスト3つの良い点!

全問正解するTOEFL ITPの3つの良い点
① 問題数が圧倒的に多い
② 文法問題のパターンを学べる
③ 解説がわかりやすい

木村哲也さんが書いた『文法問題580問』は、模試12回分+100問の練習問題が載っています。

林功さんが書いた『文法問題対策』は、わかりやすい解説(27個のパワフルコード)と練習問題+巻末に4回分の模試が載っています。

もちろん参考書を何周かしたほうが良いですが、これだけの問題数があれば他の文法問題対策の参考書は不要でしょう

ネットでの評判を調べてみると、林功さんが書いた『文法問題対策』のほうが評価が高いですね。
解説がよりわかりやすいのと、パワフルコードと呼ばれれる文法問題の注目すべきポイントを教えてくれる点が評価されているようです。

私も、林功さんが書いた『文法問題対策』→木村哲也さんが書いた『文法問題580問』の順番がおすすめです。

とはいえ、TOEFL ITPの文法問題は確実に9割以上をとるべきなので、たくさん問題数をとくためにもどちらの参考書も3周以上するのがいいです。

正直、英語が苦手でも、TOEFL ITPテストの文法問題は、この2つの参考書を2週間本気で勉強すれば、9割5分以上とるのも難しくないです!

文法のセクションで9割5分以上取れるようになることは、確実にあなたの院試受験の自信に繋がります!

ぜひ、『全問正解するTOEFL ITPテスト』を活用して、文法問題満点を目指して下さい!!

スポンサーリンク

まとめ:文法は『全問正解するTOEFL ITPテスト』2冊で充分

いかがでしたでしょうか。

『全問正解するTOEFL ITPテスト』は2冊ともかなり良書です。

しいて順番を選ぶとすれば、林功さんが書いた『文法問題対策』→木村哲也さんが書いた『文法問題580問』の順番がおすすめです。

この2冊だけで、問題数は充分です。

TOEFL ITPテストの文法問題は、英語が苦手な人でもこの2つの参考書を2週間本気で勉強すれば、9割5分以上とるのも難しくないので、ぜひ9割5分(40門中38問正解)以上取れるようになって自信をもって院試に臨んで下さい!

英語のモチベーションを上げる方法や、TOEICのオススメ参考書はこちらをご覧ください。

下記にTOEFL ITPのオススメ参考書を一覧で記載します。
各本の詳細が知りたい人は以下の記事を合わせてお読み下さい。

TOEFL ITPおすすめ参考書・問題集(単語編)
 
TOEFL ITPおすすめ参考書・問題集(文法編
 
TOEFL ITPおすすめ参考書・問題集(リスニング編)
 
TOEFL ITPおすすめ参考書・問題集(問題集)

 

この記事を読んだ人には、こちらの記事もおすすめです!
【東大院試サークルESCAPEって?】難関大学大学院を目指す人へ
【目標550点】院試のTOEFL ITPとは!時間配分や攻略法も
【TOEFL ITPとiBTの違いは?】院試対策はITPがラク!
【東大院試】TOEFL ITPスコアを伸ばす!おすすめ参考書8選
【東大院試】プロが教える 英語の試験対策と失敗しない参考書選び
【院試英語対策に】単語・文法・長文読解別おすすめTOEIC参考書
【東大院試】数学の試験対策と合格者の参考書【大学院受験対策】
【東大院試対策】論理的思考能力?TMI・シス創・原子力国際の院試対策
【東大院試】志望理由書・面接試験対策まとめ【大学院受験対策に】
【東大院生おすすめ】勉強に必須のアイテムTOP3を紹介!
【東大院生おすすめ】効果の高い勉強法10選【場所やアイテムも】
【東大院生が検証】最も集中できる勉強場所はここだ【高校生・大学生編】
【パブロフの犬】一瞬で集中モードに切り替える『条件反射法』3選
【ワーキング・メモリ】集中力を高める方法3選【勉強や仕事に】
【プライミング効果】潜在意識を操り、勉強効率を高める方法
【生産性を10倍にする】マルチタスクからシングルタスクへ
【睡眠と脳の関係から考える】『睡眠前学習』暗記法

【くろまあくと著のおすすめ書籍】
『手間は最小。成果は最大』効率よく学びを結果に結びつける方法を紹介しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!

200人以上の”難関”大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★


200人以上の“難関“大学院受験に携わった院試のプロが教える 院試面接バイブル

※Amazon 大学院受験カテゴリ”1位”!大学・大学院カテゴリ”1位”!


★試し読み+無料で読む方法はこちらをクリック★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました